Campaign Standard 管理の基本を学ぶ要

管理メニュー

ユーザーとセキュリティ

チャネル設定

アプリケーション設定

クラウドベースのソリューションであるAdobe Campaignでは、管理者が様々な方法でアプリケーションを設定できます。 インフラストラクチャの設定はAdobeが実行しますが、機能管理者は、以下に説明する様々な設定操作を実行できます。

メモ

実装と設定に関する質問やリクエストが必要な場合は、担当のAdobeアカウント担当者にお問い合わせください。

管理者ユーザーは、CampaignCampaign コントロールパネルを利用して、各インスタンスの設定を管理し、使用状況を追跡することもできます。 詳しくは、該当するドキュメントを参照してください。

管理メニュー

様々なAdobe Campaign管理操作は、 Administration メニューは、左上隅のAdobe Campaignロゴをクリックするとアクセスできます。 インターフェイスのこの部分には、プラットフォームの機能管理者のみがアクセスできます。

次のメニューを使用できます。

  • ユーザーとセキュリティ:このメニューを使用すると、プラットフォーム(ユーザー、役割、セキュリティグループ、単位)へのアクセスを管理できます。
  • チャネル:このメニューは、様々なプラットフォームチャネル(E メール、モバイル)、タイポロジおよび強制隔離管理にリンクされた技術パラメーターを再グループ化します。
  • アプリケーション設定:このメニューを使用すると、様々なアプリケーション要素(外部アカウント、オプション、テクニカルワークフロー)を設定できます。
  • 開発:このメニューを使用すると、カスタムリソースを管理し、診断ツールにアクセスできます。
  • インスタンス設定:このメニューでは、様々なブランドを定義し、設定(ロゴ、トラッキングの管理、ランディングページにアクセスするための URL ドメインなど)を指定できます。
  • 導入:このメニューは、パッケージのインポートおよびエクスポートオプションを再グループ化します。
  • 顧客指標:Adobe Campaignには、アクティブなプロファイルの数を表示するレポートが用意されています。 このレポートは情報提供のみで、請求に直接影響しません。
  • プライバシーツール:このメニューを使用すると、GDPR のアクセス要求および削除要求を作成し、その推移を追跡できます。

ユーザーとセキュリティ

ユーザーをアプリケーションにアクセスして管理するよう招待する セキュリティグループ:組織内で同じ役割および権限を共有するユーザーのセットです。 デフォルトで、Adobe Campaignは 役割 :ユーザーおよびユーザーグループに割り当てる単一の認証を定義できます。 組み合わせ先 組織単位、の役割は、ユーザーにインターフェイスのフィルターされた表示を提供し、様々な機能へのアクセスを定義します。

また、Campaign Standard では、セキュリティ関連の情報を監視することもできます。 ユーザーが実行したデータエクスポートに関する情報は、 Export audits 画面を表示し、 Licenses 画面を使用して、組織内にインストールされているすべての Campaign ライセンスと、ビルド番号、リリースバージョン、契約条件などの様々な情報を監視できます。

詳しくは、以下を参照してください。

チャネル設定

Adobe Campaignのすべての通信チャネルは、メッセージを効果的に送信できるように正しく設定されている必要があります。 Channel メニューを使用すると、様々なチャネルにリンクされたテクニカルパラメーターを管理できます。

様々な設定 電子メール パラメータ:バウンス、強制隔離、E メールのプロパティおよびルーティングパラメーター(通常のルール)の処理ルール のルーティング設定とプロパティを定義する SMS チャネルに含まれます。

設定 モバイルアプリ Adobe Experience Platform SDK を使用してアプリ内メッセージおよびプッシュ通知を送信できるようにするため。

詳しくは、以下を参照してください。

アプリケーション設定

Campaign Standardには、ニーズに合わせて設定できる様々なアプリケーション要素が付属しています。

設定 外部アカウント:Adobe Campaignを外部サーバーに接続するために使用されます。 Campaign Standardターゲットマッピングへのアクセス、および テクニカルワークフロー.

1 つまたは複数を定義 ブランド 組織で、 リアルタイム通知 (重要なシステムアクティビティの場合)

詳しくは、以下を参照してください。

このページ