既存のコンテンツを使用したデザイン

既存のコンテンツの選択

Adobe Campaignには、使い始めるのに役立つ、事前定義済みのコンテンツのセットが付属しています。 これらのいずれかを使用するか、送信する必要があるメッセージのコンテンツがAdobe Campaign以外で準備されている場合は、コンピューターまたは URL から読み込むことができます。

E メールまたはランディングページを作成する際に、別のソースから既存のコンテンツを読み込むように選択できます。

メモ

以下の画像は、 メールデザイナー.

  1. E メールまたはランディングページを作成したら、そのコンテンツを開きます。

  2. ホームアイコンをクリックして、 Email Designer ホームページ。

  3. 読み込むコンテンツのソースを選択します。

  4. コンテンツを読み込みます。 選択したコンテンツが現在のコンテンツを置き換えます。

    読み込まれたコンテンツは、編集やパーソナライズが可能です。

    メモ

    この メールデザイナー は特定のタグ付けを使用します。 Campaign にアップロードされる標準HTMLコンテンツは、E メールデザイナーから完全に互換性を持ち、編集可能なタグと一致する必要があります。 一致しない場合、コンテンツは 互換モード. 既存のコンテンツに互換性を持たせるには、 この節.

関連トピック:

E メールデザイナーでの既存のコンテンツの編集

のエディションの可能性を最大限活用するには メールデザイナーに設定する場合、アップロードするHTMLには、WYSIWYG エディターに準拠する特定のタグが含まれている必要があります。

HTMLのすべてまたは一部にこのタグがない場合、コンテンツは「 互換モード'.

既存の外部コンテンツを E メールデザイナー内で完全に編集可能にするには、 既存のコンテンツを使用した E メールのデザイン 」セクションに入力します。

既存の E メールコンテンツのインポート

ファイルからのコンテンツの読み込み

E メールデザイナーのホームページで、 Upload ボタンをクリックして、お使いのコンピューターからファイルをアップロードし、確定します。

zip ファイル構造に制約はありません。 ただし、HTMLファイルの参照は、zip フォルダーのツリー構造に従って相対パスで指定する必要があります。

読み込みでは、次の形式がサポートされます。

  • スタイルHTMLが組み込まれたシートファイル
  • HTMLファイル、スタイルシート (.CSS) および画像を格納した.zip フォルダー
メモ

E メールコンテンツの場合は、スタイルシートを組み込んだ単一のHTMLファイルを読み込むことをお勧めします。

URL からのコンテンツの読み込み

URL からコンテンツを読み込む前に、次の要件に従っていることを確認します。

  • コンテンツは、この URL 経由で公開されている必要があります。

  • セキュリティ上の理由から、URL のみが https は許可されています。

  • すべてのリソース(画像、CSS)が絶対リンクと HTTPS で設定されていることを確認します。 そうしないと、E メールを送信した後、ミラーページがリソースなしで表示されます。 絶対リンク定義の例を次に示します。

    <a href="https://www.mywebsite.com/images/myimage.png">
    
メモ

URL からのコンテンツの読み込みは、E メールチャネルでのみ使用できます。

URL から既存のコンテンツを取得するには、次の手順に従います。

  1. E メールデザイナーのホームページで、 Import from URL 」ボタンをクリックします。

  2. コンテンツの取得元となる URL を定義します。

  3. Confirm」をクリックします。

ビデオでこの機能を確認する.

その他のCampaign Standardのハウツービデオも利用できます ここ.

準備時に URL からコンテンツを自動的に取得する

メッセージの準備中に URL からコンテンツを読み込むと、E メールが準備されるたびに最新のHTMLコンテンツを取得できます。 これにより、繰り返し E メールのコンテンツは、送信時に常に最新の状態に保たれます。 また、この機能を使用すると、コンテンツがまだ準備できていなくても、特定の日付にスケジュールされたメッセージを作成できます。

準備時にコンテンツを取得するには、次の手順に従います。

  1. を選択します。 Content imported during preparation オプション。

  2. URL コンテンツは、読み取り専用としてエディターに表示されます。

    注意

    この手順では、HTMLのコンテンツエディターでの表示を考慮に入れないでください。 準備段階で取得されます。

  3. 取得された URL コンテンツをプレビューするには、メッセージを作成後に開き、 Preview 」ボタンをクリックします。

コンテンツの取得元となるリモート URL をパーソナライズできます。 これは、次の手順に従って行います。

  1. 画面上部の E メールラベルをクリックして、E メールデザイナーにアクセスします Properties タブをクリックします。

  2. 次を検索: Remote URL フィールドに入力します。

  3. 目的のパーソナライゼーションフィールド、コンテンツブロックまたは動的テキストを挿入します。

    この Current date - YYYYMMDD コンテンツブロックを使用すると、日付を挿入できます。

    メモ

    使用可能なパーソナライゼーションフィールドは、 配信 属性のみ(E メール作成日、ステータス、キャンペーンラベル…)

コンテンツのダウンロードが最初の試行で失敗した場合は、2 回再試行できます。

  1. 2 回目の試行は、最初の試行から 50 ミリ秒後に開始します。
  2. 3 回目の試行は、2 回目の試行後、100 ミリ秒後に開始します。

これらの再試行は、次の場合に役立ちます。

  • 遠隔サーバーでの短時間のサービス障害
  • クラスターでのサーバー障害。この場合、作業用サーバーへのロードバランシングによって再試行が成功する可能性が高くなります

互換性モード

コンテンツをアップロードする際、電子メールデザイナーの WYSIWYG エディターに完全に準拠して編集可能にするには、特定のタグがそのコンテンツに含まれている必要があります。

アップロードされたHTMLのすべてまたは一部が想定されるタグ付けに準拠していない場合、コンテンツは「互換性モード」で読み込まれ、UI を使用した編集の可能性が制限されます。

コンテンツが互換モードで読み込まれる場合でも、インターフェイスを通じて次の変更を実行できます(使用できないアクションは非表示になります)。

  • テキストの変更または画像の変更
  • リンクとパーソナライゼーションフィールドの挿入
  • 選択したオプションブロックのスタイル設定HTMLを編集
  • 条件付きコンテンツの定義

E メールに新しいセクションを追加したり、高度なスタイル設定をおこなうなど、その他の変更は、HTMLモードで E メールのソースコードで直接おこなう必要があります。

既存の E メールを E メールデザイナー互換の E メールに変換する方法について詳しくは、 この節.

関連トピック

HTMLコンテンツの変換

組み合わせて複数の E メールで再利用できる、モジュール式のテンプレートとフラグメントのフレームワークを構築する場合は、E メールHTMLを E メールデザイナーテンプレートに変換することを検討してください。

この使用例では、HTML電子メールを電子メールデザイナーコンポーネントにすばやく変換できます。

注意

この節は、HTMLコードに詳しい上級ユーザー向けです。

メモ

互換性モードと同様に、HTMLコンポーネントは、次の制限付きオプションで編集できます。インプレース編集のみ実行できます。

E メールデザイナー以外では、元のHTMLが再利用可能なセクションに分割されていることを確認します。

そうでない場合は、HTMLから別のブロックを切り離します。 例:

<!-- 3 COLUMN w/CTA (SCALED) -->
<table width="100%" align="center" cellspacing="0" cellpadding="0" border="0" role="presentation" style="max-width:680px;">
<tbody>
<tr>
<td class="padh10" align="center" valign="top" style="padding:0 5px 20px 5px;">
<table width="100%" cellspacing="0" cellpadding="0" border="0" role="presentation">
<tbody>
<tr>
...
</tr>
</tbody>
</table>
</td>
</tr>
</tbody>
</table>
<!-- //3 COLUMN w/CTA (SCALED) -->

すべてのブロックを特定したら、E メールデザイナーで、既存の E メールの各セクションに対して次の手順を繰り返します。

  1. E メールデザイナーを開いて、空の E メールコンテンツを作成します。

  2. ボディレベルの属性を設定します。背景色、幅など 詳しくは、メールスタイルの編集を参照してください。

  3. 構造コンポーネントを追加します。 詳しくは、メール構造の編集を参照してください。

  4. HTMLコンポーネントを追加 詳しくは、フラグメントとコンポーネントの追加を参照してください。

  5. そのコンポーネントにHTMLをコピー&ペーストします。

  6. モバイル表示に切り替え. 詳しくは、この節を参照してください。

    CSS がないので、レスポンシブビューが壊れています。

  7. これを修正するには、ソースコードモードに切り替えて、スタイルセクションを新しいスタイルセクションにコピー&ペーストします。 例:

    <style type="text/css">
    a {text-decoration:none;}
    body {min-width:100% !important; margin:0 auto !important; padding:0 !important;}
    img {line-height:100%; text-decoration:none; -ms-interpolation-mode:bicubic;}
    ...
    </style>
    
    メモ

    別のカスタムスタイルタグで、この後にスタイルを必ず追加してください。

    E メールデザイナーで生成された CSS を変更しないでください。

    • <style data-name="default" type="text/css">(##)</style>
    • <style data-name="supportIOS10" type="text/css">(##)</style>
    • <style data-name="mediaIOS8" type="text/css">(##)</style>
    • <style data-name="media-default-max-width-500px" type="text/css">(##)</style>
    • <style data-name="media-default--webkit-min-device-pixel-ratio-0" type="text/css">(##)</style>
  8. モバイル表示に戻って、コンテンツが正しく表示されていることを確認し、変更を保存します。

このページ