グラフ

グラフには、1 つまたは 2 つのデータのディメンションにまたがる 1 つ以上の指標を表示できます。

グラフは非常に強力なビジュアライゼーションで、使用方法を習得すると、様々な質問に答えられます。

グラフを使用すると、指標がグラフ化されているディメンションのサブセット(特定の期間など)を選択してズームインし、その期間のデータをより詳細に調べることができるので、連続的なデータに対するビジネス指標のトレンドが簡単にわかります。グラフまたはテーブルにズームインする方法については、「ビジュアライゼーションへのズーム」を参照してください。

次の例は、各日に関連付けられたセッション数をバーの長さで表現した棒グラフです。特定の日のバーの上にマウスポインターを移動すると、そのバーが表している数値が表示されます。

グラフ上のグラデーションオーバーレイ

右クリックして、メニューから​グラデーションオーバーレイ​を選択すると、グラフエレメントを見やすくできます。

  • グラデーションオーバーレイなし(デフォルト)。グラデーションオーバーレイを適用せずにバーを表示する場合に選択します。
  • 左からの背景:すべてのバーを左から右へのカラーグラデーションで表示します。
  • 右からの背景:すべてのバーを右から左へのカラーグラデーションで表示します。
  • 円柱:各バーの中心からまで端にカラーのグラデーションを表示する場合に選択します。

グラフへの引き出し線の追加

折れ線グラフに引き出し線を追加することもできます。「ワークスペースへの引き出し線の追加」を参照してください。

グラフのビジュアライゼーションに引き出し線を追加するには、ビジュアライゼーションの下部(ベース軸)を右クリックしてメニューを表示し、「引き出し線を追加」を選択する必要があります。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now