作業プロファイルへのファイルの公開

プロファイルマネージャーを使用して、ビジュアライゼーション、セグメント、指標、ディメンションなどを管理できます。

例えば、他のData Workbenchに役立つ指標を作成する場合は、その指標をData Workbenchサーバーに公開(またはアップロード)することで、このプロファイルを使用している他のユーザーと共有できます。

Profile Managerを使用して、Data Workbenchサーバー上の作業プロファイルにワークスペースを保存できますが、Worktopから直接ワークスペースのサムネールを右クリックし、推奨される方法である​Save to server​を選択します。

メモ

適切な権限を持つユーザーのみがワークスペースをData Workbench・サーバに保存できます。 詳細については、システム管理者にお問い合わせください。

保存したファイルを発行するには

  1. Profile Managerで、Profile Manager内の必要なフォルダーとサブフォルダーを開き、公開するファイルを見つけます。 Profile Managerでは、ファイルの横のUser列に白いチェックマークが表示され、このファイルのローカルコピーがコンピューター上のUser*profile name*フォルダーに存在することを示します。

  2. User列でファイルの白いチェックマークを右クリックし、Save to / <profile name​をクリックします。

    Profile Managerは、選択したプロファイルの列のファイル名の横にチェックマークを表示し、User列の白いチェックマークを削除します。 これで、ファイルはすべてのユーザーが使用できるようになり、プロファイルが次回読み込まれたときにユーザーに自動的にダウンロードされます。

このページ