サーバー設定ファイル

Adobe Campaignの全体的な設定は、 serverConf.xml ファイルの場所は、 conf インストールディレクトリのディレクトリ。 このセクションでは、 serverConf.xml ファイル。

メモ

サーバー側設定は、Adobeがホストするデプロイメントの場合、Adobeでのみ実行できます。 様々なデプロイメントについて詳しくは、 ホスティングのモデル セクションまたは このページ. ホストモデルおよびハイブリッドモデルのインストールおよび設定手順については、次のセクションで説明します セクション.

最初のパラメーターは、 共有 ノード。 これらはインスタンスに関連しています。 これらは、すべての nlserver コマンド(nlserver web、nlserver wfserver など)で使用される可能性があります。 その他のセクションは、特定の nlserver サブコマンドに関連しています。

共有パラメーター

その他のパラメーター

認証

次に、 認証 ノード:

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
checkIPConsistent
IP アドレス検査を有効にする.
ブール値
false
defaultMode
デフォルトの識別モード.
文字列
'nl'
longSessionTimeOutSec
長いセッションのタイムアウト(秒)。
長いテキスト
1296000
securityTimeOutSec
セキュリティトークンのタイムアウト(秒)。
長いテキスト
86400
sessionCacheSec
キャッシュ時間:セッション情報のキャッシュ(秒)。
長いテキスト
600
sessionTimeOutSec
セッションタイムアウト(秒)。
長いテキスト
86400

XTK

次に、 認証 > XTK ノード:

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
internalPassword
内部アカウントのパスワード.
文字列

internalSecurityZone
内部アカウントのセキュリティゾーン:内部アカウント用に認証されたゾーン。
文字列
'lan'

dataStore

次に、 dataStore ノード。 サーバーのデータソースが定義される場所です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
exportDirectory
書き出しディレクトリ:エクスポートするデータの宛先ディレクトリのパス。
文字列
'$(XTK_INSTALL_DIR)/var/$(INSTANCE_NAME)/export/'
extraSandboxedDirectories
追加のサンドボックス化ディレクトリ:サンドボックスに追加するその他のパス(コンマ区切り)。
文字列
'/home/customers/,/sftp/'
formCacheTimeToLive
フォームキャッシュの有効期限の遅延:キャッシュエントリが無効化されるまでのタイムアウト(秒)。 つまり、キャッシュエントリはパブリッシュ時にのみ更新されます。
長いテキスト
600
ホスト
DNS マスク:このインスタンスが提供する DNS マスクのリスト(コンマ区切り、*および?を使用可能) パターン )。
文字列
'*'
interactionCacheTimeToLive
インタラクション JSSP キャッシュの有効期限の遅延:キャッシュエントリが無効化されるまでのタイムアウト(秒)。 負の値は、キャッシュが常に無効化されることを意味します。 「0」、空または無効な値は 60 と見なされます。
長いテキスト
300
lang
インスタンスの言語(列挙)。 指定できる値は、「fr_FR」(Français)、「en_GB」( 英語 (UK))、「en_US」( 英語(米国))、「de_DE」(Deutsch)、「ja_JP」(日本語)です。
文字列
'en_US'
uploadDirectory
アップロードフォルダ:アップロードされたデータの宛先ディレクトリのパス。
文字列
'$(XTK_INSTALL_DIR)/var/$(INSTANCE_NAME)/upload/'
uploadAllowlist
ダウンロードを許可されたファイル (「,」区切り)。この文字列は Java の有効な正規表現である必要があります。詳しくは、 アップロード可能なファイルの制限.
文字列
'.+'
useVault
秘密鍵を Vault に保存:Hashicorp Vault を使用します。
ブール値
false
vaultSecretPath
Vault の秘密鍵のパス
文字列
'/v1/secret/campaign/'
vaultTokenPath
Vault トークンを含むファイルのローカルパス. このパスでは$(HOME) を使用できます(他の環境変数は使用できません)。
文字列
'$(HOME)/.vaulttoken'
vaultUrl
HashiCorp Vault の URL
文字列

viewCacheTimeToLive
ビューキャッシュの有効期間:キャッシュエントリが無効化されるまでのタイムアウト(秒)。 負の値は、キャッシュが常に無効化されることを意味します。 「0」、空または無効な値は 60 と見なされます。
長いテキスト
600
workingDirectory
作業ディレクトリの XPath。
文字列
workingDirectory :作業ディレクトリの XPath。 デフォルト:'$(XTK_INSTALL_DIR)/var/$(INSTANCE_NAME)/workspace/'

proxyAdjust

次に、 dataStore > proxyAdjust ノード。 正規表現に一致する URL は、urlBase で定義された URL に基づいて再生成されます。

パラメーター 説明 タイプ
urlBase
外部 URL の生成時に使用するベース。例 : https://server.domain.com
文字列
urlRegEx
URL を照合する正規表現。例 : http://server\.lan\.net.*
文字列

dataSource

次に、 dataStore > dataSource ノード。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
name
データソース名
文字列
デフォルト

dataStore > dataSource > dbcnx ノードで、接続設定を指定します。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
NChar
Unicode ストレージ
ブール値
dbSchema
ワークスペース
文字列
暗号化
暗号化されたパスワード
ブール値
ログイン
アカウント
文字列
パスワード
パスワード
文字列
プロバイダー
タイプ(列挙)。 指定できる値は、「Oracle」、「MSSQL」(Microsoft SQL Server)、「PostgreSQL」(PostgreSQL)、「Teradata」、「DB2」、「Netezza」、「AsterData」、「SAPHANA」(SAP HANA)、「RedShift」(Amazon Redshift)、ODBC です「 」(ODBC(Sybase ASE、Sybase IQ)、「リレー」(リモートデータベースへの HTTP リレー)。
文字列
'Oracle'
server
サーバー
文字列
timezone
タイムゾーン:参照 タイムゾーン管理.
文字列
unicodeData
データベースの Unicode データ
ブール値
useTimestampTZ
タイムゾーンを持つ日付フィールド:参照 タイムゾーン管理.
ブール値

dataStore > dataSource > sqlParams ノードで、SQL パラメーターを設定します。

パラメーター 説明 タイプ
funcPrefix
関数のプレフィックス
文字列

dataStore > dataSource > pool ノードに、関連する接続プールのパラメータを構成します。

パラメーター 説明 タイプ
aliveTestDelaySec
接続の有効性チェック処理間の遅延。
ショート
freeCnx
プールに保存されている空き接続数.
ショート
maxCnx
新しい接続を拒否する前に許可された接続の最大数。参照 技術者.
ショート
maxIdleDelaySec
接続の最大アイドル時間。0 はデフォルト値です.
ショート

virtualDir

次に、 dataStore > virtualDir ノード。 これは、仮想ディレクトリと実ディレクトリのマッピングの設定です。

詳しくは、 パブリックリソースの管理.

パラメーター 説明 タイプ
名前
仮想ディレクトリの名前
文字列
パス
実際のディレクトリのフルパス
文字列

次にデフォルトの設定を示します。

<virtualDir name="images" path="$(XTK_INSTALL_DIR)/var/res/img/"/>
<virtualDir name="formCache" path="$(XTK_INSTALL_DIR)/var/$(INSTANCE_NAME)/formCache/"/>
<virtualDir name="publicFileRes" path="$(XTK_INSTALL_DIR)/var/res/$(INSTANCE_NAME)"/>

preprocessCommand

次に、 dataStore > preprocessCommand ノード。 これらは、「ファイル読み込み」ワークフローアクティビティの前処理に許可されたコマンドです。

パラメーター 説明 タイプ
command
コマンドライン
文字列
label
コマンドラインラベル
文字列
名前
コマンドライン名
文字列

次にデフォルトの設定を示します。

<preprocessCommand command="" label="None" name="none"/>
<preprocessCommand command="zcat &quot;$fileName&quot;" label="Decompression" name="zcat"/><preprocessCommand command="gpg --decrypt &quot;$fileName&quot;" label="Decrypt" name="gpg"/>

dnsConfig

次に、 dnsConfig (DNS 設定)ノード。

詳しくは、 セクション.

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
localDomain
ドメイン名:デフォルトのドメイン名。 SMTP HELO コマンドで使用されます。 デフォルトでは、は Windows で宣言された最初のネットワークインターフェイスのネットワークパラメーターを使用します。または、Linux(ドメインまたは検索エントリ)の下のfile/etc/resolv.confを解析します。
文字列

nameServers
DNS サーバー:ドメインネームサーバー (DNS) のコンマ区切りリスト。 以下のメモを参照してください。
文字列

再試行
DNS クエリの再試行数.
長いテキスト
4
タイムアウト
DNS クエリのタイムアウト(ミリ秒)。
長いテキスト
5000
メモ

メモ: nameSevers:デフォルトでは、はネットワークを使用します
Windows で宣言された最初のネットワークインターフェイスのパラメータ
UNIX では定義されていません。 ドメインネームサーバー (DNS) を定義します
MTA が、次の用に宣言されたメールエクスチェンジャを取得するために使用
ドメイン。

この値を定義しない場合、MTA はホストネットワーク設定でこの情報を探します。 複数の DNS が可能な場合は、異なる DNS アドレスをコンマで区切る必要があります ( 例:212.155.207.1,212.155.207.2)。 配信サーバーに複数のネットワークインターフェイスがある場合、MTA が使用する DNS リストが最初のものになります。 この場合、 nameServer パラメーターを使用して、曖昧さを回避します。

注意

ネットワークホストの設定で DHCP を使用している場合、MTA は DHCP から提供される DNS リストを見つけられません。 この場合、Windows コントロールパネルのネットワークパラメーターで DNS リストを指定することをお勧めします。

exec

次に、 exec (コマンド実行)ノードに設定します。

詳しくは、 許可された外部コマンドの制限.

パラメーター 説明 タイプ
blacklistFile
に追加するコマンドを含むファイルのパ許可リストス。
文字列
ユーザー
別のユーザーとしてコマンドを実行.
文字列

htmlToPdf

次に、 htmlToPdf ノード。 Web ページを変換ドキュメントに変換するサービスのPDFです。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
command
(「その他」モードで)変換を実行するためのコマンドライン。
文字列

maxProcessCount
最大1 台のマシンで一度に許可される変換プロセスの数。
長いテキスト
5
mode
変換に使用するツール。 次の値を指定できます。phantomjs, wkhtmltopdf,その他,無効
文字列
'phantomjs'
タイムアウト
変換のタイムアウト:最大変換時間(秒)。 このしきい値を超えると、変換プロセスが停止し、エラーが発生します。
長いテキスト
120
詳細
詳細モード:可能性のあるエラーを診断するために、詳細モードで開始します。
ブール値
false
waitTime
プロセス待機時の遅延:すべてのプロセスが同時に使用され、プロセスが解放されるのを待つときの遅延(秒)。 この遅延を超えると、変換が停止し、エラーが発生します。
長いテキスト
15

phantomjs の例:

phantomjs - -ignore-ssl-errors=true '$(XTK_INSTALL_DIR)/bin/htmlToPdf.js' '-out:{outPdf}' '-post:{postFile}' '-url:{originUrl}' -sessiontoken:{sessiontoken} -format:{format} -orientation:{orientation} -marginTop:{marginTop} -marginLeft:{marginLeft} -marginRight:{marginRight} -marginBottom:{marginBottom}

ims

次に、 ims ノード。 これは、次を使用して別のサービスに接続する Campaign の設定です。 IMS.

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
authIMSClientId
クライアント ID
文字列

authIMSClientSecret
秘密鍵 (AES で暗号化)
文字列

authIMSCode
承認コード (AES で暗号化)
文字列

authIMSEndpoint
IMS サーバー URL
文字列
'https://ims-na1.adobelogin.com'
authIMSTAClientId
テクニカルアカウントクライアント ID
文字列

authIMSTAClientSecret
テクニカルアカウント秘密鍵 (AES で暗号化)
文字列

authIMSTAId
テクニカルアカウント ID
文字列

authIMSTAPrivateKey
テクニカルアカウント秘密鍵 (AES で暗号化)
文字列

JavaScript

次に、 javaScript ノード。 これは JavaScript インタープリターの設定です。

詳しくは、 レポートドキュメント.

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
maxMB
ガベージコレクターを実行する前の最大サイズ (MB)。
長いテキスト
512
stackSizeKB
各スタックチャンクのサイズ(キロオクテット)。 これは、ほとんどのユーザが調整すべきでないメモリ管理チューニングパラメータです。
長いテキスト
8

mailExchanger

次に、 mailExchanger ノード。 SMTP サーバーの設定です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
mxAddress
SMTP サーバー:E メール転送用の SMTP サーバーの IP アドレス。
文字列

mxPort
E メール転送に使用される SMTP サーバーの TCP ポート。
文字列
25

モジュール

次に、 モジュール ノード。 これは、名前空間制限モジュール xtk の設定です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
defaultNameSpace
新しいエンティティの作成時に使用されるデフォルトの名前空間.
文字列
'cus'

監視

次に、 監視 ノード。 これは、監視サービスの設定です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
maxPreparationJobsSec
最大準備時間:配信アクションを準備中でなくなるまでの時間(秒)。
長いテキスト
3600
unixScript
監視サービスにより実行される Unix スクリプト.
文字列

winScript
監視サービスにより実行される Windows スクリプト.
文字列

ooconv

次に、 ooconv ノード。 これは、ドキュメント変換サーバーの設定です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
maxConversions
OpenOffice サーバーでの実行が許可されたコンバージョンの最大数です。この数を超えると、サーバーは再起動されます。
長いテキスト
1000
maxServerIdleSec
OpenOffice サーバーが強制終了するまでの最大アイドル時間。
長いテキスト
7200
portRange
OpenOffice サーバーがリスニングしているポートの間隔.
文字列
8101-8110
url
文書変換サーバーの URL.
文字列
'http://localhost:8080/nl/jsp/ooconv.jsp'

proxyConfig

次に、 proxyConfig ノード。 これはプロキシパラメーターの設定です。

詳しくは、 プロキシ接続設定.

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
有効
プロキシサーバーを使用.
ブール値
false
上書き
例外:プロキシパラメーターを無視するアドレスのリスト。
文字列
「localhost*」
useSingleProxy
一意のプロキシサーバー:すべてのタイプのプロキシに同じ設定を使用します。
ブール値
false

HTTP プロキシ/セキュアプロキシ

proxyConfig > HTTP Proxy / Secure proxy ノードで、次のパラメーターを設定します。

詳しくは、 プロキシ接続設定.

パラメーター 説明 タイプ
住所
プロキシサーバーのアドレス
文字列
ログイン
プロキシサーバーに接続するためのログイン
文字列
パスワード
プロキシサーバーへの接続用パスワード
文字列
ポート
プロキシサーバーポート
ショート

threadPool

次に、 threadPool ノード。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
maxThreadCount
プール内のスレッドの最大数。
長いテキスト
10

urlPermission

次に、 urlPermission ノード。 これは、JavaScript コードがアクセスできる URL のリストです。

JavaScript コードで検出された URL をAdobe Campaignサーバーで使用できるかどうかを指定するドメインと正規表現のリストです。

URL が見つからない場合は、指定されたデフォルトのモードに従って、デフォルトのアクションが実行されます。

詳しくは、 発信接続の保護.

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
アクション
URL が許可リスト(列挙)にない場合のデフォルトのアクション。 値には、「無視」(警告メッセージなしで許可、保護の無効化が必要)、「警告」(許可して警告メッセージを発行)、「拒否」(URL へのアクセスを禁止)があります。
文字列
拒否
debugTrace
URL 選択メカニズムのデバッグトレース:は、URL 検証プロセス中に追加のメッセージを発行します。
ブール値
false

url

URL ごとに、 url ノードに次のパラメーターを追加します。

詳しくは、 発信接続の保護.

パラメーター 説明 タイプ
dnsSuffix
URL に関係するドメイン名またはドメインの親:検証を高速化するために検証する URL のドメインのすべてまたは一部。 URL のドメインに dsnSuffix が含まれている場合にのみ、URL が正規表現に関して検証されます。
文字列
urlRegEx
このドメインに属する URL の検証を絞り込むための正規表現:URL が dnsSuffix に対応する場合に検証する必要がある正規表現。
文字列

レコードが満たす場合 dnsSuffix しかし、 urlRegEx​に続く記録を調べた。

例えば、business.com ドメインのすべての URL へのアクセスを承認するには、2 つのレコードを定義します。

dnsSuffix="business.com" urlRegEx="http://.*"

および

dnsSuffix="business.com" urlRegEx="https://.*"

次にデフォルトの設定を示します。

<url dnsSuffix="api.omniture.com" urlRegEx="https://api.omniture.com/genesis/i/3.1.*"   />
<url dnsSuffix="omniture.com" urlRegEx="https://api[1-5].omniture.com/genesis/i/3.1.*"  />
<url dnsSuffix="marketing.adobe.com"                     urlRegEx="https://.*"                                    />
<url dnsSuffix="fcm.googleapis.com"                      urlRegEx="https://fcm.googleapis.com/fcm/send.*"       />
<url dnsSuffix="graph.facebook.com"                      urlRegEx="https://.*"                                    />
<url dnsSuffix="api.line.me"                             urlRegEx="https://api.line.me/.*"                      />
<url dnsSuffix="api.twitter.com"                         urlRegEx="https://api.twitter.com/1.1.*"              />
<url dnsSuffix="adobeid-na1.services.adobe.com"          urlRegEx="https://.*"                                    />
<url dnsSuffix="adobeid-na1-stg1.services.adobe.com"     urlRegEx="https://.*"                                    />
<url dnsSuffix="deliverability.neolane.net"              urlRegEx="https://deliverability.neolane.net/jssp/dm/renderingSeed.jssp" />
<url dnsSuffix="deliverability.neolane.net"              urlRegEx="https://deliverability.neolane.net/nl/jsp/soaprouter.jsp" />
<url dnsSuffix="localhost"                               urlRegEx="http://localhost:8080/nms/jsp/.*"              />
<url dnsSuffix="localhost"                               urlRegEx="http://localhost:8080/nl/jsp/.*"               />
<url dnsSuffix="localhost"                               urlRegEx="http://localhost:8080/xtk/jsp/.*"              />

xtkJobs

次に、 xtkJobs ノード。 これは、サーバージョブの設定です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
purgeLogsPeriod
サーバー処理のメモリステータスの更新期間 (ms).
長いテキスト
500

アーカイブ

次に、 アーカイブ ノード。 これは、バックグラウンドで実行されたアーカイブ操作の設定です。

詳しくは、 電子メールアーカイブのアクティブ化(オンプレミス).

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
acquireLimit
同時に処理する EML の数
長いテキスト
100
archivingType
送信済みメッセージのアーカイブ方法(列挙)。 可能な値は、「0」(アーカイブなし)と「1」(送信されたメッセージのアーカイブを SMTP サーバーに転送)です。
バイト
0
args
スタートアップパラメーター
文字列

autoStart
自動で開始
ブール値
false
compressBatchSize
圧縮されたアーカイブのサイズ:圧縮アーカイブ内の最大ファイル数。
長いテキスト
10000
compressionFormat
アーカイブ中に使用される圧縮形式(列挙)。 指定できる値は、「0」(圧縮なし)と「1」(送信されたメッセージを zip 形式で圧縮)です。
バイト
1
expirationDelay
未処理の E メールが自動的にアーカイブされるまでの遅延時間:未処理の E メールがアーカイブされるまでの日数。
長いテキスト
2
initScript
処理の開始時に実行する JavaScript の ID.
文字列

maxProcessMemoryAlertMb
メモリ消費アラート:特定のプロセスが消費した RAM の量 (MB) に関するアラート。
長いテキスト
1800
maxProcessMemoryWarningMb
メモリ消費量警告:特定のプロセスで消費された RAM の量(MB 単位)に関する警告。
長いテキスト
1600
pollDelay
各更新イベント間の遅延(秒)。
長いテキスト
60
processRestartTime
処理が自動的に再度開始される時間. 詳しくは、 自動プロセス再起動.
文字列
'06:00:00'
purgeArchivesDelay
未処理の E メールが削除されるまでの日数.
長いテキスト
7
runLevel
開始時の優先順位. 優先順位の低いモジュールが最初に開始され、最後に停止されます。したがって、syslogd モジュールは優先順位 0 である必要があります。
ショート
10
smtpBccAddress
ターゲット宛先のアーカイブ
文字列

smtpEnableTLS
SMTPS サポートを有効化:リモートサーバーでサポートされている場合に、セーフモード (STARTTLS/SMTPS) での E メールの配信を有効化します。
ブール値
false
smtpNbConnection
アーカイブ SMTP サーバーへの接続数.
長いテキスト
1
smtpRelayAddress
使用する SMTP リレーの DNS 名または IP アドレスのコンマ区切りリスト。
文字列

smtpRelayPort
SMTP サーバーの IP ポート。
長いテキスト
25

inMail

次に、 inMail ノード。 これは、受信 E メール管理モジュールの設定です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
args
スタートアップパラメーター
文字列

autoStart
自動で開始
ブール値
false
checkInstanceName
インスタンス名を確認:true の場合、Message-ID ヘッダーに含まれるAdobe Campaignインスタンスの名前は、現在のインスタンスと同じにする必要があります。
ブール値
true
defaultForwardAddress
転送先アドレス:ルールで処理されないデフォルトの E メール転送アドレス。
文字列
false
errorForwardAddress
エラーのアドレス:無効な E メール(無効な MIME エンコーディング)の転送に使用するデフォルトのアドレス。
文字列

ignoreSize
メッセージサイズを無視:は、POP3 サーバーから返されるメッセージのサイズを無視するために使用されます。 この場合、モジュールは「。」を想定しています。 を送信します。
ブール値
false
inMailPeriodSec
メッセージ読み取り期間:メッセージキューのポーリング頻度。
長いテキスト
5
initScript
処理の開始時に実行する JavaScript の ID.
文字列

maxBroadLog
更新するログの最大数:は、データベースを更新する前にメモリに保持するログメッセージの最大数を定義します。
長いテキスト
20
maxMsgPerSession
POP3 セッションで読み取るメッセージの最大数。
長いテキスト
200
maxProcessMemoryAlertMb
メモリ消費アラート:特定のプロセスが消費した RAM の量 (MB) に関するアラート。
長いテキスト
1800
maxProcessMemoryWarningMb
メモリ消費量警告:特定のプロセスで消費された RAM の量(MB 単位)に関する警告。
長いテキスト
1600
maxSessionTTLSec
セッション時間:メッセージ処理セッションの最大時間。
長いテキスト
100
popMailPeriodSec
POP3 ポーリング期間
長いテキスト
300
popQueueSize
読み取りメッセージのキューサイズ
長いテキスト
100
popTimeoutSec
POP3 サーバーとの通信タイムアウト。
長いテキスト
300
processRestartTime
処理が自動的に再度開始される時間. 詳しくは、 自動プロセス再起動.
文字列
'06:00:00'
reloadPeriodSec
ポーリングするアカウントのデータベース再読み込み頻度。
長いテキスト
600
runLevel
開始時の優先順位. 優先順位の低いモジュールが最初に開始され、最後に停止されます。したがって、syslogd モジュールは優先順位 0 である必要があります。
ショート
10

msgDump

inMail > msgDump ノードで、次のパラメーターを設定します。 これは、処理されたメッセージのダンプの設定です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
ダンプ
すべての受信メッセージをテキスト形式で保存します。
ブール値
false
msgPath
メッセージダンプのパス。
文字列
'/tmp/inMail'

相互作用の

次に、 相互作用の ノード。 これは、インバウンドインタラクションイベントの書き込みデーモンの設定です。

詳しくは、 インタラクション — データバッファ.

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
args
スタートアップパラメーター
文字列

autoStart
自動で開始
ブール値
false
callDataSize
最大呼び出しデータ用に共有メモリに保存される文字数。
長いテキスト
0
initScript
処理の開始時に実行する JavaScript の ID
文字列

maxProcessMemoryAlertMb
メモリ消費アラート:特定のプロセスが消費した RAM の量 (MB) に関するアラート。
長いテキスト
1800
maxProcessMemoryWarningMb
メモリ消費量警告:特定のプロセスで消費された RAM の量(MB 単位)に関する警告。
長いテキスト
1600
maxSharedEntries
最大共有メモリに保存されるイベントの数。
長いテキスト
25000
nextOffersSize
提案直後に並べ替えられ、統計用に保存される適格オファーの最大数.
長いテキスト
0
processRestartTime
処理が自動的に再度開始される時間. 詳しくは、 自動プロセス再起動.
文字列
'06:00:00'
runLevel
開始時の優先順位. 優先順位の低いモジュールが最初に開始され、最後に停止されます。したがって、syslogd モジュールは優先順位 0 である必要があります。
ショート
10
statsPeriod
応答時間統計の集計期間(秒)。 0 は、統計の保存が無効化されたことを意味します。
長いテキスト
600
targetKeySize
最大個人を識別するために共有メモリに保存される文字の数。
長いテキスト
16

MTA

次に、 mta ノード。 これは、配信エージェントの設定です。

b
パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
args
スタートアップパラメーター
文字列
'-tracefilter:nlmta'
autoStart
自動で開始
ブール値
false
dataLogPath
送信した電子メールのパスを保存:空でない場合は、送信された e メールのすべてのソースファイルが保存されるパス。
文字列

debugPath
ダンプディレクトリ:空でない場合は、このディレクトリに送信メールメッセージの MIME エンベロープをコピーします。 トラブルシューティングに使用されます。
文字列

dnsRequestLogDelayMs
DNS クエリログの遅延:ログを表示する時間(ミリ秒単位)。
長いテキスト

errorPeriodSec
エラー統計の頻度:統計の生成からデータベースへの保存までの時間。
長いテキスト
300
initScript
処理の開始時に実行する JavaScript の ID.
文字列

logEmailErrors
エラー統計を生成してデータベースに保存します。
ブール値
true
logLevel
ログメッセージのレベルを表示します。データベースに書き込まれたログの重大度レベル。 MTA で生成されるログメッセージは、必ずしもデータベースに書き込まれるわけではありません。 このパラメーターを使用して、メッセージをデータベースに書き込む必要があると考えるレベルを定義できます。 レベル 2 を定義すると、レベル 1 と 0 のメッセージも書き込まれ、レベル 1 を定義すると、レベル 1 と 0 のメッセージのみが書き込まれます。 次の値を指定できます。0(エラー)、1(警告)、2(情報)
長いテキスト
2
maxMemoryMb
MTA プロセスが使用できる最大メモリサイズ (MB)。この制限を超えると MTA プロセスが再起動され、使用しているメモリはシステムに解放されます。
長いテキスト
1024
maxProcessMemoryAlertMb
メモリ消費アラート:特定のプロセスが消費した RAM の量 (MB) に関するアラート。
長いテキスト
1800
maxProcessMemoryWarningMb
メモリ消費量警告:特定のプロセスで消費された RAM の量(MB 単位)に関する警告。
長いテキスト
1600
minConnectionsToLog
考慮する接続しきい値. errorPeriodSec で指定される期間の接続の合計数がしきい値よりも厳密に低い場合、エラー統計は指定のパスに対して生成されません。
長いテキスト
100
minErrorsToLog
考慮するエラーしきい値:errorPeriodSec で指定された期間のエラーの合計数がしきい値より厳密に低い場合、指定されたパスに対するエラー統計は生成されません。
長いテキスト
1
minMessagesToLog
考慮するメッセージしきい値. errorPeriodSec で指定する期間に送信されたメッセージの合計数が厳密にはしきい値を下回る場合、指定されたパスに対するエラー統計は生成されません。
長いテキスト
1000
notifRelay
通知リレー:HostName:通知のリレーに使用するポート。
文字列

processRestartTime
処理が自動的に再度開始される時間. 詳しくは、 自動プロセス再起動.
文字列
'06:00:00'
purgeDataLogDelay
アーカイブした E メールが削除されるまでの遅延時間:dataLogPath で指定したディレクトリにアーカイブされた E メールがパージされるまでの日数。
長いテキスト
15
retryLostMessages
失われたメッセージを再試行:子プロセスが無効になった場合、配信の一部が再試行されます。
ブール値
true
runLevel
開始時の優先順位. 優先順位の低いモジュールが最初に開始され、最後に停止されます。したがって、syslogd モジュールは優先順位 0 である必要があります。
ショート
10
signEmailLinks
署名メカニズムを有効にします。 これにより、E メール内のリンクの追跡に関するセキュリティが向上します。
ブール値
true
statServerAddress
配信統計サーバーのアドレス(指定名: ) <dns or="" ip=""> [: <port> ]. 詳しくは、 統計サーバーの座標.
文字列
定義されていない場合、デフォルトのポートは 7777 です。
statServerTLSSupport
ドメイン別の TLS を有効にする:MX で設定可能な TLS を有効にします(最新の統計サーバーが必要です)。
ブール値
true
statServerVersion
使用するプロトコルのバージョン:通信プロトコルのバージョン(v5.11 および 6.0.2 サーバーの場合は 1、v6.1 サーバーの場合は 2)。
文字列
未定義の場合は、最新バージョンが使用されます。
useMomentum
"true"に設定した場合、インスタンスは 拡張 MTA.
ブール値

verifyMode
検証モード:検証モードを有効化します(メッセージの物理的な送信は行いません)。シミュレーションとテストに使用 )。
ブール値
false
workingPath
作業ディレクトリ:MTA が子プロセスとの通信に使用する一時ファイルの場所。
文字列
'$(XTK_INSTALL_DIR)/var/$(INSTANCE_NAME)/mta/'
xMailer
X-Mailer フィールド:SMTP メールヘッダーの「X-Mailer」フィールドの値。
文字列
'nlserver,ビルド$(PRODUCT_VERSION)'

キャッシュ

キャッシュ ノードで、次のパラメーターを設定します。 これは、ローカルファイルキャッシュ設定です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
maxPeriodSec
次の後にリサイクル:ストレージを再利用するためにファイルがキャッシュから自動的に削除されるまでの期間(秒単位)。
長いテキスト
244800
maxSizeOnDiskMb
最大キャッシュサイズ (MB)。
長いテキスト
1024
purgePeriodSec
パージ頻度:キャッシュパージメカニズムの実行間隔(秒)。
長いテキスト
3600

リレー

mta > リレー ノードで、次のパラメーターを設定します。 これは、メッセージ配信用のメールサーバーの設定です。

リストは、MX DNS クエリが返す MX のリストと同じ方法で処理されます。通常、最初の MX は使用可能な限り使用され、次の MX が使用されるなどと同様に、最初の MX が使用されます。

詳しくは、 SMTP リレー.

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
住所
使用する SMTP リレーの DNS 名または IP アドレスのコンマ区切りリスト。
文字列

ポート
SMTP サーバーの IP ポート。
長いテキスト
25

プライマリ

mta > master ノードで、次のパラメーターを設定します。 これはメインサーバーの設定です。

詳しくは、 セクション.

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
dataBasePoolPeriodSec
配信するジョブに対するデータベースポーリング頻度。この値はデータベースのポーリング頻度 (秒) を示します。配信待ちのジョブのリストを取得するために、MTA は定期的にデータベースをポーリングします。待機中のジョブがない場合、ポーリング期間はこの値によって定義されます。待機中のジョブがあり、ジョブが子サーバーに転送された場合は、できるだけ早く新しいジョブを再び処理できるようにするために (つまりできるだけ早く子サーバーが再び利用可能になるように)、このポーリング期間は自動的に 1 秒に短縮されます。これは、子サーバーが再び利用可能になるまでデータベースクエリが毎秒実行されるということを意味しません。実際は、少なくとも 1 つの子サーバーが利用可能になった場合にのみデータベースアクセスがおこなわれます。
長いテキスト
30
dataBaseRetryDelaySec
データベースへの接続の失敗後に待機する期間。通常、データベース接続が失敗する原因は、データベースサーバー自体にあります。例えば、サーバーは、メンテナンスのために停止されることもあります。データベース接続が失敗した場合に接続を再試行するまでの時間は、DataBaseRetryDelay パラメーターで定義します。
長いテキスト
60
domainKeysReloadPeriodSec
秘密鍵のキャッシュの有効期間 (DomainKeys)。DomainKeys の推奨事項 (http://antispam.yahoo.com/domainkeys) に従った E メールへの署名に使用される秘密鍵は、データベース内にオプションとして保存されます。domainKeysReloadPeriodSec パラメーターに、MTA がこれらの鍵をキャッシュに保持できる秒数を定義します。この時間が過ぎた後は、すべての鍵をデータベースから再度読み込む必要があります。
長いテキスト
600
maxSpareServers
子サーバーの最大数。実行しているサービスの最大数を表します。サーバーメモリリソースと互換性がある最適値で制限することをお勧めします。これは、配信中にチェックできます。使用されるメモリは、利用可能な物理メモリの 3 分の 1 以下にする必要があります。それ以上になると、スワップが使用されます。詳しくは、 MTA 子プロセス.
長いテキスト
2
minSpareServers
子サーバーの最小数。MTA は少なくともこの数のサーバーが実行され続けるようにします。サーバーの数がこれよりも少ない場合は、この値に達するまで毎秒新しいサーバーを再起動します。
長いテキスト
0
startSpareServers
起動時の子サーバーの数。子サーバーの数が動的に監視されます。MTA の起動時に、この値で指定した最大数の子サーバーが作成されます。通常、子サーバーは、ホストリソースを保存するために、秒単位の 1 台のサーバーより速く開始することはできません。ただし、MTA を起動した場合、子サーバーができるだけ早く使用可能になるように、この制限は上書きされます。
長いテキスト
0

mta > child ノードで、次のパラメーターを設定します。 子サーバーの設定です。

詳しくは、 E メール送信の最適化.

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
extraArgs
オプションのコマンドライン引数
文字列

idleChildTimeoutSec
アイドル状態の子サーバーが停止するまで中断。子サーバーのアイドル時間がこのパラメーターより大きい場合、自分自身を自動的に kill してホストのリソースを解放します。
長いテキスト
60
maxAgeSec
最大メッセージ保持時間。準備されたメッセージがスロットルによって送信されなかった場合やターゲット MTA に接続できなかった場合、メッセージは破棄され、次の再試行で処理されます。
長いテキスト
600
maxGCMConnectPerChild
各子サーバーによって開始された FCM に対する並列 HTTP リクエストの最大数.
長いテキスト
8
maxMsgPerChild
子サーバーごとの最大メッセージ数。それぞれの MTA の子はこの数のメッセージを処理して終了します。MTA でのメモリまたはリソースリークが悪影響を及ぼさない程度の数を指定することが重要です (通常は数千)。MTA コード内に既知のメモリリークが存在していない場合でも、埋め込まれた JavaScript および XSL エンジンは完全に信頼できるものではありません。
長いテキスト
5000000
maxWaitingMessages
保留中のメッセージ:メモリ内で配信を待機しているメッセージの最大数。
長いテキスト
2000 年
maxWorkingSetMb
子プロセスが使用できる最大メモリサイズ(MB 単位)。この制限を超えると、プロセスは停止し、使用するメモリがシステムに解放されます。
長いテキスト
128
soapConnectorTimeoutSec
配信コネクタの SOAP 接続が破棄されるまでのタイムアウト (秒)。
長いテキスト
600
startWithFirstMX
常に最優先 MX で開始.
ブール値
false
timeToLive
再開時に連続して再試行する最大回数。
長いテキスト
48

mta > child > smtp ノードで、次のパラメーターを設定します。 これは SMTP セッションの設定です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
enableTLS
リモートサーバーでサポートされる場合、セーフモードで E メールの配信を有効化します (STARTTLS/SMTPS)。
ブール値
false
idleSessionTimeoutSec
アイドルセッションがタイムアウトになりました。このパラメーターは、あるドメインに対して複数のメッセージを転送するためにセッションが再利用される場合にのみ使用されます。MTA によってメッセージの転送が完了した場合、使用していた SMTP セッションはシステム的にはクローズされません。この同じドメインへのメッセージの送信準備が整えば、同じ SMTP セッションが再利用されます。このため、セッションは自動的にクローズされません。パラメーター IdleSessionTimeout では、別のメッセージを待機するために SMTP セッションがアクティブな状態を維持できる時間を定義します。その時間が経過した後、セッションは自動的にクローズされます。
長いテキスト
5
initialDelaySec
接続を再試行する前の初期遅延. この遅延は、接続に失敗するたびに 2 倍になります。
長いテキスト
4
maxSessionsPerChild
子サーバーによる SMTP セッションの最大数。メッセージを配信するために、この MTA は受信者 MTA との SMTP 接続を初期化します。1 台の子サーバーでのアクティブな同時 SMTP セッションの最大数はこの値によって制限されます。この値と maxSpareServers の値を乗算すると、1 台の子サーバーで同時に処理できるメッセージの最大数がわかります。
長いテキスト
1000

mta > child > smtp > IPAffinity ノードで、次のパラメーターを設定します。 これは、最適化された送信 SMTP トラフィックの IP アドレスを使用したアフィニティの管理の設定です。

詳しくは、 使用する IP アドレスのリスト および アフィニティを使用したアウトバウンド SMTP トラフィックの管理.

パラメーター 説明 タイプ
localDomain
ドメイン名:IP アドレスにリンクされたローカルドメイン名。 SMTP HELO コマンドを発行する際に使用します。
文字列
名前
論理名:ユーザーによるアフィニティにリンクされた名前。 名前はセミコロンを使用して区切られます。
文字列

mta > child > smtp > IP ノードで、次のパラメーターを設定します。

詳しくは、 使用する IP アドレスのリスト.

パラメーター 説明 タイプ
住所
関連する物理アドレス。例:'192.168.0.1'
文字列
publicId
関連付けられたパブリックアドレス ID です。統計サーバーのキーとして使用されます。数値で指定する必要があります。こちらを参照してください。
長いテキスト
重み付け
この IP の使用頻度を他の IP に相対的に指定します (重みを大きくすると頻度が高くなります)。
長いテキスト
includeDomains
含めるドメインマスクのコンマ区切りリスト.
文字列
excludeDomains
除外するドメインマスクのコンマ区切りのリスト.
文字列
heloHost
IP アドレスにリンクされたコンピューター名です。SMTP HELO コマンドの発行時に使用します。
文字列

nmac

次に、 nmac ノード。 これは、プッシュ通知配信のの設定です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
useHTTPProxy
共有 / プロキシ HTTP で定義された HTTP プロキシを使用.
ブール値
false

リレー

次に、 nmac > リレー ノード。 これにより、メッセージ配信(ios http2 コネクタ)にリレーを使用するように設定します。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
住所
使用するリレーの DNS アドレスまたは名前。
文字列
ポート
リレーポート
長いテキスト
443
trustedCertsChain
証明書チェーン (PEM ファイル)。モックサーバー使用時に役立ちます.
文字列

パイプライン

次に、 パイプライン ノード。 これは、パイプラインサービスのイベント処理モジュールの設定です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
appName
公開鍵が保存されたときに Developer Connection で生成されたアプリケーションの名前。
文字列

args
スタートアップパラメーター
文字列

authGatewayEndpoint
ゲートウェイトークンを取得する URL.
文字列
'https://api.omniture.com'
authPrivateKey
トークンを取得するための秘密鍵 (AES で XtkKey オプションを指定して暗号化).
文字列

autoStart
自動で開始
ブール値
false
disableAuth
認証を無効にする:認証なしでパイプラインサービスに接続します。
ブール値
2
discoverPipelineEndpoint
パイプラインサービス URL を検出するための URL.
文字列
'https://producer-pipeline-pnw.adobe.net'
dumpStatePeriodSec
ステータス保存期間:プロセスの内部情報がファイルに保存される頻度。 0 の場合は非アクティブです。
長いテキスト
0
forcedPipelineEndpoint
リスニング URL:パイプラインサービスのリスニング URL を強制的に使用します。
文字列

initScript
処理の開始時に実行する JavaScript の ID.
文字列

maxProcessMemoryAlertMb
メモリ消費アラート:特定のプロセスが消費した RAM の量 (MB) に関するアラート。
長いテキスト
1800
maxProcessMemoryWarningMb
メモリ消費量警告:特定のプロセスで消費された RAM の量(MB 単位)に関する警告。
長いテキスト
1600
monitorServerPort
ステータスサーバーポート:プロセスのステータスを問い合わせる HTTP サーバーポート。 0 の場合は非アクティブです。
長いテキスト
7781
pointerFlushMessageCount
この数のメッセージが処理されるたびにポインターがデータベースに格納されます。

1000
pointerFlushPeriodSec
ポインターが保存されるまでの遅延時間:ポインターは、この期間中に少なくとも 1 回データベースに保存されます(低アクティビティの場合に役立ちます)。
長いテキスト
5
processRestartTime
処理が自動的に再度開始される時間. 詳しくは、 自動プロセス再起動.
文字列
'06:00:00'
processingJSThreads
パーソナライズされた JavaScript コネクタによるイベント処理のスレッド数。
長いテキスト
4
processingThreads
イベント処理用のスレッド数
長いテキスト
4
retryPeriodSec
失敗があった場合の処理間の遅延.
長いテキスト
30
retryValiditySec
次の期間を過ぎると離脱:この期間が過ぎても処理が失敗する場合は、イベントを破棄します。
長いテキスト
300
runLevel
開始時の優先順位. 優先順位の低いモジュールが最初に開始され、最後に停止されます。したがって、syslogd モジュールは優先順位 0 である必要があります。
ショート
10

修理

次に、 修理 ノード。 これは、データベース修復モジュールの設定です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
repairActionDelayMin
配信アクションの修復モジュール:修復モジュールで配信アクションを処理できるまでの遅延(分)。
長いテキスト
60

securityZone

次に、 securityZone ノード。

詳しくは、 セキュリティゾーンの定義.

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
allowDebug
Web アプリケーションのデバッグモードを許可.
ブール値
false
allowEmptyPassword
パスワードなしでアプリケーションを使用することをユーザーに許可.
ブール値
false
allowHTTP
オペレーターのログオンに HTTP の使用を許可.
ブール値
false
allowSQLInjection
式で SQLDATA の使用を承認.
ブール値
false
allowUserPassword
ユーザー / パスワードセッショントークンを許可.
ブール値
false
ラベル
ラベル
文字列
NewLabel()
名前
内部名
文字列
NewName()
sessionTokenOnly
セキュリティトークンを使用しない.
ブール値
false
showErrors
エラーの詳細を表示
ブール値
false

次にデフォルトの設定を示します。

<securityZone allowDebug="false" allowHTTP="false" allowSQLInjection="false" label="Public Network" name="public">
  <subNetwork name="all" label="All addresses" mask="*" proxy="127.0.0.1, ::1"/>

  <securityZone allowDebug="true" allowHTTP="false" allowSQLInjection="false" label="Private Network (VPN)"
                name="vpn" showErrors="true">

    <securityZone allowDebug="true" allowEmptyPassword="false" allowHTTP="true" allowUserPassword="false"
                  allowSQLInjection="false" label="Private Network (LAN)" name="lan" sessionTokenOnly="true"
                  showErrors="true">
      <subNetwork name="lan1" label="Lan 1" mask="192.168.0.0/16" proxy="127.0.0.1, ::1"/>
      <subNetwork name="lan2" label="Lan 2" mask="172.16.0.0/12" proxy="127.0.0.1, ::1"/>
      <subNetwork name="lan3" label="Lan 3" mask="10.0.0.0/8" proxy="127.0.0.1, ::1"/>
      <subNetwork name="localhost" label="Localhost" mask="127.0.0.0/8" proxy="127.0.0.1, ::1"/>
      <subNetwork name="lan6"  label="Lan (IPv6)" mask="fc00::/7" proxy="127.0.0.1, ::1"/>
      <subNetwork name="lan6b" label="Lan (IPv6)" mask="fe80::/10" proxy="127.0.0.1, ::1"/>
      <subNetwork name="localhost6" label="Localhost (IPv6)" mask="::1/128" proxy="127.0.0.1, ::1"/>
    </securityZone>

  </securityZone>
</securityZone>

subNetwork

次に、 securityZone > subNetwork ノード。

詳しくは、 セキュリティゾーンの定義.

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
ラベル
ラベル
文字列
NewLabel()
マスク
マスクまたはアドレス
文字列

名前
内部名
文字列
NewName()
プロキシ
このサブネットワークでインスタンスにアクセスするために使用されている (リバース) プロキシのマスクまたはアドレス。この場合、「X-Forwarded-For」ヘッダーがこのプロキシの代わりにテストされます。
文字列
127.0.0.1

SMS

次に、 sms ノード。 これは、インバウンド SMS 管理モジュールの設定です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
args
スタートアップパラメーター
文字列

autoStart
自動で開始
ブール値
false
dataRetentionDays
SMPP コネクタで保持される作業ファイルの最大数。
長いテキスト
60
dataSizeMo
SMPP 作業ファイルの最大サイズ (MB)。
長いテキスト
512
initScript
処理の開始時に実行する JavaScript の ID.
文字列

keepAlivePeriod
セッション継続フレームの繰り返し:最大 受信セッションがまだ有効であることを通知する 2 つのフレーム間の時間(秒)。
長いテキスト
25
maxProcessMemoryAlertMb
メモリ消費アラート:特定のプロセスが消費した RAM の量 (MB) に関するアラート。
長いテキスト
1800
maxProcessMemoryWarningMb
メモリ消費量警告:特定のプロセスで消費された RAM の量(MB 単位)に関する警告。
長いテキスト
1600
pollPeriod
検索頻度:SMS アカウントのポーリング期間。
長いテキスト
300
processRestartTime
処理が自動的に再度開始される時間. 詳しくは、 自動プロセス再起動.
文字列
'06:00:00'
reloadPeriod
アカウント再読み込み頻度:ポーリングするアカウントのデータベース再読み込み頻度。
長いテキスト
600
runLevel
開始時の優先順位. 優先順位の低いモジュールが最初に開始され、最後に停止されます。したがって、syslogd モジュールは優先順位 0 である必要があります。
ショート
10
srReadDelay
SR 処理の遅延秒数:現在の時刻から srReadDelay を引いた時間(秒)よりも前の復元日を持つ SR のみ。
長いテキスト
600
タイムアウト
SMS ゲートウェイでの通信タイムアウト。
長いテキスト
300

netsize

次に、 sms > netsize ノード。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
netsizeConnectionTimeout
Netsize との接続を確立する際のタイムアウト(秒)。
長いテキスト
30

stat

次に、 stat ノード。 これは、MTA 統計モジュールの設定です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
args
スタートアップパラメーター
文字列

autoStart
自動で開始
ブール値
false
initScript
処理の開始時に実行する JavaScript の ID.
文字列

maxProcessMemoryAlertMb
メモリ消費アラート:特定のプロセスが消費した RAM の量 (MB) に関するアラート。
長いテキスト
1800
maxProcessMemoryWarningMb
メモリ消費量警告:特定のプロセスで消費された RAM の量(MB 単位)に関する警告。
長いテキスト
1600
ポート
サーバーリスニングポート. こちらを参照してください。
ショート

processRestartTime
処理が自動的に再度開始される時間. 詳しくは、 自動プロセス再起動.
文字列
'06:00:00'
runLevel
開始時の優先順位. 優先順位の低いモジュールが最初に開始され、最後に停止されます。したがって、syslogd モジュールは優先順位 0 である必要があります。
ショート
10

syslogd

次に、 syslogd ノード。 これは、ログ管理モジュールの設定です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
args
スタートアップパラメーター
文字列

autoStart
自動で開始
ブール値
false
initScript
処理の開始時に実行する JavaScript の ID.
文字列

maxFileSizeMb
ログファイルの最大サイズ (MB)。
長いテキスト
10
maxNumberOfLoginsFiles
保持する logins.log ファイルの最大数.
長いテキスト
365
maxProcessMemoryAlertMb
メモリ消費アラート:特定のプロセスが消費した RAM の量 (MB) に関するアラート。
長いテキスト
1800
maxProcessMemoryWarningMb
メモリ消費量警告:特定のプロセスで消費された RAM の量(MB 単位)に関する警告。
長いテキスト
1600
processRestartTime
処理が自動的に再度開始される時間. 詳しくは、 自動プロセス再起動.
文字列
'06:00:00'
runLevel
開始時の優先順位. 優先順位の低いモジュールが最初に開始され、最後に停止されます。したがって、syslogd モジュールは優先順位 0 である必要があります。
ショート
10

tracking

次に、 tracking ノード。 これはトラッキングサーバーの設定です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
args
スタートアップパラメーター
文字列

autoStart
自動で開始
ブール値
false
blockRedirectForUnsignedTrackingLink
以前のビルドで生成された、形式の正しくない URL を無効にします。
ブール値
false
consolidationPeriodSec
統合期間
長いテキスト
300
dedupOpenPeriodMin
開口部の重複を排除:重複する開封トラッキングログを削除して、Outlook などのメールリーダーでのメールプレビューの影響を制限します。
長いテキスト
1
errorIgnorePercent
最大 X%のエラーを無視:まだ考慮に入れていないジャーナルの割合がこの値に達しない限り、トラッキング指標を更新しません。
バイト
1
errorIgnorePeriod
エラー指標を更新:エラー指標が再計算されるまでの最大時間です。
長いテキスト
86400
indicatorsDuration
次の期間に指標を計算:配信の有効日以降の期間。この日を過ぎると、統合指標は計算されなくなります。
長いテキスト
2592000
initScript
処理の開始時に実行する JavaScript の ID
文字列

logCountPerRequest
リモートトラッキングサーバーに対する呼び出しによってリクエストされたログの数.
長いテキスト
1000
maxProcessMemoryAlertMb
メモリ消費アラート:特定のプロセスが消費した RAM の量 (MB) に関するアラート。
長いテキスト
1800
maxProcessMemoryWarningMb
メモリ消費量警告:特定のプロセスで消費された RAM の量(MB 単位)に関する警告。
長いテキスト
1600
phishbowlServiceAPIKey
Phishbowl サービスエンドポイント統合の API キー。 これにより、古いビルドから生成された不正な URL のリダイレクトが保護されます。
長いテキスト

phishbowlServiceEndpoint
Phishbowl サービスエンドポイント統合のエンドポイント。 これにより、古いビルドから生成された不正な URL のリダイレクトが保護されます。
長いテキスト

processRestartTime
処理が自動的に再度開始される時間. 詳しくは、 自動プロセス再起動.
文字列
'06:00:00'
runLevel
開始時の優先順位. 優先順位の低いモジュールが最初に開始され、最後に停止されます。したがって、syslogd モジュールは優先順位 0 である必要があります。
ショート
10
trackingIgnorePercent
最大 X%までのトラッキングを無視:まだ考慮に入れていないジャーナルの割合がこの値に達しない限り、トラッキング指標を更新しません。
バイト
1
trackingIgnorePeriod
トラッキング指標を更新:指標を追跡するまでの最大時間が再計算されます。
長いテキスト
86400
userAgentCacheSize
ブラウザー識別子のキャッシュのサイズ
長いテキスト
500

trackinglogd

次に、 trackinglogd ノード。 これは、トラッキングログ書き込みデーモンの設定です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
args
スタートアップパラメーター
文字列

autoStart
自動で開始
ブール値
false
initScript
処理の開始時に実行する JavaScript の ID
文字列

maxCreateFileRetry
最大書き込み再試行数:ログファイルへの書き込みに失敗した場合に作成できるファイルの最大数
長いテキスト
5
maxLogsSizeOnDiskMb
最大ログサイズ:ディスク上のログが使用する最大容量(MB 単位)。 100 MB 以上にする必要があります。
長いテキスト
500
maxProcessMemoryAlertMb
メモリ消費アラート:特定のプロセスが消費した RAM の量 (MB) に関するアラート。
長いテキスト
1800
maxProcessMemoryWarningMb
メモリ消費量警告:特定のプロセスで消費された RAM の量(MB 単位)に関する警告。
長いテキスト
1600
maxSharedLogs
最大ログ数:共有メモリに保存されるログの最大数 10000より小さい値は指定できません。
長いテキスト
25000
processRestartTime
処理が自動的に再度開始される時間. 詳しくは、 自動プロセス再起動.
文字列
'06:00:00'
purgeLogsPeriod
パージ前のログ数:ログファイルのパージを開始する前に挿入されたログの数。 50000以下にする必要があります。
長いテキスト
50000
runLevel
開始時の優先順位. 優先順位の低いモジュールが最初に開始され、最後に停止されます。したがって、syslogd モジュールは優先順位 0 である必要があります。
ショート
10
webTrackingParamSize
追加の Web トラッキングパラメーターの共有メモリに保存される最大文字数.
長いテキスト
64

Web

次に、 web ノード。 これは、Web モジュールの設定です。

詳しくは、 セクション.

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
JVMOptions
文字列として渡される JVM オプション。
文字列

MaxThreads
スレッドの最大数です。
長いテキスト
75
MinSpareThreads
スレッドの最小数。
長いテキスト
5
args
スタートアップパラメーター
文字列

autoStart
自動で開始
ブール値
false
controlPort
Tomcat のリスニング制御ポート:参照する Tomcat の設定.
ショート
8005
httpPort
Tomcat HTTP リスニングポート:参照する Tomcat の設定.
ショート
8080
initScript
処理の開始時に実行する JavaScript の ID.
文字列

maxDeliveryQueueSize
SubmitDelivery 呼び出し用のキューのサイズ:キューに格納できる SubmitDelivery SOAP 呼び出しの最大数。
長いテキスト
50
maxProcessMemoryAlertMb
メモリ消費アラート:特定のプロセスが消費した RAM の量 (MB) に関するアラート。
長いテキスト
1800
maxProcessMemoryWarningMb
メモリ消費量警告:特定のプロセスで消費された RAM の量(MB 単位)に関する警告
長いテキスト
1600
notifRelay
通知リレー:通知のリレーを有効にする HostName:Port。
文字列

processRestartTime
処理が自動的に再度開始される時間. 詳しくは、 自動プロセス再起動.
文字列
'06:00:00'
runLevel
開始時の優先順位. 優先順位の低いモジュールが最初に開始され、最後に停止されます。したがって、syslogd モジュールは優先順位 0 である必要があります。
ショート
10
startSoapRouterInModule
モジュールモードで SOAP ルーターを起動します。
ブール値
false

jsp

次に、 web > jsp ノード。 これは、JSP で使用されるパラメータの設定です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
デバッグ
デバッグモードで JSP を実行するかどうか.
ブール値

downloadPath
ダウンロードフォルダ:クライアントコンソール用のインストールプログラムのダウンロードパス。
文字列
'$(XTK_INSTALL_DIR)/datakit/nl/eng/jsp'
foFileName
.fo ファイルのパス。
文字列

soapRouter
SOAP ルーターの URL (http://myserver/xxx, http://jni or mailto:xxx).
文字列
'http://jni'

この web > jsp > classpath ノードには、JVM の起動時に使用するすべてのクラスパスのリストが含まれます。 次にデフォルトの設定を示します。

'$(XTK_INSTALL_DIR)/tomcat-8/bin/bootstrap.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/tomcat-8/bin/tomcat-juli.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/tomcat-8/lib/tomcat-coyote.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/tomcat-8/lib/tomcat-util.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/tomcat-8/lib/tomcat-api.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/tomcat-8/lib/servlet-api.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/tomcat-8/lib/jsp-api.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/tomcat-8/lib/el-api.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/tomcat-8/lib/annotations-api.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/tomcat-8/lib/catalina.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/tomcat-8/lib/websocket-api.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/tomcat-8/lib/tomcat7-websocket.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/pdfbox-2.0.4.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/FontBox-0.1.0.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/AGJavaEndpoint.22.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/NSGConstants.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/smpp.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/nlweb.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/jcaptcha-all.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/apns-1.0.0.Beta6-jar-with-dependencies.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/commons-collections-3.2.2.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/jcommon-1.0.16.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/jfreechart-1.0.13.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/barcode4j-light.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/zxing.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/raztec.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/gson-2.7.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/alpn-api-1.1.3.v20160715.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/netty-all-4.1.6.Final.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/netty-tcnative-boringssl-static-1.1.33.Fork22.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/pushy-0.8.1.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/slf4j-api-1.7.21.jar
          $(XTK_INSTALL_DIR)/java/lib/slf4j-simple-1.7.21.jar'

jssp

次に、 web > jssp ノード。 これは、JSSP で使用されるパラメーターの設定です。

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
collectsGarbageAfterRequest
各クエリの後で JavaScript コンテキストのガベージコレクターを有効にします。
ブール値
true
timeToLive
JavaScript コンテキストで提供されるページの最大数。
長いテキスト
1000

この web > jsp > classpath ノードには、JVM の起動時に使用するすべてのクラスパスのリストが含まれます。

リレー

次に、 web > リレー ノード。 これは、2 つのゾーン間の HTTP 要求のリレーの設定です。

詳しくは、 セクション.

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
debugRelay
Web サーバー内の HTTP リレーモジュールをデバッグモードで起動します.
ブール値
false
forbiddenCharsInAuthority
禁止されている文字(ドメイン) :URI の「authority」セクションで禁止されている文字のリスト。
文字列
'.?#@/:'
forbiddenCharsInPath
禁止されている文字(パス) :URI の「パス」セクションでの禁止文字のリスト。
文字列
'?#/'
modDir
「mod_dir」モジュールオプションの値:フォルダーに対するクエリ中に使用するファイルのリスト。
文字列
'index.md'
startRelay
HTTP リレーモジュールを開始.
ブール値
false
startRelayInModule
Web サーバー内で HTTP リレーモジュールを起動します。
ブール値
true
タイムアウト
禁止された URL を削除するまでの待機時間です.
文字列
'60'

を追加します。 web /リレー/url 中継する URL ごとにノード(挿入順序は優先度を定義します)を次のパラメーターで指定します。

詳しくは、 動的ページのセキュリティとリレー および セクション.

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
IPMask
認証済み IP:このマスクのリレーを使用できるソース IP アドレスのコンマ区切りリスト。
文字列

拒否
これらの URL へのアクセスを拒否します (HTTP 403 エラーを返します)
ブール値

hostMask
リレーする DNS エイリアス:リレーする DNS エイリアスマスクのコンマ区切りリスト ( 例:'*.adobe.com') です。
文字列

httpAllowed
セキュリティゾーン(WebApps など)に関係なく、HTTP アクセスが許可されます。
ブール値

relayHost
元のホストを追加:リレー時に元のリクエストの HTTP「Host」ヘッダーを使用します。
ブール値

relayPath
初期 URL パスを追加:中継する URL の完全パスをターゲットページの URL に追加します。
ブール値

ステータス
パブリックリソースの同期ステータス(列挙)。 指定できる値は、「normal」(通常の実行)、「blacklist」(エラー 404 の場合はに追加される URL)、「spare」(既存の場合はスペアサーバー上のファイルアップロード)でブロックリストす。
文字列
標準
targetUrl
ターゲットページの URL:参照する Tomcat の設定.
文字列

タイムアウト
中継されるリクエストの最大実行時間(秒)。
長いテキスト

urlPath
中継する URL のマスク (例 : 「/nl*」、「*.jsp」)。
文字列

次にデフォルトの設定を示します。

<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true"
     status="normal" targetUrl="http://localhost:7781" timeout="" urlPath="/pipelined/*"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="normal" httpAllowed="false" urlPath="/view/*"/>
<url IPMask="" deny="true" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="normal" httpAllowed="false" urlPath="*ooconv.jsp*"/>
<url IPMask="" deny="true" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="normal" httpAllowed="false" urlPath="/res/*.jsp*"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="normal" httpAllowed="true" urlPath="*/sc.jssp"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="normal" httpAllowed="true" urlPath="*/interactionProposal.jssp"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="normal" httpAllowed="true" urlPath="*/zoneJson.jssp"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="normal" httpAllowed="true" urlPath="/nms/jsp/barcode.jsp"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="normal" httpAllowed="true" urlPath="/nms/jsp/captcha.jsp"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="normal" httpAllowed="true" urlPath="/nms/jsp/webForm.jsp"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="normal" httpAllowed="true" urlPath="/xtk/jsp/zoneinfo.jsp"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="normal" httpAllowed="true" urlPath="*/facebookCallback.jssp"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="normal" httpAllowed="true" urlPath="/nl/jsp/m.jsp"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="normal" httpAllowed="true" urlPath="/nl/jsp/s.jsp"/>

<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="blacklist" httpAllowed="false" urlPath="/nms/jsp/*.jsp"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="blacklist" httpAllowed="false" urlPath="/xtk/jsp/*.jsp"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="blacklist" httpAllowed="false" urlPath="/nl/jsp/*.jsp"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="blacklist" httpAllowed="false" urlPath="*.jssp"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="blacklist" httpAllowed="true" urlPath="/webApp/*"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="blacklist" httpAllowed="false" urlPath="/report/*"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="blacklist" httpAllowed="false" urlPath="/jssp/*"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="normal" httpAllowed="false" urlPath="/strings/*"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="normal" httpAllowed="true" urlPath="/interaction/*"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="normal" httpAllowed="true" urlPath="/barcode/*"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="true" relayPath="true" targetUrl="http://localhost:8080"
     timeout="" status="normal" httpAllowed="true" urlPath="/lineImage/*"/>

<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="false" relayPath="false" targetUrl=""
     timeout="" status="spare" httpAllowed="true" urlPath="/favicon.*"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="false" relayPath="false" targetUrl=""
     timeout="" status="spare" httpAllowed="true" urlPath="/*.md"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="false" relayPath="false" targetUrl=""
     timeout="" status="spare" httpAllowed="true" urlPath="/*.png"/>
<url IPMask="" deny="" hostMask="" relayHost="false" relayPath="false" targetUrl=""
     timeout="" status="spare" httpAllowed="true" urlPath="/*.jpg"/>

を追加します。 web > リレー > responseHeader リレーに転送される返信に追加する HTTP ヘッダーごとのノード。

詳しくは、 HTTP ヘッダーの管理.

パラメーター 説明 タイプ
名前
ヘッダー名
文字列
value
ヘッダーの値
文字列

次にデフォルトの設定を示します。

<responseHeader name="X-XSS-Protection" value="1; mode=block"/>

リダイレクト

次に、 web /リダイレクト ノード。 これは、リダイレクトモジュールの設定です。

詳しくは、 セクション.

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
IMSOrgId
組織 ID :Adobe Experience Cloud内の組織の一意の識別子。特に VisitorID サービスと IMS SSO で使用されます。
文字列

P3PCompactPolicy
永続的な Cookie に使用するポリシーを記述する値(P3P Compact Policy 形式に準拠)。
文字列
'CAO DSP COR CURa DEVa TAIa OUR BUS IND UNI COM NAV'
cookieDomain
Cookie を設定するドメインを明示的に示すために設定する、ドメインのコンマ区切りリスト。
文字列

databaseId
トラッキングインスタンスに関連付けられたデータベース識別子.
文字列

defLogCount
呼び出し別のログ数:メソッド GetTrackingLogs の呼び出し時にデフォルトで返されるログの数。
長いテキスト
30
expirationURL
期限切れリダイレクトのページ:配信アクションのリダイレクトの期限が切れた場合にリダイレクションサーバーがデフォルトで使用する Web ページの URL。
文字列

maxJobsInCache
最大ジョブ数:キャッシュ内の配信アクションの最大数。 50 以下にする必要があります。
長いテキスト
100
startRedirection
リダイレクトサービスを開始します。
ブール値
true
startRedirectionInModule
モジュールモードでリダイレクトサービスを開始します。
ブール値
true
trackWebVisitors
Web トラッキング:不明なユーザーが訪問したページのログの作成。
ブール値
false
trackingPassword
リダイレクションサーバーが使用するパスワード.
文字列

次に、 web > リダイレクト > spareServer ノード。

詳しくは、 重複した追跡.

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
enabledIf
次の場合に考慮:式が true を返した場合は、トラッキングサーバーが考慮されます。
文字列

ID
名前
文字列
1
url
予備リダイレクトサーバー URL
文字列

spamCheck

次に、 web > spamCheck ノード。 これは、 E メールスパム対策スコアリング評価パラメーターの設定です。

詳しくは、 SpamAssassin の設定.

パラメーター 説明 タイプ
command
E メールのスパム対策スコアを評価するために実行するコマンド ( 例:'perl spamcheck.pl') です。
文字列

wfserver

次に、 wfserver ノード。 これは、ワークフロープロセスの設定です。

詳しくは、 高可用性のワークフローとアフィニティ.

パラメーター 説明 タイプ デフォルト値
アフィニティ
アフィニティ
文字列

args
スタートアップパラメーター
文字列

autoStart
自動で開始
ブール値
false
dataBasePoolPeriodSec
期間
長いテキスト
20
initScript
処理の開始時に実行する JavaScript の ID.
文字列

maxProcessMemoryAlertMb
メモリ消費アラート:特定のプロセスが消費した RAM の量 (MB) に関するアラート。
長いテキスト
1800
maxProcessMemoryWarningMb
メモリ消費量警告:特定のプロセスで消費された RAM の量(MB 単位)に関する警告。
長いテキスト
1600
notifRelay
通知リレー:通知のリレーを有効にする HostName:Port。
文字列

processRestartTime
処理が自動的に再度開始される時間. 詳しくは、 自動プロセス再起動.
文字列
'06:00:00'
runLevel
開始時の優先順位. 優先順位の低いモジュールが最初に開始され、最後に停止されます。したがって、syslogd モジュールは優先順位 0 である必要があります。
ショート
10

このページ