ファイルを空(0 バイト)にして非表示にする

ファイルをプロファイルから削除する権限がない、またはファイルを恒久的には削除したくない場合、空の(0 バイト)ファイルを使用してファイルを非表示にできます。

Profile Managerでは、列内にチェックマークではなくハイフン(-)が表示され、0バイトのファイルが示されます。

ファイルを非表示にする他の方法(order.txt、Showパラメーター、Hiddenパラメーターなど)とは異なり、Data Workbenchは0バイトのファイルを存在しないものとして扱います。 例えば、ビジュアライゼーションや指標定義で使用されているディメンションを0バイトにした場合、Data Workbenchはそのビジュアライゼーションまたは指標に対してそれぞれエラーを生成します。

この機能は、以下を行いたい場合など、多くの理由で役立ちます。

  • ファイルの削除に必要な Data Workbench権限を必要とせずに、ファイルを削除できないようにします。
  • 元の場所からのファイルの削除に必要なプロファイル権限なしで、別の場所に​指標、ディメンションまたはフィルターを移動します
  • メニュー項目を非表示にします 例えば、プロファ Base イルにが定 Metric Legend 義されてい Metric.vw るとします。指標を追加/指標サブメニューに表示する 3 つの指標の凡例を会社が作成したとします。Base プロファイルの Metric.vw ファイルを 0 バイトにして、新しいサブメニューと 3 つの新しい指標の凡例のみを表示するようにできます。

ファイルを非表示にするには

  1. Profile Managerで、必要なフォルダーとサブフォルダーを開き、0バイトにするファイルを探します。
  2. ファイル名の横のチェックマークを右クリックし、「Make Local」をクリックします。
  3. ローカルファイルを開き、内容を削除します。
  4. ファイルを保存して閉じます。

このページ