クエリキュー

通常、Data Workbenchサーバは、受信したユーザクエリに応答し、ユーザが要求しなくなるまで、結果とリアルタイム更新を提供し続けます。

多数のData Workbenchユーザーを持つシステムでは特に、アクティブなクエリの数が、サーバーで使用できる量を超えるシステムリソースを必要とする場合があります。 Query Queue 一部のクエリを一時的に保留し、回答に必要なリソースが使用可能になるまで保留できます。Query Queueは、様々なパラメーターに基づいてクエリに優先順位を付ける機能も備えているので、リソース競合時には、優先順位の高いクエリが最初に回答されます。

単一のクライアントまたはレポートサーバーからのクエリーは、1 つのバンチに配置され、1 つの単位としてスケジュールされます。クエリーが使用する特定のシステムリソースの量を制限するように、リソースモニターを設定できます。モニタリング対象リソースが別のクエリーバンチのスケジューリングを許可すると、最も高い優先順位のバンチがスケジュールされます。リソース制限によってクエリーがまだスケジュールされていないユーザーには、エラーは表示されませんが、クエリーがキューに格納済みであることが通知されるので、ローカルサンプルに対して作業を続けられます。

デフォルトの設定にはQuery Queueの単純な設定が含まれていますが、無効のままです。 管理者は、Query Queueを有効または無効にしたり、クエリに使用する様々なリソースの量を決定するようリソースモニターを設定したり、様々なユーザーに対して複雑な優先順位付けポリシーを設定したりできます。

Server.cfgファイルをQuery Queuing

  1. Server.cfgを開くには、Admin/Profile Manager/Dataset​をクリックします。

  2. Server.cfg を右クリックし、編集用にローカル化します。

  3. 展開 Query Queue.

  4. 次のパラメーターを設定します。

    • User Groups:​ポリシー、ユーザー、キューの優先順位を設定できます。定義については「クエリーキューのユーザーグループ」を参照してください。

    • Active: (Vector)を有効または無効にし Query Queueます。有効な値は true または false です。デフォルト設定は false です。

    • Default User Group:(String)どのユーザーグループにもリストされていない場合、ユーザーを追加するユーザーグループの名前を入力します。

    • Resource Monitors:(Vector)右クリックしてリソースモニターを追加します。Query Queueでメモリを監視するか、クエリ数を監視するかを指定できます。 「Resource Monitor」を右クリックして、「Memory Budget Monitor」または「Number of Queries Monitor」を選択します。詳しくは、クエリキューのリソースモニターを参照してください。

    • Untouchable Priority:(Int)この値以上の優先順位を持つバンチが、より優先順位が高いバンチのスケジューリングを妨げないようにします。ユーザーグループパラメーターテーブルで説明されているMemory Budget Monitorと組み合わせて使用します。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now