主要指標の概要

最終更新日: 2024-01-17
  • 作成対象:
  • User

この主要指標の概要ビジュアライゼーションを使用すると、1 つの期間内で重要な指標のトレンドを確認できます。また、2 つの期間にわたる指標のパフォーマンスを比較することもできます。次のような複数のビジュアライゼーションが 1 つのビジュアライゼーションに統合されるメリットがあります。

  • プライマリ日付範囲と比較日付範囲での指標のトレンドを表示する​折れ線グラフ​ビジュアライゼーション

  • プライマリ日付範囲と比較日付範囲の間の指標の増減を示す​変化率の概要

  • 指標の現在の合計値(数値概要

ユースケース

このビジュアライゼーションは、次のような様々な一般的なユースケースに対応しています。

  • アナリストは前年の同じ期間と比較して今月の機会創出の様相を把握しようとしています。

  • マーケターは特定のリードタイプのリードジェネレーションが今月から先月にかけてどのように変化したかを調べています。

  • エグゼクティブは新規予約が今四半期から前四半期にどのように変化したかを理解したいと考えています。

主要指標の概要の設定

  1. 左側のパネルの​ビジュアライゼーション​メニューから​主要指標の概要​ビジュアライゼーションをパネルにドラッグします。

  2. 指標、プライマリ日付範囲、比較日付範囲およびフィルター(必要に応じて)を選択して、ビジュアライゼーションを設定します。

    指標、プライマリ日付範囲、比較日付範囲およびセグメントのオプションを示す主要指標の設定

    設定 定義
    指標 調査の対象となる指標を選択します。すべての指標がサポートされています。
    プライマリ日付範囲 フリーフォームテーブルの現在の日付範囲。
    比較日付範囲 プライマリ日付範囲の比較対象となる日付範囲。
    フィルター(オプション) この概要に特に関心のあるフィルター。
  3. 作成」をクリックします。

出力の表示

指標、変更概要、概要番号、折れ線グラフを示す主要指標出力。

注意:

  • 前の期間​の折れ線グラフ(常にグレーで表示)は、設定手順の​比較日付範囲​に対応しています。

  • 比較日付範囲が設定時に指定されていない場合やビジュアライゼーション設定で非表示になっている場合は、プライマリ日付範囲の折れ線グラフのみが表示されます。 変更の概要は非表示になります。

  • ここから、折れ線グラフの上にマウスポインターを置くと、個々の日の統計情報を表示できます。

訪問の統計

ビジュアライゼーション設定

主要指標の概要には柔軟な設定が複数用意されているので、重要な指標に関するレポートとコミュニケーションを改善できます。設定にアクセスするには、ビジュアライゼーションの右上隅にある歯車アイコンを使用します。

「概要」表示タイプ、「一般」および「表示」オプションを示す主要指標の概要設定

設定 説明
変化率を強調 ビジュアライゼーションの中央に目立つ太字で変更概要を表示します
数値を強調 ビジュアライゼーションの中央に目立つ太字で数値概要を表示します
凡例を表示 ビジュアライゼーションの下部に凡例を表示または非表示にします
注釈を表示 管理者に追加された注釈を表示または非表示にします
スパークラインを表示 グラフの下部に折れ線グラフを表示または非表示にします。 非表示にすると、凡例は、折れ線を視覚的に参照しなくなります
スパークラインに最小値と最大値を表示 プライマリ折れ線グラフと比較折れ線グラフの最小値と最大値を表示または非表示
比較を表示 比較データを表示または非表示にします。 非表示の場合、比較折れ線グラフと変更概要オブジェクトの両方が非表示になります。
合計数を表示 数値概要を表示または非表示
生の差異を表示 プライマリ日付範囲とセカンダリ日付範囲の指標の合計値の生の差異を表示または非表示
値を短縮 数値を短縮して、伝えるインサイト(20,000~20,000 など)を簡素化する

ビジュアライゼーションの編集

ビジュアライゼーションを作成した後でも、元の設定を編集できます。

  1. ビジュアライゼーションの右上隅(設定の歯車アイコンの横)にある鉛筆アイコンをクリックします。

    ビジュアライゼーション編集アイコン

    元の設定ビューに戻ります。

  2. 必要に応じて、指標、プライマリ日付範囲、比較日付範囲またはフィルターを変更します。

このページ