アドビカスタマーサポートの新機能

Admin Console サポートチケット

2020 年 5 月 11 日から、アドビカスタマーサポートの新機能が公開されています。

サポートチケットを Admin Console から起票できるようになりましたので、ご利用ください。

以前にお知らせしたとおり、アドビは、Adobe Experience Manager および Campaign 製品から、アドビカスタマーサポートをご利用の際の顧客体験の向上に取り組んでおります。その一環として、一元的なエントリポイントである Adobe Admin Console に移行し、サポートを合理化することとなりました。新ポータルへの移行が完了次第、アドビカスタマーサポートに簡単にアクセスできるようになります。製品をまたいで共通のシステムを利用することで、サービス履歴の明確な把握がより容易になり、電話、web、チャットによるヘルプリクエストもこの単一のポータルから可能になって利便性が高まります。※チャットは英語のみの対応となります。

必要な手順

  1. Admin Console を使用するために必要なコンテンツ(基本を学ぶユーザーガイド)や、サポートケースの作成および管理方法を確認してください
  2. Admin Console にログインし、アクセス権があることを確認してください
  3. システム管理者の方は、社内のサポートユーザーを確認し、検証してください(ガイドページのユーザーの管理およびチームアカウントの管理を参照)

レガシーシステムについて

5 月 11 日以降、レガシーシステムからは、新しいチケットやケースを起票できなくなります。新しいチケットやケースの送信には、Admin Console が使用されます。

既存のチケットおよびケース

  • 5 月 11 日~20 日:既存のチケットやケースを完了させるために、レガシーシステムを使用できます。
  • 5 月 20 日以降:サポートチームにより、残りのオープンケースがレガシーシステムから新しいサポートシステムに移行されます。お客様には、これらのケースを引き続き処理するためのサポートへのお問い合わせ方法に関する電子メール通知が送信されます。

ケースの履歴

アドビのサポート担当者は、クローズ済みケースの履歴を閲覧できます。クローズ済みケースに関してサポートが必要な場合は、以下の「ヘルプが必要な場合」の節を参照してください。

ヘルプが必要な場合

移行完了後、問題が発生し、新しいツールにログインできない場合は、次のオプションを使用できます。

オプション 1:チケットの起票

Experience League からチケットを起票してお問い合わせいただけます。その際、次の情報を含めてください。

  • 連絡先の詳細:名前、電子メールアドレス、電話番号
  • 会社名
  • 所有するアドビ製品
  • 問題の優先度
  • 問題の簡単な説明

オプション 2:5 月 11 日まで

5 月 11 日までは、従来の Campaign Extranet または Experience Manager Daycare ケース管理システムを引き続き使用できます。5 月 11 日以降、これらのシステムでは新しいケースの受付がおこなわれず、Admin Console にリダイレクトされます。

この電子メールに関するご質問は、Experience League からチケットを起票してお問い合わせください。

このページ