匿名オーディエンスアクティベーションブループリント

匿名オーディエンスのアクティベーションは、匿名デバイスおよび行動データに基づいて、web、モバイル、広告の各チャネルをまたいでオーディエンスをターゲティングしてパーソナライズする機能です。

ユースケース

  • Web サイト、モバイルアプリ、またはサポートされる広告チャネルで、匿名デジタルオーディエンスのターゲティングとパーソナライゼーションを実行します。
  • 既知のデバイスや行動特性に基づいて、ランディングページと事前認証エクスペリエンスを最適化します。
  • Audience Manager のサードパーティデータネットワークを活用して、ターゲティング用のオーディエンスをさらに絞り込み、拡張します。

アプリケーション

  • Audience Manager
  • Real-time Customer Data Platform

Audience Manager と Real-time Customer Data Platform の両方を活用して、匿名オーディエンスアクティベーションをオンサイトと広告の宛先に使用できます。Real-time Customer Data Platform は、宛先ドキュメントに記載されている匿名デバイス識別子を持つ広告の宛先のサブセットのみをサポートしていることに留意してください。

Microsoft Bing、Google DV360、TradeDesk は、匿名デバイスベースのターゲティングでサポートされる、主な Real-time Customer Data Platform の広告の宛先です。この他にも、Real-time Customer Data Platform は多数の既知の顧客ベースの宛先をサポートします。それらは宛先ドキュメントに記載され、また既知の顧客アクティベーションブループリントで説明されています。

アーキテクチャ

匿名オーディエンスアクティベーションブループリントの参照アーキテクチャ

Audience Manager の実装手順

  • Audience Manager の実装について詳しくは、次のドキュメントを参照してください.

Real-time Customer Data Platform の実装手順

  • Real-time Customer Data Platform の実装手順については、次のドキュメントを参照してください。

関連ドキュメント

このページ