エクスペリエンスデータモデルの概要

重要

Adobe Experience Platform Data Connector は現在ベータ版です。通知なしに頻繁に更新される可能性があります。 お客様は、これらの機能にアクセスするには、Azure 上でホストされている必要があります(現在、北米ではベータ版のみ)。 にアクセスする場合は、Adobeカスタマーケアにお問い合わせください。

エクスペリエンスデータモデル (XDM) は、Adobe Experience Platformのソリューションや製品で使用するためにデータを取り込むことのできる、データスキーマの標準セットです。

XDM スキーマの作成と管理は、専用 API で、または XDM ユーザーインターフェイスで使用できます。

XDM ワークスペース

XDM Workspace は、データスキーマを表示、作成および拡張する機能を提供します。

XDM ユーザーインターフェイスにアクセスするには、 Adobe Experience Platformを開きます。 データモデルウィンドウに移動して、XDM スキーマを作成または拡張します。

詳細を見る XDM Workspace ドキュメント.

XDM API

XDM スキーマ API を使用して、次のアクションを実行できます。

  • 既存のスキーマのリストの表示
  • 特定のスキーマの表示既存のスキーマの拡張
  • 拡張機能へのフィールドの追加
  • 新しいスキーマの作成と更新
  • スキーマ記述子の表示
  • スキーマ記述子の作成、更新、削除

API 呼び出しの操作に関する詳細は、 開発者ガイド.

このページ