顧客属性の概要

メモ

顧客属性は従来のコアサービスで、現在はメンテナンス中です。

Adobe Experience Cloud で顧客属性を使用すると、顧客関係管理(CRM)データベースから取り込んだ大規模法人データをアップロードできます。データを Experience Cloud の顧客属性データソースにアップロードすると、そのデータを Adobe Analytics および Adobe Target で使用できます。

この機能を探すには、Experience Platformユーザー顧客属性​に移動します。

顧客属性をアップロードするための前提条件

  • ソリューションのイネーブルメント:ソリューションを Experience Platform サービスに対応させます

  • グループのメンバーシップ:​顧客属性データをアップロードするには、ユーザーは、顧客属性グループのメンバーである必要があります。また、Adobe Analytics グループまたは Adobe Target グループのいずれかに属している必要もあります。

    自社が顧客属性にアクセスできるかどうかを知るには、Experience Cloud 管理者が、Experience Cloud にログインする必要があります。管理Admin Consoleグループ​に移動します。製品プロファイルの 1 つとして​顧客属性​がある場合は、すぐに始めることができます。

    顧客属性に追加されたユーザーには、Experience Cloud インターフェイスの左側に「顧客属性」メニュー項目が表示されます。

  • 顧客属性には、Adobe Target at.js(任意のバージョン)または mbox.js バージョン 58 以降が必要です。

    at.js のデプロイ方法または mbox.js の実装を参照してください。

企業顧客データとは

企業データは様々なシステムに分散されています。企業データは複雑で、そのデータが持つ意味は人によって異なることがあります。このデータには、メンバーシップ、忠誠度、年齢、性別、所有する製品、興味、ライフタイム値などの情報が含まれます。

次に示すのは、製品の購読者データを示すデータファイルの例です。このデータには、メンバー ID、権利が付与されている製品、市場で最も多く発売されている製品などの情報が含まれています。

作成したデータファイルは、Experience Cloud顧客属性​を選択して作成する顧客属性ソースにアップロードできます。

このワークフローについては、顧客属性データのアップロードを参照してください。

Analytics と Target における顧客属性の例

データを Experience Cloud にアップロードした後は、そのデータをカスタマイズし、レポート、セグメント化、アクティビティおよびキャンペーンで利用するためにソリューションで共有できます。

以下に例を示します。

ソリューション メリットと使用例
Adobe Analytics マーケターとアナリストは、次のことを把握できます。
  • ゴールドレベルの顧客に最も効果的なオンラインキャンペーン。
  • ゴールドレベルの顧客が検索している製品と、プラチナレベルの顧客が検索している製品の違い。
  • サイトを再設計すると、古い顧客のコンバージョン率が向上するか。
  • ライフタイム値が低い顧客がサイトで調べる傾向にある製品は何か。
Adobe Target Adobe Target ユーザーは、属性データを利用して次のことができます。
  • ロイヤルティクラブメンバー専用の特別割引とオファーを表示する。
  • 高級志向の顧客により高価な製品を勧める。
  • 既に E メールを受け取っている顧客に対し、通常は E メールのサインアップ用に確保されているスペースにアップセルのオファーを表示する。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now