フィールドビューア

フィールドビューアは、1 つ以上のデータフィールドの値を格納したテーブルです。

値が表示されるフィールドは、データセットのログソース、変換、拡張ディメンションの入力または出力です。フィールドの名前は列の見出しに表示され、各行にはソースデータの 1 行に対応するフィールドの値が含まれています。フィールドビューアを使用すると、フィールドの値を確認できるので、正規表現を記述してテストするのに役立ちます。

フィールドビューアは、Transformation Dependencyマップから引き出し線として、またはAdminメニューから独立したビジュアライゼーションとして開くことができます。

  • Transformation Dependencyマップからフィールドビューアを作成する。 Transformation Dependencyマップからフィールドビューアを開くと、右クリックしたログソース、変換、ディメンションに基づいて、ビューアに自動的に入力が行われます。 ログソースまたは変換の場合、ビューアのフィールドは、ログソースまたは変換の入力または出力です。ディメンションの場合、フィールドはディメンションの入力です。フィールドは必要に応じて追加および削除できます。

  • 独立したビジュアライゼーションとしてフィールドビューアを作成する。独立したビジュアライゼーションとしてフィールドビューアを開く場合、Log Processing Field ViewerまたはTransformation Field Viewerを作成できます。 ビューアは空白なので、目的のフィールドをビューアに追加する必要があります。Log Processing Field Viewerの場合は、Log Processing.cfgファイルまたは任意のLog Processing Dataset Includeファイルからフィールドを追加できます。 Transformation Field Viewerの場合は、Transformation.cfgファイルまたは任意のTransformation Dataset Includeファイルからフィールドを追加できます。

メモ

フィールドビューアは、テーブルビジュアライゼーションではありません。したがって、テーブルに関連付けられたプロパティはありません。

フィールドビューア内でのフィールドの追加と削除、およびフィルタリングについて詳しくは、管理インターフェイスを参照してください。

このページ