配信品質の監視

以下に、Delivery throughput​レポートの詳細と、Adobe Campaignが提供する様々な監視ツールの詳細を示します。 配信品質の監視に関する追加のガイドラインを示します。

  • プラットフォーム全体で配信スループットを定期的にチェックして、元のセットアップと整合性が取れているかどうかを検証します。
  • 配信テンプレートで再試行が適切に設定されていることを確認します(再試行期間が 30 分、再試行回数が 21 回以上)。
  • バウンスメールボックスがアクセス可能で、アカウントの有効期限が近づいていないかを定期的に検証します。
  • 各配信スループットをチェックして、配信コンテンツの有効期限と整合性が取れていることを確認します(例:「フラッシュセール」は数日ではなく、数分で配信される必要があります)。
  • エラーの数と新しい強制隔離が他の配信と整合性が取れていることをチェックします。
  • 配信ログの詳細を慎重に調べて、ハイライト表示されたエラーの種類をチェックしまブロックリストす(、DNSの問題、スパム対策ルールなど)。

配信スループット

このレポートには、特定の期間のプラットフォーム全体の配信スループットに関する情報が含まれ、メッセージの配信速度を測定します。

詳しくは、配信スループットを参照してください。

タイムスケールを変更して、表示する値を設定できます。

Delivery summary​や​Non-deliverables and bounces​など、他のレポートも使用できます。 詳しくは、動的レポートを参照してください。

配信の監視

メッセージダッシュボードから配信ログにアクセスできます。Sending logsExclusion logsExclusion causesTracking logsTracked URLs​の3つの値を指定します。 送信の詳細、除外されたターゲットとその理由、および開封数やクリック数などの追跡情報が表示されます。

詳しくは、配信の監視を参照してください。

アラートの受信

Delivery alerting​機能は、配信の実行に関する情報を含む通知をユーザーのグループが自動的に受け取れるようにするアラート管理システムです。

詳しくは、エラー発生時のアラートの受信を参照してください。

このページ