派生ディメンションの使用

Data Workbenchを使用して作成する新しいディメンション(派生ディメンション)は、クライアント側のディメンションです。

Data Workbenchサーバーコンピューター上のデータセットの構築と更新プロセス(Transformation.cfgファイル内)でこれらのディメンションを定義する代わりに、派生ディメンションを作成し、プロファイル内の.dimファイルとして個別に保存します。 その結果、データセットを再処理することなく、既存のディメンションを変更したり、新しい派生ディメンションを作成したりできます。

メモ

この節で説明するディメンションについて詳しくは、該当するディメンションData Workbenchガイドを参照してください。

データセットの設定および更新プロセスについて詳しくは、『データセット設定ガイド』を参照してください。

派生ディメンションの作成

派生ディメンションを作成するには、既存のディメンションをコピーして変更することも、ビジュアライゼーションからディメンションを保存することもできます。

既存のディメンションから派生ディメンションを作成する

ほとんどの場合、ユーザーは既存のディメンションから新しい時間ディメンションを作成します。例えば、既存の「Last 7 Days」ディメンションから新しい「Last 5 Days」ディメンションを作成できます。

  1. Profile Managerの​profile name​列で、作成するディメンションに類似したディメンションのチェックマークを右クリックし、「Copy」をクリックします。

    例えば、TrafficプロファイルのReportingフォルダーからLast 7 Days.dimをコピーするには、Traffic列のファイル名のチェックマークを右クリックし、「Copy」をクリックします。

  2. コピーしたディメンションを保存するフォルダーのUser列を右クリックし、「Paste」をクリックします。

    ディメンションが選択した Dimensions フォルダーに表示され、User 列にチェックマークが付きます。

  3. 新しいディメンションの名前を変更するには、User列のチェックマークを右クリックし、新しい名前をFileフィールドに入力します。

  4. 右クリックメニューから​Open / from the workbench​をクリックします。 ディメンションを定義するパラメーターが表示されます。

  5. 新しいディメンションを定義する必要に応じてパラメーターを変更します。

    時間ディメンションでは、Count パラメーターと Range パラメーターのみを変更する必要がある場合がほとんどです。

  6. ファイルを保存するには、ウィンドウ上部の​(modified)​を右クリックし、「Save」をクリックします。

    作成したディメンションをプロファイルのすべてのユーザーが使用できるようにする場合は、Profile Managerを使用して、作成したディメンションをプロファイルにアップロードする必要があります。 詳しくは、作業プロファイルへのファイルの公開を参照してください。

これで、組み込みディメンションと同様に選択して、現在のプロファイルで新しいディメンションを使用できます。

ビジュアライゼーションからのディメンションの保存

プロセスマップとセグメントから拡張ディメンションを保存できます。プロセスマップからディメンションを保存する手順については、「 プロセスマップからのディメンションの保存. セグメントディメンションを保存する手順については、82ページの「セグメントDimensionの作成」を参照してください。

セグメントをディメンションとして保存

定義したセグメントをディメンションとして保存することもできます。手順については、「セグメントのビジュアライゼーションの再利用」を参照してください。

既存の派生ディメンションの編集

  1. I

    Profile Managerの​profile name​列で、編集するディメンションファイルのチェックマークを右クリックし、「Make Local」をクリックします。

  2. User列でディメンションファイルのチェックマークを右クリックし、Open / from the workbench​をクリックします。

  3. 必要に応じてパラメーターを入力します。詳しくは、Adobe Consulting Services にお問い合わせください。

  4. ファイルを保存するには、ウィンドウ上部の​(modified)​を右クリックし、「Save」をクリックします。

    変更したディメンションをプロファイルのすべてのユーザーが使用できるようにする場合は、Profile Managerを使用して、変更したディメンションをプロファイルにアップロードする必要があります。 詳しくは、作業プロファイルへのファイルの公開を参照してください。

このページ