クエリ API 有効化の確認

データを視覚化するためのダッシュボードの各DPUには、クエリAPIライセンスが必要です。

以下に、クエリAPIがインストールされ有効になっていることを検証する方法の説明を示します。

  1. Data Workbenchサーバーの証明書を検索します。
  2. この証明書をテキストエディターで開きます。
  3. 証明書にProduct = Query API行が存在することを確認します。
  4. Trace​フォルダーで、 InsightServer64.logをテキストエディターで開きます。
  5. 最新の起動ログエントリで、Enabling Query API (licensed)行が表示されることを確認します。
  • クエリAPIが有効になっていない場合は、「Not enabling Query API (not licensed)」というエントリが表示されます。

  • ログエントリが表示されない場合や、クエリAPIの追加後にData Workbenchサーバーが再起動されたと思われる場合は、Data Workbenchサーバーを再起動してログを確認してください。

    クエリAPIが有効になっていることを検証できない場合は、AdobeのClientCareにお問い合わせください。

このページ