インテリジェントアラート

インテリジェントアラートシステムでは、異常値検出とアラートシステムが統合され、アラートをより詳細に制御できます。

ビデオの概要を次に示します。

概要

重要

インテリジェントアラートは、Adobe Analytics Prime および Adobe Analytics Ultimate のお客様のみご利用いただけます。

インテリジェントアラートを使用すると、次のことができます。

  • 異常値(90%、95%、99%、99.75%、99.9%のしきい値、変化率、超過/未満)に基づいてアラートを構築。
  • アラートがトリガーされる頻度のプレビュー。
  • 自動生成される Analysis Workspace プロジェクトへのリンクが記載された電子メールまたは SMS によるアラートの送信。
  • 1 つのアラートで複数の指標を示す「積み重ね」アラートの作成。

アラートシステムのコンポーネントは次のとおりです。アラートビルダー、アラートマネージャー、アラートプレビューを追加し、アラート作成へのコンテキスト内アクセスを改善しました。 古いアラートシステムユーザーインターフェイスは、使用できなくなりますが、アラートは移行されます。一部の従来のアラート機能 現在は使用できません.

アラートビルダーにアクセスするには、次の 4 つの方法があります。

  • Analysis Workspace で以下のショートカットを使用する。

    ctrl (or cmd) + shift + a

  • Workspaceコンポーネント新しいアラート​でアラートビルダーに直接アクセスする。

  • 1 つまたは複数のフリーフォームテーブル行項目を選択し、右クリックして、「選択からアラートを作成」を選択する。これにより、アラートビルダーが開き、テーブルから適用された適切な指標およびフィルターでビルダーを事前設定します。これで、必要に応じて、アラートを編集できます。

  • Reports & Analytics レポートから、その他アラートの追加​に移動する。これにより、新しいアラートビルダーが開き、レポートから適用された適切な指標およびフィルターでビルダーを事前設定します。これで、必要に応じて、アラートを編集できます。

FAQ:アラートが計算およびトリガーされる仕組み

% しきい値は標準偏差です。例えば、95% = 2 標準偏差と 99% = 3 標準偏差です。選択した時間の精度に応じて、異なるモデルが使用され、各データポイントが標準からどれくらい離れているか(標準偏差からの乖離)が計算されます。低いしきい値(90%など)を設定すると、高いしきい値(99%など)を設定した場合よりも多くの異常値が取得されます。99.75%と 99.99%のしきい値は、時間単位の精度用に、多数の異常値がトリガーされないようにするために導入されました。

質問 回答

質問:アラートの異常値検出はデータの異常値を判別するためにどれくらい過去に遡りますか。

トレーニング期間は選択した精度によって異なります詳しくは、異常値検出で使用される統計的手法を参照してください。要約を次に示します。

  • 月単位 = 15 ヶ月 + 前年の同じ時間範囲
  • 週単位 = 15 週 + 前年の同じ時間範囲
  • 日単位 = 35 日 + 前年の同じ時間範囲
  • 時間単位 = 336 時間

質問:行動が減少または急増したときにのみアラートを受け取りたい場合、異常値機能を使用できますか。または絶対値を使用する必要がありますか。

絶対値を使用した場合でも、減少および急増でアラートがトリガーされます。減少または急増のみにアラートを分離することはできません。

質問:1 日の特定の時間内(営業時間内、営業時間外など)にのみトリガーされるようにアラートを設定できますか。

現在はできません。

質問:「予期された値」のテーブル(点線またはそれらの値の意味の出力で構成される)を入手できますか。

Workspace ではできませんが、Report Builder では取得できます(Report Builder での異常値検出を参照)。

Report Builder では、低レベルの異常値検出方法が使用されることに留意してください。固定の 30 日間のトレーニング期間、固定の 95% 間隔を使用します。

このページ