ファネルビジュアライゼーション

ファネルのビジュアライゼーションを使用すると、顧客がマーケティングキャンペーンを放棄した地点や、Web サイトまたはクロスチャネルキャンペーンとの対話中に、定義済みのコンバージョンパスからそれた地点を特定できます。

ファンネルビジュアライゼーションでは、ページビュー数から購入へのコンバージョンを特定し、顧客がプロセスからフォールアウトした場所を確認できます。各手順における顧客の意思決定を視覚的に捉えることで、意思決定が停止した場所、たどる傾向のあるパスおよび顧客がサイトを離れたときとその行き先を把握できます。

顧客のナビゲーションを適切に把握すると、デザイナーは傾向関心に基づいて Web ページをデザインしてターゲットを設定でき、マーケティング担当者は特定のキャンペーンに対する顧客の行動とインタラクションをより適切に解釈することができます。

ファンネルについて

ファンネルビジュアライゼーションは、訪問者の一連のヒット数を分析したり、フォールアウトした(パスから離れた)訪問者またはフォールスルーした(パスに従った)訪問者を特定したりするためにパスを構築する点でパスブラウザーによく似ています。また、キャンペーンパスの各手順の後で訪問者がどこに行ったか、定義された手順からフォールアウトまたはフォールスルーした後にどこに移動したかも特定できます。

Web データに加えて、プラットフォームでサポートされているすべてのタイプのチャネル間データに対してファンネル分析を実行することができます。ファンネルビジュアライゼーションでは、任意のソースから任意のデータエレメントを表示できます。

ファンネルビジュアライゼーションは、様々なレベルのデータを提供します。

  • Funnel by Visit​に移動します。このファンネルは、「訪問あたり」のインタラクションに基づいています。

  • Funnel by Visitor​に移動します。このファンネルは、「訪問者あたり」のインタラクションに基づいています。このビューでは、訪問者別に整理された訪問に基づくデータが表示されます。

  • クリップ​ディメンションと​レベル​ディメンション:ファネルのディメンションは、クリックスルー、ヒット、製品、訪問、訪問者のレベルディメンションを選択して変更できます。

  • 指標. 基になるファンネル指標は、ファンネルの構築に使用した訪問回数からプロファイル内の任意の指標に変更することができます。ファネルのビジュアライゼーションを使用すると、データを詳しく調べ、複数のベースライン指標を使用して訪問者のパターンを分析できます。

メモ

ファンネルビジュアライゼーションでは、可算レベルで任意のディメンションを適用できます。 これは、パスブラウザーおよびプロセスマップでは指標の選択が制限されているのと対照的です。ファネルのビジュアライゼーションで指標を適用する場合、アナリストは複数の選択を行えます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now