関連ドキュメントの管理

レポート、写真、Web ページ、図などの様々なドキュメントをキャンペーンに関連付けることができます。 これらのドキュメントは、任意の形式(Microsoft Word、PowerPoint、PNG、JPG、Acrobat PDF など)にすることができます。

重要

この機能は、小規模なアセットやドキュメント向けのものです。

キャンペーンでは、プロモーションクーポン、特定のブランドや店舗に関連する特別オファーなど、他のアイテムを参照することもできます。 これらの要素をアウトラインに含める場合は、ダイレクトメール配信に関連付けることができます。 配信の概要を介してリンクしたリソースの関連付けと構造化を参照してください。

メモ

Campaign のマーケティングリソース管理モジュールを使用している場合は、複数のユーザーが共同作業に利用できるマーケティングリソースのライブラリを管理することもできます。 詳細情報

ドキュメントの追加

ドキュメントは、キャンペーンレベル(コンテキストドキュメント)でもプログラムレベル(一般ドキュメント)でも関連付けることができます。

ドキュメント」タブには次が含まれます。

  • 適切な権限を持つ Adobe Campaign オペレーターがローカルにダウンロードできる、コンテンツに必要なすべてのドキュメント(テンプレート、画像など)のリスト。
  • 発送担当向けの情報を含むドキュメント(該当する場合)。

ドキュメントは、編集/「ドキュメント」​タブからプログラムまたはキャンペーンにリンクされます。

キャンペーンダッシュボードに表示されるリンクからも、ドキュメントをキャンペーンに追加できます。

ファイルの内容を表示し、情報を追加するには、「詳細」アイコンをクリックします。

次の例に示すように、キャンペーンに関連付けられたドキュメントは、ダッシュボードの「ドキュメント」セクションにまとめられます。

このビューからドキュメントを編集および変更することもできます。

配信の概要を介してリンクしたリソースの関連付けと構造化

メモ

配信の概要は、ダイレクトメールキャンペーンのコンテキストでのみ使用します。

配信の概要は、構造化された一連の要素(ドキュメント、店舗、プロモーションクーポンなど)を表します。 これらは、会社が特定のキャンペーン用に作成したものです。

これらの要素は配信の概要にグループ化され、各配信概要は配信に関連付けられます。配信に添付するために、サービスプロバイダー​に送信する抽出ファイルで参照されます。 例えば、ある支店と、その支店が使用するマーケティングカタログを参照する配信の概要を作成できます。

キャンペーンでは、配信の概要を使用して、関連する支店、提供するプロモーションオファー、ローカルイベントへの招待など、特定の条件に応じて配信に関連付ける外部要素を構造化できます。

アウトラインの作成

概要を作成するには、関連するキャンペーンの​編集/「ドキュメント」​タブで「配信の概要」サブタブをクリックします。

メモ

このタブが表示されていない場合、このキャンペーンではこの機能を使用できません。キャンペーンテンプレートの設定を参照してください。

テンプレートについて詳しくは、この節を参照してください。

次に、「配信の概要を追加」をクリックし、次の手順でキャンペーンの概要の階層を作成します。

  1. ツリーのルートを右クリックし、新規/配信の概要​を選択します。
  2. 作成した概要を右クリックし、新規/項目​または​新規/パーソナライゼーションフィールド​を選択します。

概要には、項目、パーソナライゼーションフィールド、リソースおよびオファーを含めることができます。

  • 項目には、ここで参照および記述し、配信に添付する物理的なドキュメントなどを指定できます。

  • パーソナライゼーションフィールドを使用して、受信者ではなく配信に関連したパーソナライゼーション要素を作成できます。これにより、特定のターゲット向けの配信(ウェルカムオファーやディスカウントなど)で使用する値を作成できます。こうした値は Adobe Campaign で作成し、「パーソナライゼーションフィールドをインポート…」リンクから概要にインポートします。

    パーソナライゼーション要素は、リスト領域の右側の​追加​アイコンをクリックして、概要内で直接作成することもできます。

  • リソースは、「キャンペーン」タブの「リソース」リンクを通じてアクセスできるマーケティングリソースダッシュボードで生成したマーケティングリソースです。

    メモ

    マーケティングリソースについて詳しくは、この節を参照してください。

アウトラインの選択

次の例に示すように、配信ごとに、抽出の概要専用のセクションから関連付ける概要を選択できます。

選択された概要が、ウィンドウの下部セクションに表示されます。この概要は、フィールドの右側のアイコンを使用して編集したり、ドロップダウンリストを使用して変更したりできます。

配信の「概要」タブにもこの情報が表示されます。

抽出結果

抽出され、サービスプロバイダーに送信されたファイル内では、サービスプロバイダーに関連付けられたエクスポートテンプレートの情報に従って、概要名および必要に応じてその特性(コスト、説明など)がコンテンツに追加されます。

次の例では、配信に関連付けられた概要のラベル、推定コスト、説明が抽出ファイルに追加されます。

エクスポートモデルは、該当する配信用に選択されたサービスプロバイダーに関連付ける必要があります。この節を参照してください。

メモ

エクスポートについて詳しくは、この節を参照してください。

このページ