Include Exclude valuesコンポーネントの設定

「次の値を含める」を使用すると、ディメンション項目の値に依存するルールを作成できます。 設定した条件を満たさない値は、基になるデータセットにまだデータが存在するにもかかわらず、存在しなかったかのようにAnalysis Workspaceで処理されます。

Include exclude

設定 説明/使用例
「値を含める / 除外」を設定 データビューにデータが含まれる条件を有効にするためのチェックボックス。
大文字と小文字を区別 文字列スキーマのデータ型に表示されます。 デフォルトはonです。 この設定は、結果の値ではなく、Include/Exclude Valuesロジックにのみ適用されます。 ルールで大文字と小文字を区別するかどうかを指定できます。
次に一致 アトリビューションとフィルターの前にレポート対象として考慮する値を指定できます(例:「エラー」というフレーズを含む値のみを使用する)。 すべての条件が満たされる場合​または​いずれかの条件が満たされる場合​を指定できます。
条件 特定のフィルタールールに適用する一致ロジックを指定できます。
  • 文字列:「フレーズを含む」、「任意の語句を含む」、「すべての語句を含む」、「いずれも語句を含まない」、「フレーズを含まない」「次と等しい」、「次と等しくない」、「次の語句で始まる」、「次の語句で終わる」
  • 重複 / 整数:等しい、等しくない、次より大きい、次より小さい、次よりも大きいか等しい、次よりも小さいか等しい
  • 日付:等しい、等しくない、より後、より前、次の範囲内で発生
一致オペランド 一致演算子の適用対象となる一致オペランドを指定できます。
  • 文字列:テキストフィールド
  • 倍精度整数 / 整数:上向き/下向き矢印付きの数値用テキストフィールド
  • 日付:日の精度の選択(カレンダー)
  • 日時:日付と時間の精度の選択
ルールを追加 追加の一致演算子およびオペランドを指定できます。

このページ