配信ダッシュボード

配信ダッシュボード​は、配信と、メッセージの送信時に結果として起こる問題を監視するための重要な要素です。

配信の情報を取得し、必要に応じて編集できます。配信を送信すると、タブのコンテンツは変更できません。

ダッシュボードで使用可能ないくつかのタブを使用して監視できる情報は、次のとおりです。

関連トピック:

配信の概要

概要」タブには、配信ステータス、使用するチャネル、送信者に関する情報、件名、実行に関連する情報など、配信の内容が表示されます。

配信レポート

レポート」リンクは、「概要」タブからアクセスでき、一般配信レポート、詳細レポート、配信レポート、失敗したメッセージの配信、開封率、クリック数、トランザクション数などの、配信操作に関連するレポートのセットを確認できます。

このタブの内容は、必要に応じて設定できます。配信レポートについて詳しくは、この節を参照してください。

配信ログ、履歴、除外

配信」タブには、この配信内で発生した事象の履歴が表示されます。このタブには、配信ログ、つまり、送信されたメッセージのリストとそのステータスおよび関連メッセージが含まれます。

1 つの配信について、(例えば)配信が失敗した受信者や、アドレスが強制隔離中の受信者のみを表示できます。そのためには、「フィルター」ボタンをクリックして、「ステータス別」を選択します。ドロップダウンリストでステータスを選択します。各種ステータスについて詳しくは、このページを参照してください。

メモ

配信ログを表示するリストは、Campaign Classic 内の任意のリストと同様にカスタマイズできます。例えば、配信で各 E メールを送信した IP アドレスを示す列を追加できます。詳しくは、この節で詳しく説明している使用事例を参照してください。

このメッセージのミラーページを表示」リンクを使用して、リストから選択した配信のコンテンツのミラーページを新しいウィンドウに表示できます。

ミラーページは、HTML コンテンツが定義済みの配信に対してのみ表示可能です。詳しくは、ミラーページの生成を参照してください。

配信トラッキングログと履歴

トラッキング」タブには、この配信のトラッキング履歴が一覧表示されます。このタブには、送信されたメッセージのトラッキングデータ、つまり、Adobe Campaign によってトラッキングされたすべての URL が表示されます。トラッキングデータは 1 時間ごとに更新されます。

メモ

配信トラッキングが有効になっていない場合、このタブは表示されません。

トラッキング設定は、配信ウィザードの適切なステージで実行されます。トラッキングするリンクの設定方法を参照してください。

トラッキング​データは、配信レポートに表示されます。この節を参照してください。

受信ボックスレンダリング

受信ボックスレンダリング」タブにより、異なるコンテキストで受信される可能性のある送信済みのメッセージをプレビューして、メジャーなデスクトップおよびアプリケーションの互換性を確認できます。

これにより、様々な Web クライアント、Web メールおよびデバイスで受信者へのメッセージの表示が最適化されていることを確認してください。

受信ボックスレンダリングについて詳しくは、このページを参照してください。

配信監査

監査」タブには、配信ログと、配達確認に関連するすべてのメッセージが含まれます。

更新​ボタンを使用してデータを更新できます。「フィルター」ボタンを使用して、データに対してフィルターを定義します。

特別なアイコンによって、エラーまたは警告を識別できます。配信の分析を参照してください。

配達確認」サブタブには、送信済みの配達確認のリストが表示されます。

表示する列を選択することによって、このウィンドウ(および「配信」タブと「トラッキング」タブ)に表示される情報を変更できます。そのためには、右下隅にある​リストを設定​アイコンをクリックします。リストの表示について詳しくは、この節を参照してください。

配信ダッシュボードの同期

配信が正常に送信されたことを確認するために、配信ダッシュボードから、処理されたメッセージおよび配信ログを確認できます。

一部の指標またはステータスが間違っていたり、最新ではないことがあります。これは、次の解決策で解消できる場合があります。

  • 配信ステータスが間違っている場合は、この配信に対して必要なすべての承認がおこなわれていることと、operationMgt および deliveryMgt ワークフローがエラーなしで実行されていることを確認します。これは、送信インスタンスで設定されていないアフィニティを配信で使用していることが原因である可能性もあります。

  • 配信指標がゼロのままで、ミッドソーシング設定である場合は、ミッドソーシング(配信カウンター)​テクニカルワークフローをチェックします。ステータスが​開始済み​ではない場合は、開始します。その後、Adobe Campaign エクスプローラーで関連する配信を右クリックして、アクション配信とトラッキング指標を再計算​を選択することによって、指標を再計算できます。トラッキング指標について詳しくは、このを参照してください。

  • 配信カウンターが配信と一致しない場合は、Adobe Campaign エクスプローラーで関連する配信を右クリックし、アクション配信とトラッキング指標を再計算​を選択して、指標を再計算して再同期してください。トラッキング指標について詳しくは、このを参照してください。

  • ミッドソーシングデプロイメントの配信カウンターが最新ではない場合は、ミッドソーシング(配信カウンター)​テクニカルワークフローが実行されていることを確認します。詳しくは、このページを参照してください。

配信ダッシュボードで各種レポートの配信をトラッキングすることもできます。詳しくは、この節を参照してください。

使用例:送信者の IP アドレスをログに追加する

この節では、配信で各 E メールを送信した IP アドレスに関する配信ログ情報を追加する方法を学びます。

メモ

この変更は、単一のインスタンスを使用する場合とミッドソーシングインスタンスを使用する場合とでは異なります。変更をおこなう前に、E メール送信インスタンスに接続していることを確認します。

手順 1:スキーマの拡張

配信ログに publicID を追加するには、まずスキーマを拡張する必要があります。次の手順に従って進むことができます。

  1. 管理設定データスキーマ新規​で、スキーマ拡張を作成します。

    スキーマ拡張について詳しくは、このページを参照してください。

  2. 受信者配信ログ(nms)を拡張し、カスタム名前空間を定義するには、broadLogRcp を選択します。この場合、「cus」になります。

    メモ

    インスタンスがミッドソーシングの場合は、broadLogMid スキーマを使用する必要があります。

  3. 拡張に新しいフィールドを追加します。このサンプルでは、

    <element img="nms:broadLog.png" label="Recipient delivery logs" labelSingular="Recipient delivery log" name="broadLogRcp"/>
    

    以下と置き換えます。

    <element img="nms:broadLog.png" label="Recipient delivery logs" labelSingular="Recipient delivery log" name="broadLogRcp">
    <attribute desc="Outbound IP identifier" label="IP identifier"
    name="publicId" type="long"/>
    </element>
    

手順 2:データベース構造の更新

変更が完了したら、データベース構造を更新して、論理的な説明と一致させる必要があります。

これをおこなうには、以下の手順に従います。

  1. ツール詳細データベース構造の更新…​メニューをクリックします。

  2. テーブルの編集​ウィンドウで、NmsBroadLogRcp テーブル(ミッドソーシング環境の場合は broadLogMid テーブル)が次のようにチェックされます。

    重要

    NmsBroadLoGRcp テーブル(ミッドソーシング環境の場合は broadLogMid テーブル)を除き、他の変更がないことを必ず確認してください。その場合は、他のテーブルのチェックを外します。

  3. 次へ」をクリックして確認します。次の画面が表示されます。

  4. 次へ」、「開始」の順にクリックして、データベース構造の更新を開始します。インデックスの作成を開始しています。この手順は、NmsBroadLogRcp テーブルの行数に応じて長くなる場合があります。

メモ

データベースの物理構造の更新が正常に完了したら、変更を考慮に入れるために、接続を解除し、再接続する必要があります。

手順 3:変更の検証

すべてが正しく動作していることを確認するには、配信ログ画面を更新する必要があります。

これをおこなうには、配信ログにアクセスし、「IP 識別子」列を追加します。

メモ

Campaign Classic インターフェイスでリストを設定する方法については、このページを参照してください。

次に、変更後の「配信」タブの内容を示します。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now