値の凡例

バリューの凡例には、定義済みのバリューイベントが表示されます。

バリューの凡例は、HBX アプリケーションと Site アプリケーションでのみ設定できますが、他のアプリケーション用に設定することはできます。詳しくは、Adobe Consulting Services にお問い合わせください。

HBX および Site では、ビジネスバリューが生成されたセッションとしてバリューイベントが定義されます。例えば、特定のページビュー(「ご注文ありがとうございます」ページや申し込み完了ページなど)に関連付けられたイベントデータレコードは、企業にとってバリューイベントを表す場合があります。

バリューイベントを使用して、Web サイトで生成されたバリューの量を測定し、追跡できます。各イベントについてビジネスバリューを金額で評価し、次のような質問に答えられます。

  • Web サイトの中で最も利益のあるパスはどれですか?
  • 最も多くのバリューが生成されたリファラーまたはキャンペーンは何ですか?

凡例には、イベントごとに、イベントの単価(イベントあたりのバリュー)と、イベントによって生成されたバリューの総額が表示されます。この凡例を使用して、バリューイベントの定義や変更および単価の割り当てを行います。

次の表に、バリューイベントに関連する指標を示します。

指標 説明
コンバージョン ビジネスバリューが生成されたセッションの割合
生成されたビジネスバリューの総額
平均値 生成されたビジネスバリューのセッションあたりの平均金額

訪問者が Web サイトで行うことなら何でも簡単にバリューイベントとして定義できます。例えば、顧客サービスリクエストの送信、申し込みの完了、コンテンツの表示、購入の完了などがあります。各バリューイベントは、Web サイト上の特定のページまたはページのセットにアクセスするユーザーに対応し、金額でビジネスバリューに関連付けられます。例えば、「お買い上げありがとうございます」ページに到達するユーザーごとに、平均 20 ドルの貢献利益が生成されるとします。その場合、そのページに対して、20 ドルのビジネスバリューがあるバリューイベントを定義します。

新しい値のイベントの定義

HBX またはSite で新しいバリューイベントを定義するには

バリューイベントを作成する場合、バリューを表す Web サイトのページをビジュアライゼーションからバリューの凡例にドラッグします。

  1. バリューの凡例を開きます。

  2. プロセスマップ、URI ページテーブルまたはページ階層ビューから凡例にバリューイベントを追加します。

    • プロセスマップからの場合、ノードをプロセスマップから凡例にドラッグします。
    • URI ページテーブルからの場合、Ctrl + Alt キーを押して、ページをテーブルから凡例にドラッグします。
    • ページ階層ビューからの場合、ノード(フォルダー、ページまたはグループ)の左をクリックして、凡例の上までドラッグします。

    マウスが凡例に移動するまで、マウスポインターには「No」という文字が表示されます。

  3. バリューの凡例で、イベントが発生するセッションごとにビジネスバリューを割り当てます。

    1. Value per Event列で、値イベントとして追加したページに対応するセルをクリックします。
    2. そのイベントのバリューに割り当てる金額を入力して、Enter キーを押します。

    デフォルトでは、バリューイベントとして定義したページの URL がバリューの凡例に表示されます。必要に応じて、凡例内のこの URL をダブルクリックして編集モードに入り、イベントの名前を変更できます。また、いつでも特定のイベントの値を編集できます。Data Workbenchサーバーでは、平均値やコンバージョンなど、バリューイベントベースの指標が自動的に再計算されます。

少なくとも 1 つのバリューイベントを定義すると、Value Segment ディメンションが使用できるようになります。このディメンションは、訪問者がすべてのセッションで生成した総額を表します。

値イベントを削除します

  • 目的のイベントを右クリックし、「Delete Event」をクリックします。

メモ

Data Workbenchサーバーは、使用しているプロファイルがアクセスできるデータのセット全体で指標を計算します。 デフォルトでは、Data Workbench Serverは、データが同じ論理ソースに属していなくても、分析データセット内のすべてのデータに対して、値、値イベント、平均値、コンバージョンなどの指標を計算します。

Microsoft Excel へのエクスポート

ウィンドウのエクスポートについては、ウィンドウデータのエクスポートを参照してください。

このページ