フィールドビューアの作成

依存関係マップから引き出し線として、または管理者メニューから単独のビジュアライゼーションとして、フィールドビューアを開けます。

依存関係マップからフィールドビューアを作成する

依存関係マップからフィールドビューアを開くと(フィールドビューアを開くを参照)、右クリックしたログソース、変換またはディメンションに基づいて、ビューアに自動的に入力されます。 ログソースまたは変換の場合、ビューアのフィールドは、ログソースまたは変換の入力または出力です。ディメンションの場合、フィールドはディメンションの入力です。必要に応じてフィールドを追加したり、削除したりできます。

スタンドアロンビジュアライゼーションとしてのフィールドビューアの作成

独立したビジュアライゼーションとしてフィールドビューアを開く場合、Log Processing Field ViewerまたはTransformation Field Viewerを作成できます。 ビューアは空白なので、目的のフィールドをビューアに追加する必要があります。Log Processing Field Viewerの場合は、Log Processing.cfgファイルまたは任意のLog Processing dataset includeファイルからフィールドを追加できます。 Transformation Field Viewerの場合は、Transformation.cfgファイルまたは任意のTransformation dataset includeファイルからフィールドを追加できます。

設定ファイルとインクルードファイルについて詳しくは、『データセット設定ガイド』を参照してください。

フィールドの追加と削除

フィールドビューアにフィールドを追加するには

  • フィールドビューア内で右クリックし、 Fields / <field name / <instance​をクリックします。

    -or-

  • フィールドビューアの既存の列内で右クリックし、 Fields > <field name > <instance​をクリックします。

フィールド名はフィールドの名前を指し、インスタンスはデータセット設定内でフィールドが使用される場所(データセット処理ステージまたは変換など)を指します。データセット設定内の複数の場所で使用されているフィールドもあるので(例えば、1 つのフィールドを複数の変換で変更できます)、フィールドビューアに追加するフィールドのインスタンスを選択する必要があります。

使用可能なフィールドのリストで、ビューアに既に表示されているフィールドの左側には X が表示されます。

フィールドビューアからフィールドを削除するには

  • 削除するフィールドの列内で右クリックし、「Remove Field」をクリックします。

このページ