指標の重複排除コンポーネントの設定

指標の重複排除は指標を設定して、値を繰り返さずにカウントできます。

設定 説明
指標の重複排除 指標の重複排除を有効にするためのチェックボックス。 デフォルトでは無効です。
重複排除範囲 一意のチェックの実行間隔を指定します。
セッション:セッションの最初の指標の発生のみがカウントされます。
ユーザー:レポートウィンドウで最初の指標のみがカウントされます。
重複排除 ID 指標自体に重複排除を適用する代わりに、ディメンションに基づいて指標の重複排除を適用できます。 購入 ID などのディメンションで重複排除を適用する際に役立ちます。
保持する値
  • 最初のインスタンスを保持:これは、指標の初期インスタンスが有効な状況で使用します。最もよくある状況は、おそらく購入確認でしょう。誤ってページを再読み込みして、購入確認の別のインスタンスが表示された場合でも、初期のイベントが有効なイベントです。
  • 最後のインスタンスを保持:これは、最後のインスタンスを収集する方が理にかなっている状況で使用します。オンラインプロファイルを更新する状況がその例です。 セッションごとに、これらの更新のいずれか 1 つだけをカウントします。ただし、セッション中にプロファイルが複数回更新される可能性があります。最初のインスタンスを保持する場合は、イベントに関連付けられないアクティビティが存在する可能性があります。このような場合は、最後のインスタンスを保持する方が理にかなっています。
注意

ユーザー​範囲での重複排除は、UTC 時間で完全な月数で評価されます。部分的な月のレポートウィンドウでは、最初または最後のインスタンスが 1 か月以内に発生したものの、レポート日以外に発生した場合、そのインスタンスは完全には表示されない可能性があります。

このページ