プロファイルコンポーネントの編集

プロファイルコンポーネントの設定を編集する手順です。

依存関係マップから、ログソース、変換、拡張ディメンション、派生ディメンション、指標の設定またはエディターウィンドウを表示できます。

  1. 目的のノードを右クリックして、次のいずれかのオプションをクリックします。

    • Edit Configuration​に移動します。ログソース、変換、拡張ディメンションおよび派生ディメンションで利用できます。表示されるコールアウトには、コンポーネントの設定情報のみが含まれています。
    • Edit Whole Configuration File​に移動します。ログソース、変換および拡張ディメンションで利用できます。表示されるコールアウトには、コンポーネントが定義されている設定ファイル全体が含まれています。
    • Edit Formula​に移動します。指標で利用できます。表示されるコールアウトには、指標エディターウィンドウが含まれています。metric editorについて詳しくは、派生指標の作成と編集を参照してください。
  2. 必要に応じて、パラメーターを編集します。

    データセットコンポーネントのパラメーターの詳細については、『データセット設定ガイド』を参照してください。

  3. ファイルをローカルに保存するには、ウィンドウ上部の​(modified)​または​(New)​を右クリックし、「Save」をクリックします。
    変更を有効にするには、Profile Managerを使用してファイルをサーバーに保存します。 作業プロファイルへのファイルの公開を参照してください。

このページ