キャンペーンタイポロジについて

キャンペーンの最適化は、配信状況を制御、フィルターおよび監視する Adobe Campaign のモジュールです。キャンペーン間の競合を回避するために、Adobe Campaign では特定の制限ルールを適用して、様々な組み合わせをテストできます。このテストにより、企業のコミュニケーションポリシーに準拠し、顧客のニーズと期待に応える最適なメッセージを送信できます。

ビデオでこの機能を確認する

メモ

提供されている内容によって、キャンペーンの最適化は含まれていることも、アドインになっていることもあります。使用許諾契約書を確認してください。

タイポロジルール

Adobe Campaign では、次の 4 種類のタイポロジルールをデザインおよび適用できます。

  • フィルター​ルール:条件に基づいて、ターゲットの一部を除外します。詳しくは、フィルタールールを参照してください。
  • 頻度​ルール: マーケティング疲労(過剰なマーケティングによる弊害)を抑制します。詳しくは、頻度ルールを参照してください。
  • 処理能力​ルール:最適な処理環境を確保するために、負荷を制限します。詳しくは、処理能力の制御を参照してください。
  • コントロール​ルール:メッセージを送信する前にメッセージの有効性を確認します。詳しくは、コントロールルールを参照してください。

作成されたタイポロジルールは、キャンペーンタイポロジでグループ化され、配信で参照されます。タイポロジの適用を参照してください。

タイポロジ

キャンペーンタイポロジには、複数のタイポロジルールを含めることができますが、1 つの配信では 1 つのタイポロジしか参照できません。

ルール」タブでは、適用するタイポロジルールを追加、削除、表示できます。

タイポロジの適用

以下に、タイポロジを作成して配信に適用する手順を示します。

  1. タイポロジルールを作成する。

    タイポロジルールは、管理/キャンペーン管理/タイポロジ管理/タイポロジルール​ノードで表示できます。

    Campaign で使用できる様々なルールについて詳しくは、営業頻度ルール処理能力ルールコントロールルールおよびフィルタールールを参照してください。

  2. タイポロジを作成し、作成したルールをその中で参照する。

    タイポロジにアクセスするには、**管理/キャンペーン管理/タイポロジ管理/**タイポロジ​ノードに移動します。

  3. 作成したタイポロジを使用するように配信を設定します。詳しくは、この節を参照してください。

  4. キャンペーンのシミュレーションによって動作をテストして制御する。キャンペーンのシミュレーションについて詳しくは、この節を参照してください。

配信の準備では、基準を満たした場合に受信者が除外されます。ログを確認して除外を監視することができます。頻度タイポロジルールの使用例については、このページを参照してください。

チュートリアルビデオ

タイポロジルールを使用した疲労管理の設定方法

このビデオでは、タイポロジルールを活用して Adobe Campaign で疲労管理を実装する方法を説明します。

定義済みフィルターを使用した疲労管理の設定方法

疲労管理では、受信者の過剰勧誘を避けるために、メッセージの頻度と数量を制御します。キャンペーンインスタンスにキャンペーン最適化モジュールがない場合、受信したメッセージの数でターゲット母集団をフィルタリングする定義済みフィルターを設定できます。
このビデオでは、フィルターを使用して Adobe Campaign Classic で疲労管理を実装する方法を説明します。

Campaign に関するその他のハウツービデオはこちらで参照できます。

関連トピック

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now