プロファイルコンポーネントの表示

プロファイルのデータセットコンポーネント、クエリーモデルコンポーネントまたはワークスペース、レポート、メニューオプションおよびグローブレイヤーを依存関係マップに表示できます。

表示するコンポーネントを選択するには

  1. 依存関係マップ内で右クリックし、「Display」をクリックします。

  2. マップ上に表示するための以下のオプションを 1 つ以上選択します。有効にした各表示オプションの左側には X が表示されます。

    • データセットコンポーネントを表示するには「データセット」を選択します。「データセットコンポーネント」を参照してください。データセットのコンポーネントを表示する場合は、マップにInclude File Blocksを指定するオプションがあります。 ファイルブロックの操作を参照してください。

    • クエリーモデルコンポーネントを表示するには「クエリーモデル」を選択します。「クエリーモデルコンポーネント」を参照してください。

    • ワークスペース、レポート、メニューオプションおよびグローブレイヤーを表示するには「ワークスペースとビジュアライゼーション」を選択します。「ワークスペースとビジュアライゼーション」を参照してください。このオプションは、Query Model表示オプションが有効な場合にのみ機能します。

メモ

Workspaces and Visualizations表示オプションを選択したときにQuery Model表示オプションが有効になっていない場合は、エラーメッセージが表示されます。

マップ上にすべてのノードが表示されていない場合は、マップを移動、ズームインまたはズームアウトして、マップ全体を表示したり、特定のセクションにフォーカスしたりできます。ズームについて詳しくは、「ビジュアライゼーションへのズーム」を参照してください。

ノードをクリックすると、そのノードに依存しているすべてのノードと、そのノードが依存しているすべてのノードがハイライトされ、ノード名が表示されます。

メモ

依存関係マップ内でハイライト表示されているパスは、選択範囲を構成しません。

ノードを右クリックすると、マップに表示されている各コンポーネントに関する識別情報を確認したり、メニューオプションを選択して、コンポーネントに関する詳細を表示したり、コンポーネントを編集したりできます。さらに、テキスト検索を実行し、変換と拡張ディメンションに関するパフォーマンスデータを表示できます。

このページ