トリガーのテスト

次のトラブルシューティングのヒントは、Adobe Campaignを含むトリガーを使用する場合に発生する最も一般的な問題の解決に役立ちます。

機能は有効になっているか。

トリガー-キャンペーン統合がアクティブ化されているかどうかを確認するには、Adobe Campaignのロゴをクリックし、左上隅にある​Marketing plans/Transactional messages​を選択します。 Experience Cloud Triggers​項目が表示されます。

表示されたら、次の手順に進みます。

ログインしていない場合は、Adobeのアカウントエグゼクティブまたはプロフェッショナルサービスパートナーにお問い合わせください。 機能の有効化を参照してください。

トリガーの作成を試みる

キャンペーンでマップされたトリガーを作成するに記載されている手順に従って、トリガーを作成します。

トリガーが作成された場合は、次の手順に進みます。 接続されていない場合は、トリガーの終点接続が失敗したことを意味します。 トリガーがExperience Cloud(アクティベーションサービス)でプロビジョニングされているかどうかを確認します。 ログインしていない場合は、Adobeのアカウントエグゼクティブまたはプロのサービスパートナーにお問い合わせください。 次の情報が必要です。

  • Marketing Cloud会社名
  • IMS 組織 ID
  • Analyticsログイン会社(Marketing Cloud会社名と同じにすることができます)

トリガーの公開を試みる

キャンペーンでマップされたトリガーを作成してトリガーを発行するには、で説明されている手順に従います。

パブリケーションが成功した場合は、次のステップに進みます。 インスタンス名がない場合は、Adobeに問い合わせてインスタンスを再起動し、もう一度やり直してください。

Webサイトからのトリガーの生成

トランザクションメッセージテンプレートの編集で説明されている手順に従って、トランザクションテンプレートを編集し、公開します。 次に、Webサイトからのトリガーの生成をテストします。

トリガーがAnalyticsで受信された場合は、次の手順に進みます。 そうでない場合は、次の項目を確認します。

  • トリガーがAnalyticsで有効になっている
  • MCIDとAnalyticsを使用するWebサイトがDTMで有効になっている
  • トリガーの作成時には、適切なAnalyticsレポートスイートが使用されます。

トリガーはキャンペーンが受け取るか。

そうでない場合は、トリガーがパイプラインから受け取られたかどうかを確認します。

そうでない場合は、Adobeに連絡して、パイプラインエンドポイントの設定を確認してください。

該当する場合は、次のガイドラインに従います。

  • キャンペーンデータソースの調整IDの種類を確認してください。
  • 顧客IDデータソースは顧客属性を介して作成されます。
  • Datasource IDを確認します。
  • データソースの設定後にキャンペーンインスタンスを再起動するようにAdobeに依頼します。
  • トリガーレポートでトリガーの解析の問題を確認します。

トリガーは保留中の状態ですか?

そうでない場合は、次の手順に進みます。 該当する場合は、次のガイドラインに従います。

  • トランザクションテンプレートが公開されていることを確認します。
  • プロファイルがブロックリストにないことを確認します。
  • タイポロジルールの適用を確認します。
  • トランザクションメッセージのログを確認します。

メッセージは有効ですか。

メッセージが無効な場合は、次の項目を確認します。

  • 無効とマークされたトリガーエンリッチメントパーソナライゼーションフィールドについては、関連するeventCusResourceコレクションからトランザクションテンプレートを検証します。
  • メッセージの形式の検証

このページ