2D 散布グラフ

散布グラフは、データディメンションの要素(Page(ページ)や City(都市)など)を、x 軸と y 軸が異なる指標を表すグリッド上にグラフとして描いたものです。

本質的に異なる多数の項目の関係を把握しようとする場合、2 つの異なる指標を使う散布グラフが役に立つ場合があります。次の例の散布グラフでは、各都市を訪問者の数とそれぞれの定着率で示しています。

散布グラフにより、外れ値がすぐにわかります。例えば、Salt Lake City の訪問者あたりの定着率は平均より高いことがわかります。

散布グラフを使用してデータの一貫性を示すこともできます。次の例の散布グラフでは、セッションが特定の長さである訪問者の数を示しています。

散布グラフ上の各ポイントのサイズは、半径指標で決まります。デフォルトの半径指標は、Adobe アプリケーションごとに異なります。例えば、Site では半径指標がデフォルトでセッションに基づいています。半径指標を変更して、利用できる任意の指標を散布グラフのポイントで表せます。これを行う手順については、「半径指標の変更」を参照してください。ポイントの色は、ワークスペース内で開く色凡例に基づきます。色凡例について詳しくは、「色凡例」を参照してください。

点を選択

単一のポイントを選択するには

  • ポイントをクリックします。

別のポイントまたはポイントのグループを選択に追加するには

  • Ctrl キーを押しながらポイントをクリックするか、Ctrl キーを押しながら複数のポイント全体をドラッグします。

ポイントまたはポイントのグループを選択から削除するには

  • Shift キーを押しながらポイントをクリックするか、Shift キーを押しながら複数のポイント全体をドラッグします。

寸法の変更

  • グラフの上部にあるディメンションのラベルを右クリックし、Change Dimension > <dimension name>​をクリックします。

指標の変更

散布グラフの x 軸または y 軸に表示される指標を変更するには

  • 変更する指標のラベルを右クリックし、Change Metric > <metric name>​をクリックします。

半径指標の変更

散布グラフの半径指標を変更するには

グラフの上部にあるディメンションのラベルを右クリックし、Change Radius Metric > <metric name>​をクリックします。

このページ