必要な Audience Manager ドキュメントとサポートをすべてここで確認します。役に立つガイドとチュートリアルを活用して、Audience Manager の概要を確認します。

Audience Manager は、オーディエンスデータアセットを 1 つにまとめるのに役立ちます。それにより、サイト訪問者について商業的に関連性のある情報の収集や、マーケティング用のセグメントの作成および適切なオーディエンスをターゲットにした広告やコンテンツの提供が容易になります。

ガイド

Adobe Audience Manager を使用してサイト訪問者に関する商業的に関連性の高い情報を収集し、市場向きのセグメントを作成する方法を説明します。また、ターゲット広告やコンテンツを適切なオーディエンスに提供する方法に関する詳細も確認できます。

Audience Manager の履歴、収集したデータのタイプ、セグメント化、レポートなどに関する情報です。

セグメントのコンポーネントと、オーディエンス認定条件の設定に使用する式について説明します。また、データの送信方法に関する情報も確認します。

宛先(広告サーバーや DSP など、データを共有するサードパーティ製システム)の利点、タイプ、使用方法を確認します。 宛先ビルダーを使用して、cookie、URL またはサーバー間の宛先を作成および管理します。

チュートリアル

基本用語と概念について

このサポートビデオで、シグナル、特性、セグメントなど、Adobe Audience Managerを開始するための基本的な用語と概念について説明します。

ID の概要

Audience Managerが ID を管理する方法(内部プロファイル、プロファイルの結合、パートナーとの ID 同期など)を確認します。

Analytics データ用のデータソースの作成

Adobe Analyticsなどの分析ソリューションで実稼働中のデータのデータソースを作成する方法を説明します。 分析データの特性を作成する前に、この操作を行います。

ブループリント:匿名オーディエンスアクティベーション

匿名および行動顧客データに基づいて、web および広告チャネルをまたいでオーディエンスをターゲットする方法を説明します。

ブループリント:行動に関する Web パーソナライゼーション

オンライン行動およびオーディエンスデータに基づいてパーソナライズする方法を説明します。

ブループリント:オンライン/オフラインの Web パーソナライゼーション

Web パーソナライズ機能を電子メールおよびその他の既知および匿名のチャネルパーソナライズ機能と同期します。

Audience Manager チュートリアル

Adobe Analytics 向けのビデオとチュートリアルのコレクションです。

このページ