計算指標の概要

メモ

Customer Journey Analytics 内の Analysis Workspace に関するドキュメントを表示しています。この機能セットは、従来の Adobe Analytics の Analysis Workspace とは少し異なります。詳細情報…

計算指標および高度な計算(または派生)指標は、既存の指標から作成できるカスタム指標です。計算指標ツールを使用すると、指標を極めて柔軟に作成および管理できます。マーケティング担当者、製品マネージャーおよびアナリストは、 の実装を変更することなくデータを照会できます。

次のことが可能です。

  • 実装を変更することなく、レポートの実行時に得られる、フィルタリングされた指標を作成する。これらの指標はフィルターに基づいているので、時系列で表示できます。
  • (高度な計算指標のみ)指標でフィルタリングする。例えば、初回セッションの訪問者数を含む、「初回訪問者数」の指標を作成できます。
  • (高度な計算指標のみ)統計関数を組み込んで、データからより適切な情報を得る。例えば、レポート内の項目数をカウントしたり、各項目の標準偏差の数を追加したりできます。

計算指標と高度な計算指標

次に、計算指標と高度な計算指標の機能の比較を示します。

ビルダーのオプション 計算指標 高度な計算(派生)指標
形式のタイプ(小数、時間、割合、通貨)
アトリビューションの変更(デフォルト、線形、パーティシペーションなど)
指標のタイプ(標準、合計)
基本的な演算子(可算、減算、乗算、除算)
フィルターの適用 ×
基本的な関数(カウント、絶対値、平均など) ×
高度な関数(回帰、if/then、t スコアなど) ×

ツール

ツール 機能
計算指標ビルダー
  • 高度な配分モデルを使用した計算指標および高度な計算指標を作成する。
  • 指標の数式にフィルターをインラインで追加する。
  • 同じレポート内のフィルターを比較する。例えば、各地域における訪問者と海外での訪問者を比較します。
  • 統計関数を使用する。
  • 指標の詳細な説明を指定する(指標の用途や指標を使用する(または使用しない)場所を示します)。
  • 新しい指標に定義をコピーする。
  • インラインで指標をプレビューする。
  • 指標の両極性を設定する。これは、指定されたカスタムイベント(指標)が発生した場合に、それが良いか悪いかを示します。
  • 指標にタグ付けする。
計算指標マネージャ
  • 他のユーザーと指標を共有する。
  • 指標を承認して管理する。
  • ユーザーが検索しやすいように指標を管理(タグ付け)する。
  • 指標を削除する。
  • 指標の名前を変更する。
計算指標の API Adobe Analytics 2.0 API セットの一部。

CJAの計算指標テンプレート

計算指標名 計算指標の説明
1人あたりのセッション数 1人あたりの平均セッション数
セッション開始率 セッションの最初のイベントでディメンション項目が発生した時間の割合。
セッション終了率 セッションの最後のイベントでディメンション項目が発生した時間の割合。
ユーザー別滞在時間 特定のディメンション項目に対して人が費やした平均時間。
セッション別滞在時間 特定のディメンション項目に対する、セッションあたりの平均滞在時間。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now