ソースと宛先の使用を開始する

ソースと宛先について

Adobe Experience Platformを使用すると、Campaign StandardとAdobeのリアルタイム顧客データプラットフォーム(RTCDP)の間でデータを共有できます。 これにより、キャンペーンワークフロー内のAdobe Experience Platformオーディエンスをターゲットし、送信、開く、クリック数などのオーディエンスに関連するAdobeReal-time Customer Data Platformデータをに送信できます。

  • 目的地​で、Adobe Experience PlatformからCampaign Standardにオーディエンスを取り込む。 これにより、マーケティングキャンペーンの既知および不明なデータをアクティブ化できます。
  • ソース​を使用して、Campaign Standardデータ(送信、開く、クリックなど)をAdobe Experience Platformにエクスポートします。 これにより、異なるソースから収集したデータを1か所に集め、得られた洞察を利用してより多くの作業を行うことができます。
重要

この統合を実行する際は、Adobe Campaign契約に従って、SFTPストレージの制限、データベースストレージの制限およびアクティブなプロファイルの制限に注意してください。

Adobeリアルタイム顧客データプラットフォーム、宛先、ソースの詳細については、次のページを参照してください。

Campaign StandardとAdobe Experience Platformの接続

Adobe Experience PlatformとCampaign Standardの間でデータを共有するには、まずAdobe Campaignを​宛先​として接続し、AWS S3またはAzure BLOBストレージの場所をAdobeエクスペリエンスプラットフォームの​Source​として接続する必要があります。

コネクタを設定したら、ワークフローを使用して、Campaign Standardへのデータのインポートまたはエクスポートを設定できます。

これらの読み込みおよび書き出しプロセスの設定方法について詳しくは、次の節を参照してください。

このページ