データセットコンポーネント

データセットコンポーネントに関する概念情報です。

下の図に、ノードがデータセットのログソース、フィールド、変換、拡張ディメンションを表している依存関係マップを示します。

  • 黄緑のノードは、データセット内で定義されている 1 つ以上のログソースまたはフィルター(ログエントリ条件など)を表します。

    • ログソースのノードは、常にマップの 1 番左側に表示されます。データセットにログソースが 1 つだけある場合、マップには「ログソース:log source name」と表示されます。 データセットに複数のログソースがある場合、マップには「number ログソース」と表示されます。number はログソースの個数です。例えば、データセットに 3 つのログソースがある場合、マップには「3 ログソース」と表示されます。

    • マップには、 log processing dataset includeファイルごとに1つのLog Entry Conditionノードが表示されますが、変換の対象となるLog Entry Conditionノードは1つだけです( Transformation.cfgファイルで定義されている場合)。 ログエントリ条件が空の場合、マップには表示されません。

  • 灰色のノードは、Log Processing.cfgまたはLog Processing includeファイルのFieldsパラメーターにリストされているフィールドを表します。

  • 青のノードは、変換を表します。

  • 緑のノードは、拡張ディメンションを表します。

メモ

プロファイルのデータセットフォルダーにInsight Transform.cfgファイルが含まれている場合、依存関係マップには、変換で使用するために定義されたログソース、変換、およびエクスポーターが表示されます。 変換については、『データセット設定ガイド』を参照してください。

「 File Blocksを含める」表示オプションを有効にすると、1つのデータセット設定ファイルで定義されたすべての変換に対して1つの青いノードがマップに表示され、1つのデータセット設定ファイルで定義されたすべての拡張ディメンションに対して1つの緑のノードが表示されます。 この表示オプションの詳細については、ファイルブロックの操作を参照してください。

このページ