Analytics のセグメント化

Adobe Analytics では、Analytics 機能、Adobe Experience Cloud、Adobe Target および統合された他の Adobe 製品を使用して、強力かつ重要な閲覧者セグメントを構築、管理、共有し、レポートに適用できます。

Analytics のセグメント機能には、セグメントを作成して事前テストを実行するセグメントビルダーや、組織全体でセグメントを収集し、タグ付けし、承認し、セキュリティ設定し、共有するセグメントマネージャーが含まれます。

データサイエンティストやマーケティングアナリストは、セグメントをニーズ固有の分析に合わせて利用、拡張および調整し、保存することができます。他のユーザーは、これらの保存されたセグメントを拡張および調整し、新しいセグメントとしてライブラリに保存できます。実際の運用では、これは体系化された閲覧者インサイトを統合セグメントワークフローとして設計および管理する一連のサイクルとなります。

はじめに

セグメントワークフローの設定またはセグメントの作成を開始するか、「セグメントについて」で概要を確認してください。

このページ