テキスト注釈

テキスト注釈は、任意のテキストを入力して、ワークスペースに説明的な情報またはコメントを追加できるウィンドウです。

テキスト注釈は、他のタイプのビジュアライゼーションと同様に、ワークスペース内で移動したり、操作したりします。テキストの外観を書式設定したり、ワークスペースに追加するテキスト注釈に名前を付けたり、編集または保存を行ったりできます。また、テキスト注釈をMicrosoft Excelにエクスポートし、Reportによって生成および配布することもできます。

Reportsについて詳しくは、『Insightレポートガイド』を参照してください。

テキストを追加または編集します。

  • テキストの本文内でクリックして編集モードに入り、入力を開始します。

    メモ

    テキスト注釈は、切り取り(Ctrl+x)、コピー(Ctrl+c)、貼り付け(Ctrl+v)、取り消し(Ctrl+z)、やり直し(Ctrl+Shift+z)、セクションを選択(クリック+ドラッグ)、すべてを選択(Ctrl+a)など、基本的な編集機能をサポートします。 Windowsでのテキストの操作を参照してください。

段落に書式を適用します。

  1. テキストの本文内で、書式設定する段落を右クリックします。
  2. Change Paragraph Style > <text style​をクリックします。

選択範囲に書式を適用

  1. テキストの本文内で、クリックしながらドラッグして、書式設定するテキストを選択します。
  2. 選択範囲を右クリックし、Change Selection Style > <text style>​をクリックします。

折り返し設定の変更

このオプションは、注釈内のテキストをワークスペースのビジュアライゼーションの端で折り返すかどうかと、その折り返し方を制御します。

  • テキストの本文内で右クリックし、Options > Word Wrap​をクリックしてから、目的のオプションをクリックします。

    • なし:​このオプションを選択すると、この注釈の折り返しが解除されます。
    • 両サイド:​このオプションを選択すると、注釈内のテキストはワークスペースのビジュアライゼーションの両サイドで折り返します。
    • 最適なサイド:​このオプションを選択すると、注釈内のテキストはワークスペースのビジュアライゼーションの片方のサイドでのみ折り返します。

列設定の変更

このオプションは、注釈でテキストを表示する列の数を制御します。

  • テキストの本文内で右クリックし、Options > Columns​をクリックしてから、目的のオプションをクリックします。

    • 自動:​このオプションでは、幅とテキストの長さに対して最も適切な列レイアウトが選択されます。
    • 1 ~ 4:​これらのオプションでは、1 列、2 列、3 列または 4 列でテキストを表示できます。

Microsoft Excel へのエクスポート

ウィンドウのエクスポートについては、ウィンドウデータのエクスポートを参照してください。

このページ