重点レビュー(各 Web サイトリリース後)

数か月ごとに実装をレビューする必要があるのはなぜですか。 データ品質に関する問題がまだ小さいうちに解決できます。 各 Web サイトのリリース後も、この重点レビューを一貫しておこなうと、年 2 回の完全なレビューがはるかに簡単になります。 また、小さな問題が大きなデータの問題に発展し、関係者の信頼を損なう可能性があるのを防ぐこともできます。

1. 上位 5 件の KPI から開始します。

上位 5 件の主要業績評価指標(KPI)を把握することで、調査が必要な関連指標と関連ディメンションを判断するのに役立ちます。 過去 6 か月間に KPI を更新していない場合や、まだ KPI を作成していない場合は、これらの手順に従ってください。

2. KPI 指標と変数が引き続き正常に機能していることを確認します。

経時的にコードを更新すると、意図しない影響が生じる可能性があります。 上位 5 件の KPIに関連付けられているすべての指標とディメンションが、引き続き正しく機能していることを確認する必要があります。これらは、Web サイトのリリース直後におこなうのが理想です。過去数か月間実行していない場合は、今すぐ​実施してください次に手順を示します。

  • ダッシュボードを作成して、これらの重要な指標と変数の時間別トレンドビューを確認します(または、各指標に対してインテリジェントアラートを設定します)。 その後、1 ~ 2日監視し、期待するデータが取得され、データが正しいことを確認します。 変曲点を探します。 重要な問題を直ちに修正できるよう備えてください。 不一致が見つかった場合は、データレイヤー、タグマネージャーのルール、処理ルールを調べて理由を見つけます。
  • Analytics ヘルスダッシュボードを再実行して、KPI 指標および変数の幅広いトレンドを監視します。

指標と変数が正しく機能していることを確認する方法の詳細については、Adobe Analytics チャンピオンの Sarah Owen によるこれらのヒントをお読みください。

3. サイトの更新されたセクションのデータをよく調べます。

最新のリリースサイトが、サイトのそのセクションのデータ収集に悪影響を与えていないことを確認します。そのセクションに対応するコードと変数をすべて確認し、新しいトラッキングが設計どおりに動作することを確認します。

4. ドキュメントを更新します。

指標または変数を最近追加または変更した場合は、ビジネス要件ドキュメント(BRD)およびソリューションデザインリファレンス(SDR)を更新する必要があります。

実装に関するドキュメントがない場合は、変数のリストを書き出し、このテンプレートを使用して BRD または SDR を作成します。

5. データ品質に関するギャップを即座に解決します。

状況を評価し、データの修復計画を立てます。 その後、必要な変更をおこない、ドキュメントを更新し、変更を関係者に通知します。

Adobe Analytics チャンピオンである Sarah Owen による、実装レビューを多忙なスケジュールに無理なく合わせられるタイミングに関する 2 分間のビデオをご覧ください。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now