ファイルを空にして非表示にする(0バイト)

ファイルをプロファイルから削除する権限がない、またはファイルを恒久的には削除したくない場合、空の(0 バイト)ファイルを使用してファイルを非表示にできます。

In the Profile Manager, a hyphen (-), instead of a check mark, in a column identifies a zero-byte file.

Unlike the other methods of hiding files (such as order.txt, the Show parameter, and the Hidden parameter), Data Workbench treats zero-byted files as non-existent. 例えば、ビジュアライゼーションまたは指標定義で使用されているディメンションを0バイトにすると、Data Workbenchはそのビジュアライゼーションまたは指標に対してそれぞれエラーを生成します。

この機能は、以下を行いたい場合など、多くの理由で役立ちます。

  • ファイルの削除に必要なプロファイル権限を必要とせずに 、Data Workbenchでファイルを使用不可にします。
  • 元の場所からのファイルの削除に必要なプロファイル権限なしで、別の場所に​指標、ディメンションまたはフィルターを移動します
  • メニュー項目を非表示にします 例えば、ファイル内 Base でプロファイルが Metric Legend 定義されていると Metric.vw します。 指標を追加/指標サブメニューに表示する 3 つの指標の凡例を会社が作成したとします。Base プロファイルの Metric.vw ファイルを 0 バイトにして、新しいサブメニューと 3 つの新しい指標の凡例のみを表示するようにできます。

ファイルを非表示にするには

  1. In the Profile Manager, open the necessary folders and subfolders to locate the file that you want to zero-byte.
  2. Right-click the check mark next to the name of the file and click Make Local.
  3. ローカルファイルを開き、内容を削除します。
  4. ファイルを保存して閉じます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now