Adobe Analytics から Audience Manager にデータを転送する方法

このチュートリアルの手順に従い、Audience Manager Data Integration Library(DIL)コードでページからピクセルを送信する代わりに、Analytics データを Audience Manager に転送することができます。

ヒント

Adobe Experience Platform Launch を使用して Analytics データを Audience Manager に転送することをお勧めします。Launch を使用すると、このページで示すように、AppMeasurement に手動でコードをコピーする必要がなくなります。

前提条件

このドキュメントで説明した拡張機能の有効化やコードの実装に加えて、以下をおこなう必要があります。

実装

Adobe Analytics から Audience Manager へのデータ転送は、使用するタグ管理ソリューションに応じて、2 つの方法で実装できます。

Adobe Experience Platform Launch を使用した実装

Adobe では、Launch 拡張機能を使用して、プロパティで Adobe Analytics および Audience Manager を実装することをお勧めします。この場合、コードを手動でコピーする必要はありません。代わりに、以下の画像に示すように、Analytics Launch 拡張機能でデータ共有を有効にする必要があります。Adobe Analytics 拡張機能のドキュメントも参照してください。

ヒント

Adobe Analytics 拡張機能をインストールする場合、Audience Manager 拡張機能はインストール​しないでください。Analytics 拡張機能からのデータの転送は、Audience Manager 拡張機能に代わるものです。

Adobe Analytics 拡張機能から Audience Manager へのデータ転送を有効にする方法

コード要素の定義

コードサンプルの重要な変数の定義を次の表に示します。

パラメーター 説明
partner 必須。これは、Adobeによって割り当てられたパートナー名です。「partner ID」や「パートナーサブドメイン」と呼ばれることもあります。パートナー名が不明な場合は、Adobeのコンサルタントまたはカスタマーケアにお問い合わせください。
containerNSID 必須。ほとんどの場合は、"containerNSID":0 に設定できます。ただし、会社が異なるコンテナを使用して ID 同期をカスタマイズする必要がある場合、ここでそのコンテナ ID を指定できます。
uuidCookie オプションです。この設定を使用すると、ファーストパーティドメインに Adobe Cookie を設定できます。この cookie には、UUID が含まれます。
visitorService - namespace 必須。namespace パラメーターは、AppMeasurement バージョン 2.10 以降にバンドルされている AudienceManagement モジュールを使用する場合に必要です。この AudienceManagement モジュールでは、Adobe Experience Platform Identity Service 3.3 以降を使用する必要があります。

Experience Cloud Organization IDは、会社が Experience Cloud に新規登録したときに生成される ID です。「組織とアカウントのリンク」で、会社の組織 ID を確認します。

結果:Audience Manager へのデータ転送

以下の手順をおこなった後、Analytics 実装は Audience Manager にデータを送信します。

  • Server-Side Forwardingを有効にする(この機能については、コンサルタントにお問い合わせください)。
  • Adobe Experience Platform Identity Service を実装する。
  • このチュートリアルの実装手順に従う。

このプロセスは、以下の場合に Audience Manager にデータを送信します。

  • ページ表示の呼び出し時。
  • 追跡されたリンクから。
  • ビデオマイルストーンおよびハートビートビデオ表示から。
メモ

Analytics から Audience Manager に送信された変数は、特別なプレフィックスを使用します。Audience Manager 特性を作成する場合は、これらのプレフィックスについて理解し、考慮に入れる必要があります。これらのプレフィックスの詳細については、キー変数のプレフィックス要件を参照してください。

このページ