Process map

プロセスマップを使用して、ディメンションの要素間に発生するアクティビティのフローを分析できます。

ディメンションの要素を空白の 2 次元(2D)または 3 次元(3D)マップにドラッグアンドドロップして、プロセスマップを作成します。要素はマップ上のノードになります。ノードは 2D プロセスマップでは円、3D プロセスマップではバーです。

メモ

プロセスマップは、プロセス内のステップ間のアクティビティのフローを分析する際に使用される名前を取得します。 このタイプの分析では、マップ上の各要素がプロセスのステップを表します。

パスブラウザーと異なり、プロセスマップには分析に必要な要素のみを表示できます。関心のある要素をマップ上にドラッグアンドドロップします。同じくパスブラウザーと異なり、プロセスマップは 1 つの要素と 1 つ以上の他の要素間のアクティビティフローを双方向で表現します。

メモ

これらのマップが最も効果的に機能するように、ワークスペースで色凡例を開く必要があります。 For information about using color legends with process maps, see Activating Color Links. For more information about color legends, see Color Legends.

すべてのプロセスマップには、ベースディメンション、グループディメンション、レベルディメンション、指標が関連付けられ、プロセスマップに表示されるデータを解釈する鍵となります。

プロセスマップのディメンションと指標のデフォルト設定は、使用しているData Workbenchアプリケーションによって異なります。 プロセスマップで使用できるディメンションと指標について詳しくは、Data Workbenchアプリケーションのアプリケーションガイドを参照してください。

  • ベースディメンション:​要素をプロセスマップにドラッグアンドドロップすると、ベースディメンションの要素がドラッグアンドドロップされます。

  • レベルディメンション:​データセット内のすべてのディメンションには、レベルディメンションが関連付けられています(親とも呼ばれます)。プロセスマップのレベルディメンションは、プロセスマップのベースディメンションのレベルディメンション(すなわち親)と同じでなければなりません。例えば、ページ(Page ディメンションの要素)をマップにドラッグした場合、対応するレベルディメンションは Page View になります。

  • グループディメンション:​グループディメンションは、レベルディメンションの要素をグループ化してノード間の接続を形成する方法を決定します。プロセスマップでは、グループディメンションは 3 つの主な理由から重要です。

    • 2 つのノード間の接続は、グループディメンションの複数の要素にまたがることはできません。このことを理解するために、Web データを使用する例を考えてみましょう。プロセスマップのベースディメンションが Page、レベルディメンションが Page View、グループディメンションが Session であるとします。ページ A からページ B への接続は、任意の単一セッション中に、マップ上の他のページ(ノード)のページビューを挟むことなく、ページ B のページビュー前にページ A のページビューが発生したことを示します。サイトの他のページのページビューが同じセッションでページ A と B のページビュー間に発生した可能性がありますが、そのようなページはこのマップには表示されないことに注意してください。
    • 2 つのノード間の接続で、グループディメンションの複数の要素を表せます。例えば、ページ B のページビュー前にページ A のページビューが発生した複数のセッションが存在する可能性があります。したがって、ページ A とページ B の間の接続は、マップ上の他のページ(ノード)のページビューを挟むことなく、ページ B のページビュー前にページ A のページビューが発生した個々のセッションすべてを表します。
    • プロセスマップ内のノードに基づいて選択範囲を作成すると、そのノードを含むグループディメンションのすべての要素を選択することになります。「ビジュアライゼーションに選択範囲を作成する」を参照してください。選択範囲について詳しくは、ビジュアライゼーシ ョンでの選択を参照してください。
  • 指標:​特定の要素のノードのサイズは、その要素の指標の値に比例しています。大きいノードは、小さいノードよりも指標の値が大きいことを示します。

例えば、Site または HBX アプリケーションを使用している場合、デフォルトでは Page ディメンションの要素をプロセスマップ上にドラッグできます。各ノードのサイズは、そのページが表示されたセッション(Sessions 指標で定義)の数量に関連しています。

メモ

プロセスマップのデフォルトのディメンションまたは指標を変更できます。 プロセスマップを設定する手順については、「プロセスマップの 設定」を参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now