日付範囲を選択します。

既存のデータブロックの日付範囲を変更するには、データブロックの編集を選択するか、クイック編集パネルを使用します。

データブロックの日付範囲を変更するには、次のオプションを使用します。

カレンダー

カレンダーでは、次のオプションを使用して、固定日付または相対日付を作成できます。

  • 日付範囲フィールド
  • カレンダー
  • プリセットドロップダウンメニュー
  • 相対日付モード
  • 式をカスタマイズ

セルから取得

「セルから取得」オプションでは、ワークシートのセルに入力した日付を参照できます。

選択した日付範囲の今日を除外するオプションもあります。

カレンダーの使用

カレンダー​を使用する場合、日付範囲フィールドには、データブロックリクエストに応じた現在の日付範囲が表示されます。 日付は、日付範囲フィールドに直接入力するか、日付範囲選択オプションを使用して入力します。

日付範囲フィールド

日付を日付範囲フィールドに直接入力する方法

  1. カレンダーアイコンの横にある日付範囲フィールドをクリックします。

  2. 日付範囲の開始日と終了日を入力します。

カレンダー

カレンダーを使用して日付を選択するには

  1. カレンダーアイコンをクリックして、月別のカレンダーを表示します。

  2. 開始日をクリックします。

  3. 終了日をクリックします。

日付範囲を逆の順序で設定するには、終了日を最初にクリックしてから、開始日をクリックします。

プリセットドロップダウンメニュー

プリセットドロップダウンメニューには、標準のプリセット日付範囲と、保存したデータビューまたは共有したデータビューの日付範囲コンポーネントが含まれています。

相対日付

「相対日付」オプションでは、相対日付を使用して日付範囲を選択できます。

  1. 相対日付を使用​を選択します。

  2. 開始日または終了日、あるいはその両方の相対式を選択します。

    開始時 - 日、週、月、四半期、年の始めを選択できます。

    終了時 - 日、週、月、四半期、年の終わりを選択できます。

    固定日 - 開始日と終了日を固定し、他の日付を相対日付に設定できます。

  3. 相対期間として日、週、月、四半期、年を選択します。

  4. 相対日付から日数、週数、月数、四半期数または年数を加算または減算します。

  5. 「次へ」をクリックして、データ範囲を定義します。

    日付プレビューを使用して、結果の日付範囲が目的の範囲であることを確認します。

カスタム式

「カスタム式」オプションを使用すると、カスタム式を作成するか、数式を入力して日付範囲を変更できます。

  1. 相対日付を使用」を選択します。

  2. カスタム式の使用」を選択します。

    カスタム式の使用」オプションを選択すると、標準の相対日付範囲コントロールは無効になります。

  3. カスタム式を入力します。

    カスタム式のサンプルリストについては、日付式​を参照してください。

  4. 日付プレビューを使用して、結果の日付範囲が目的の範囲になっていることを確認します。

カスタム式の作成

  1. 日付参照​を入力します。

  2. 日付演算子​を追加して、日付を過去または未来に移動します。

tm-11m-1d など、複数の演算子を含むカスタムの日付式を入力できます。

日付参照

次のテーブルに、日付参照の例を示します。

日付参照 タイプ 説明
1/1/10 静的な日付 ISO 日付形式で入力
td 相対日付 本日の開始時
tw 相対日付 今週の開始日
tm 相対日付 今月の開始日
tq 相対日付 今四半期の開始日
ty 相対日付 今年の開始日

日付演算子

次のテーブルに、日付演算子の例を示します。

日付演算子 単位 説明
+6d 日付参照に 6 日間を追加
+1w 日付参照に 1 週間を追加
-2m 日付参照から 2 か月を減算
-4q 四半期 日付参照から 4 四半期を減算
-1y 日付参照から 1 年を減算

日付式

次のテーブルに、日付式の例を示します。

日付式 意味
td-1w 先週の最初の日
tm-1d 先月の最終日
td-52w 52 週間前の同じ曜日
tm-11m-1d 昨年同月の最終日
„2020-09-06“ 2020年9月9日(PT)

セルからの日付範囲

日付範囲は、ワークシートのセルで指定できます。「セルからの日付範囲」オプションを使用して、選択したセルからデータブロックの開始日と終了日を選択します。「セルから」オプションを選択すると、パネルに「開始」フィールドと「終了」フィールドが表示され、セルの場所を入力できます。

今日を除外

今日を除外」オプションを選択して、選択した日付範囲から今日を除外します。「今日を含める」を選択すると、今日の不完全なデータが取り込まれる可能性があります。

今日を除外」オプションを選択すると、カレンダー、相対日付、カスタム式など、すべての日付範囲モードから現在の日付が除外されます。

有効な日付範囲

次のリストは、有効な日付範囲の形式を示しています。

  • 開始日と終了日は、「YYYY-MM-DD」の形式で指定する必要があります。

  • 開始日は、終了日以前にする必要があります。どちらの日付も将来の日付に設定できます。

  • 相対な日付を使用する場合は、開始日を今日または過去の日付にする必要があります。「今日を除外」をオンにした場合は、過去にする必要があります。

  • 将来の静的な日付範囲セットを作成できます。例えば、来週予定されているマーケティングキャンペーンのローンチに、将来の日付を設定する必要が出ることがあります。このオプションを選択すると、事前にキャンペーンを監視するワークブックが作成されます。

日付範囲の変更

「コマンド」パネルで「データブロックの編集」を選択するか、「クイック編集」パネルで「日付範囲」リンクを選択することにより、既存のデータブロックの日付範囲を編集できます。

データブロックの編集 - 単一のデータブロックについて、日付範囲を含む複数のデータブロックパラメーターを編集できます。

クイック編集:日付範囲 - 1 つ以上のデータブロックの日付範囲を編集できます。

クイック編集パネルから日付範囲を編集するには

  1. ワークシートで、1 つ以上のデータブロック内のセルを選択します。

  2. クイック編集パネルで「日付範囲」リンクをクリックします。

  3. 任意の日付選択オプションを使用して日付範囲を選択します。

  4. 適用」をクリックします。

Report Builder は、選択範囲内のすべてのデータブロックに新しい日付範囲を適用します。

このページ