ファイルブロック

依存関係マップにデータセットコンポーネントを表示する場合、「ファイルブロックを含める」表示オプションを有効にできます。

このオプションを有効にすると、マップには、1 つのデータセット設定ファイルに定義された変換すべてに対して青のノードが 1 つ表示され、1 つのデータセット設定ファイルに定義された拡張ディメンションすべてに対して緑のノードが 1 つ表示されます。例えば、log processing dataset includeファイルに3つの変換の定義が含まれている場合、マップには3つの変換を表す青いノードが1つ表示されます。 同様に、transformation dataset includeファイルに2つの拡張ディメンションの定義が含まれている場合、マップには2つの拡張ディメンションを表す緑のノードが1つ表示されます。

変換ブロック

青のノードはそれぞれ変換ブロックであり、次のオプションがあります。

  • 変換ブロックの入力フィールドを表示するには、ブロックのノードを右クリックし、「Inputs」をクリックします。

  • 変換ブロックの出力フィールドを表示するには、ブロックのノードを右クリックし、「Outputs」をクリックします。

  • ブロック内の変換を編集するには、ブロックのノードを右クリックし、「Edit Configuration」をクリックします。 表示される引き出し線には設定ファイル全体が含まれ、ここにすべての変換が定義されています。ここで必要に応じてパラメーターを編集できます。これらのパラメーターについて詳しくは、『データセット設定ガイド』を参照してください。

  • ブロック内の変換をすべて表示するには、変換ブロックのノードを右クリックし、「Show Details」をクリックします。 表示される引き出し線には、別の依存関係マップが含まれ、ブロック内のすべての変換に対するノードが表示されます。

Dimensionブロック

緑のノードはそれぞれディメンションブロックであり、次のオプションがあります。

  • ディメンションブロックの入力フィールドまたは親ディメンションを表示するには、ブロックのノードを右クリックし、「Inputs」をクリックします。
  • ディメンションブロックの出力ディメンションを表示するには、ブロックのノードを右クリックし、「Outputs」をクリックします。

このページ