ウィンドウへのデータの適合化

「ウィンドウに合わせる」オプションを使用すると、ウィンドウのサイズを変更するたびに、テーブルのデータ列が自動的に拡大または縮小されます。

Fit to Windowが無効になっている場合は、データ列のサイズを手動で設定する必要があります。

「ウィンドウに合わせる」オプションを有効または無効にするには

  • ビジュアライゼーションの上の枠を右クリックし、「Fit to Window」をクリックします。

有効にすると、Fit to Windowの左側にXが表示されます。

データ列を手動でサイズ変更するには

  • (上軸領域で)2 つのデータ列を分割している線をクリックし、目的の幅までドラッグします。

このページ