[オンプレミス/ハイブリッドのみ]{class="badge yellow" title="オンプレミスデプロイメントとハイブリッドデプロイメントにのみ適用されます"}

Apache Tomcat の設定 configuring-tomcat

Adobe Campaignはを使用します apache Tomcat と呼ばれる埋め込み web サーブレット アプリケーションと外部インターフェイス(クライアントコンソール、トラッキングされる URL リンク、SOAP 呼び出しなど)の間の HTTP/HTTPS 要求を処理します。 多くの場合、外部に接続するAdobe Campaign インスタンス用に、このフォルダーの前に外部 web サーバー(通常は IIS または Apache)があります。

Campaign での Tomcat の詳細と、で Tomcat バージョンを見つける方法について説明します。 このページ.

AVAILABILITY
v7.4.1 以降、Tomcat 10.1 がデフォルトバージョンです。

Apache Tomcat のデフォルトポート default-port-for-tomcat

NOTE
この手順は、次の場合に制限されます オンプレミス のデプロイメント。

Tomcat サーバーの 8080 リスニングポートが、設定に必要な別のアプリケーションで既にビジー状態の場合、8080 ポートを空きのポート(例:8090)に置き換える必要があります。 変更するには、を編集します server.xml に保存されたファイル /tomcat-X/conf Adobe Campaign インストールフォルダーのディレクトリ。

次に、JSP リレーページのポートを変更します。 これを行うには、 serverConf.xml に保存されたファイル /conf Adobe Campaign インストールディレクトリのディレクトリ。

<serverConf>
   ...
   <web controlPort="8005" httpPort="8090"...
   <url ... targetUrl="http://localhost:8090"...

Apache Tomcat でのフォルダーのマッピング mapping-a-folder-in-tomcat

NOTE
この手順は、次の場合に制限されます オンプレミス のデプロイメント。

顧客固有の設定を定義するには、以下を作成します。 user_contexts.xml 内のファイル /tomcat-X/conf フォルダー(も含む) contexts.xml ファイル。

このファイルには、次のタイプの情報が含まれます。

 <Context path='/foo' docBase='../customers/foo'   crossContext='true' debug='0' reloadable='true' trusted='false'/>

必要に応じて、サーバー側でこの操作を再現できます。

Tomcat エラーレポートを非表示 hide-tomcat-error-report

NOTE
この手順は、次の場合に制限されます オンプレミス のデプロイメント。
この変更は、Campaign v7.4.1 以降、必要なくなりました。

セキュリティ上の理由から、Tomcat エラーレポートは非表示にすることを強くお勧めします。 次の手順に従います。

  1. を開きます server.xml に置かれたファイル /tomcat-X/conf Adobe Campaign インストールフォルダーのディレクトリ: /usr/local/neolane/nl6/tomcat-X/conf

  2. 既存のすべてのコンテキスト要素の後の下部に、次の要素を追加します。

    code language-xml
    <Valve className="org.apache.catalina.valves.ErrorReportValve" showReport="false" showServerInfo="false"/>
    
  3. nlserver と Apache web サーバーを再起動します。

recommendation-more-help
601d79c3-e613-4db3-889a-ae959cd9e3e1