派生指標の使用

指標エディターを使用して、新しい指標(派生指標)を定義したり、既存の指標定義を編集したりできます。

この節およびクエリ言語構文で提供されている指標の詳細については、『指標、Dimension、フィルターに関するガイド』を参照してください。

派生指標の作成

Metric Editorを使用して、名前、数式および形式で新しい指標を定義します。この指標は、後で使用するためにUser*profile_name*\Metricsフォルダーに保存されます。

  1. Admin / Profile​メニューオプションを使用するか、指標を作成するフォルダーの​User​列を右クリックして、Create / New Metric​をクリックして、新しいMetric Editorを開きます。

    Metric Editorが表示されます。

  2. 名前パラメーターに、新しい指標の名前を入力します。

    スペース( )は使用できますが、アンダースコア(_)は使用できません。また、以下の記号は使用できません。

    + - * /

  3. 数式パラメーターに、新しい指標の式を入力します。フィルターは角括弧[内で定義する必要があります。 ] 」と入力します。

    追加の指標式の構文ルールについては、指標式の構文を参照してください。

    以下の表に、拡張指標の式の例を示します。

    拡張指標名

    Percent First Sessions(開始セッションの割合)

    Sessions [Session_Number="1"]/Sessions

    Conversion First Sessions(開始セッションのコンバージョン)

    Conversion [Session_Number="1"]

    Average Value Per Visitor(訪問者あたりの平均値)

    Value/Visitors

    メモ

    適切な式を入力すると、プレビュー行に新しい指標の値が表示されます。 式にエラーがある場合は、プレビュー行にエラーメッセージが表示されます。

  4. (New)​を右クリックし、Save​をクリックします。

    指標を保存すると、新しい指標を表すファイルがData Workbenchのインストールディレクトリ\User*profile name*\Metricsフォルダーに作成されます。

これで、組み込み指標と同様に選択して、現在のプロファイルで新しい指標を使用できます。指標メニューに指標が表示される順序を変更するには、「order.txt ファイルを使用したメニューのカスタマイズ」を参照してください。

作成した指標をプロファイルのすべてのユーザーが使用できるようにする場合は、Profile Managerを使用して、作成した指標を作業プロファイルに公開する必要があります。 作業プロファイルへのファイルの公開を参照してください。

派生指標の編集

  1. Profile ManagerまたはMetrics Managerの​profile name​列で、編集する指標ファイルのチェックマークを右クリックし、「Make Local」をクリックします。

  2. User列の指標ファイルのチェックマークを右クリックし、Open / from the workbench​をクリックします。

    メモ

    また、ビジュアライゼーション内の指標関連領域を右クリックしてMetric Editorを開き、指標メニューを表示することもできます。 詳しくは、指標メニューとDimensionメニューの操作を参照してください。

  3. Metric Editorで、新しい派生指標の作成の手順2~4を使用して、必要に応じて指標定義を編集し、保存します。

    編集した指標をプロファイルのすべてのユーザーが使用できるようにする場合は、Profile Managerを使用して、その指標を作業プロファイルに公開する必要があります。 作業プロファイルへのファイルの公開を参照してください。

このページ