Experience Cloud サービス

このドキュメントは、Experience Cloud統合ヘッダーの機能(Peopleサービス(Audiencesと顧客属性)、Experience Cloudのユーザーと製品の管理、cookie、アカウント設定、通知など)に適用されます。

Experience Cloudでこれらのサービスにアクセスするには、「アプリケーションセレクター」を選択します。
.

このヘルプでは、次の製品およびサービスについて説明します。

コアサービス 説明
中央のインターフェイスコンポーネント アカウントの設定にアクセスし、製品のヘルプを検索して、アプリケーションとサービスにアクセスします。
Experience Cloud サービスの実装を有効にする 既存のお客様は、ソリューションの実装を最新化し、Experience Cloudを実装できます。 これにより、Adobe Analytics、Audience Manager、Adobe Target全体で顧客属性とオーディエンス機能を使用できます。
People — オーディエンスライブラリ オーディエンスは、訪問者の集合(訪問者 ID のリスト)です。Adobeのオーディエンスライブラリを使用すると、訪問者データからオーディエンスセグメントへの変換を管理できます。 As
People — 顧客属性 イベントやデータソースに保存されたコンテキストデータを活用して、リアルタイムオーケストレーションの使用例を構築できます。Journey Orchestration は、Experience Platform と統合されたアプリケーションサービスです。
Location Service Adobe Experience Platform Location Services は、位置情報サービスです。柔軟な目標地点(POI)データベースを備えた、機能が豊富で使いやすい SDK インターフェイスを使用して、位置認識機能を備えたモバイルアプリが位置情報を認識できるようにします。
Activation Activationには、Experience Platformデータ収集(Launch)およびExperience Cloudトリガーと呼ばれる最新のタグ管理製品が含まれています。
Assets Experience Cloud Assets は、複数のソリューション間で共有できるマーケティング用アセットの単一の一元的なリポジトリを提供します。
管理 Admin Console へのログイン、Experience Cloud ユーザーの権限および製品プロファイルの管理、ブラウザーのサポートについて説明します。
Cookie アドビでは、お客様のプライバシーおよびデータセキュリティを最優先の重要事項と認識して、Adobeは、複数のプライバシー組織に参加し、プライバシー規制や自主規制との協力関係にあります。
メモ

Experience Platform に関する製品ドキュメントはこちらを参照してください。Experience Platform開発者向けの技術ドキュメントは、Adobe.ioで参照できます。

このページ