共有アセットを挿入

注意

Experience Cloudアセットは廃止されました。 新しい実装の場合、Adobe Campaign ClassicとExperience Cloudアセットを統合できなくなりました。

Adobe Experience Cloud から共有されるアセットは、E メールやランディングページで次のように使用できます。

  1. 新しい E メールまたは新しいランディングページを作成します。

    Adobe Experience Manager Assets ライブラリのアセットを使用する場合は、統合を設定したときに作成した配信テンプレートを使用します。

    この特定のテンプレートがない場合、配信の​プロパティ​で、「コンテンツ編集モード」(「詳細」タブ)が「DCE」に設定され、AEM Assets リソースライブラリへのアクセスに使用する AEM 外部アカウントが入力されていることを確認してください。

  2. 編集ウィンドウで、「画像を追加」オプションを選択します。

    • 標準編集モードを使用している場合、画像共有アセットを選択​を選択します。

    • 詳細編集モード(DCE)を使用している場合、画像ブロックに移動し、コンテキストメニューから「共有アセットを選択」を選択します。

      メモ

      DCE を使用している場合、Web にアクセスしている Adobe Campaign から共有画像を挿入することはできません。

  3. 表示される選択ウィンドウで画像を選択し、確定します。

    Adobe Campaign インスタンスの設定により、Adobe Experience Cloud ライブラリまたは AEM Assets ライブラリからの画像を使用できます。Assets へのアクセスの設定の節を参照してください。

メモ

Adobe Target との統合を使用している場合、共有画像をデフォルト画像として使用できます。このページを参照してください。

このページ