実装の手順

インタラクションの設定

メモ

次の手順は、管理者​プロファイルによって、デザイン環境でのみ実行される必要があります。

  1. ユーザープロファイルを作成します。詳しくは、オペレーターのプロファイルを参照してください。

  2. ターゲティングディメンションに基づいてオファー環境を作成します。詳しくは、オファー環境の作成を参照してください。

  3. 各環境で使用するタイポロジルールを作成します。詳しくは、オファープレゼンテーションルールの作成および参照を参照してください。

  4. 各環境用にオファースペースを作成し、レンダリング関数を設定します。詳しくは、オファースペースの作成を参照してください。

    メモ

    スペースが識別モードで単一のチャネルによって定義される場合は、このスペースの詳細設定パラメーターを指定する必要があります。

  5. 1 つまたは複数のオファーを提示および更新するために、インバウンドインタラクション向けのオファーエンジンを設定します。

    様々な統合モードについて詳しくは、インバウンドチャネルについてを参照してください。

    メモ

    インバウンド Web チャネルにスペースを作成する場合、オファーが表示されるサイトに対しても設定が必要です。

オファーカタログの管理

メモ

次の手順は、オファーマネージャー​によって実行される必要があります。

  1. デザイン環境にオファーカテゴリを作成します。詳しくは、オファーカテゴリの作成を参照してください。
  2. デザイン環境にオファーを作成します。詳しくは、オファーの作成を参照してください。
  3. 1 つまたは複数のスペース上で、オファーを承認してパブリッシュし、ライブ環境で配信責任者によるオファーの利用を可能にします。詳しくは、オファーの承認と有効化を参照してください。

オファーカタログの使用

メモ

次の手順は、配信責任者​プロファイルによって実行される必要があります。配信責任者は、ライブ環境でのみオファーを編集できます。

  1. キャンペーンを作成します。
  2. キャンペーンまたはキャンペーン配信でオファーを参照します。詳しくは、アウトバウンドチャネルについてを参照してください。

このページ