トラッキングと監視

「送信」ボタンをクリックしましたか。何が起こるかを見てみましょう。配信の送信後、Adobe Campaign では、送信済みメッセージをトラッキングして、配信に対する受信者の反応を確認できます。これは、今後の送信を改善し、次のキャンペーンを最適化するのに役立ちます。

配信の監視

キャンペーンを制御するには、メッセージが実際に受信者に配信されたことを確認する必要があります。

ヒント

  • 配信ログ内のメッセージのステータスを制御できます。

  • 配信の成功または失敗を追跡するために、Adobe Campaignは重要なシステムアクティビティをユーザーに通知する電子メール警告システムを提供します。

  • メッセージダッシュボードから、このメッセージに関する複数のレポートにアクセスできます。

詳しくは、配信の監視を参照してください。

トラッキング

ターゲット設定されたプロファイルの行動をより深く知るには、配信に対するユーザーの反応を追跡します。受信、開封、リンクのクリック、購読解除など 配信の​トラッキングログ​タブを参照してください。

ヒント:メッセージトラッキングは、デフォルトで有効になっています。URL を設定するには、配信ウィザードの下部のセクションで「URL を表示」オプションを選択します。メッセージの URL ごとに、トラッキングを有効化するかどうかを選択できます。

詳しくは、メッセージの追跡の節とトラッキングインジケーターの説明を参照してください。

動的レポート

動的レポートを使用すると、完全にカスタマイズ可能なリアルタイムレポートを作成し、キャンペーンを監視できます。 Dimension、指標およびビジュアライゼーションを使用すると、受信者に対するキャンペーンの影響と成功を測定できます。

ヒント — 組み込みのレポートはキャンペーンを監視できますが、指標やディメンションをレポートにドラッグ&ドロップすることでカスタマイズすることもできます。

詳しくは、レポートガイドを参照してください。

ホットクリック

ホットクリック数レポートは、メッセージの内容(HTMLやテキスト)と各リンクのクリック数の割合を表示します。 各動的コンテンツのクリックの割合を表示することで、受信者に最も訴えるコンテンツを測定できます。

この点について詳しくは、ホットクリックレポートを参照してください。

配信のパフォーマンスに関するヒント

  • 配信を失敗した状態のままインスタンス上で放置すると、一時テーブルが維持され、パフォーマンスに影響が生じるため、配信を失敗した状態のまま放置しないでください。

  • アドレスの品質を維持するため、不要になった配信やアクティブでない受信者はデータベースから削除してください。

  • 大規模な配信を同時にスケジュールしないようにしてください。負荷がシステム全体で均等に分散されるまでには、5~10 分かかることがあります。

関連トピック:

このページ