の概要 Analytics for Advertising

最終更新日: 2023-08-09
  • 作成対象:
  • User
    Developer

Advertising DSPおよびAdvertising Search, Social, & Commerce

Analytics for Advertising は、Adobe AnalyticsとAdobe Advertisingを統合して、各製品の機能を拡張および強化します。

この統合により、広告主は、 Analytics インスタンスを使用して、ブランドは広告の支出がサイトのエンゲージメントと重要なビジネス目標にどのように結び付いているかを確認できます。

さらに、Adobe Advertisingは次のような広大なファーストパーティデータにアクセスできます。 Analytics を使用して収集 Analytics タグが既にサイトに存在します。 これにより、より堅牢なジャーニー管理、ファーストパーティリマーケティング、有料メディアサイトのレポートを実現します。 Adobe Advertisingは、 Analytics 支出と入札の最適化のデータ。

適切に使用されていれば Analytics for Advertising 従来の 2 つの役割の違いを示します。advertising journey management(広告を通じてサイトにユーザーを送信する行為)と、web 分析を通じてそのサイトのエンゲージメントを理解することです。

プライマリの利点:

  • 送信 Analytics セグメントを直接Adobe Advertisingに送信して、ファーストパーティサイトのリマーケティングをおこなう。
  • 用途 Analytics 有料メディア広告を最適化するためのコンバージョンシグナルとしてのカスタムイベントおよび標準イベント。
  • を活用する Analytics Analysis Workspaceを使用して、サイトのエントリポイントと訪問の行動をより深く把握できます。
  • Web アナリストと有料メディアチーム間の緊密なコラボレーションを可能にします。
  • 内での永続的なAdobe Advertisingビュースルー ID とクリックスルー ID の使用 Analytics サイトのエンゲージメントを理解する。
  • データやピクセルを広告サーバーやその他のDSPにエクスポートする場合に、カスタム指標、カスタムディメンション、サイトアクティビティでAnalysis Workspaceの従来の有料メディアレポートを強化できません。
  • を活用する Analytics Adobe Advertising内での追跡と最適化のために、既に Web サイト上にコードが存在している。

Analytics を使用した有料メディアレポート

Analytics for Advertising では、次の機能を使用して、広告がサイトの行動を促進する方法についてのレポートおよびインサイトを強化できます。

  • 内での永続的なAdobe Advertisingビュースルー ID とクリックスルー ID の使用 Analytics サイトのエンゲージメントを理解する。
  • Analysis Workspaceを活用して、サイトのエントリポイントと訪問の行動をより深く理解します。 有料メディアのディメンションおよびイベントデータにアクセスできます。これには、Adobe Advertisingキャンペーンエンティティ名(プレースメントや広告まで)と、それに関連する指標(クリック数、インプレッション数、コストなど)が含まれます。

次を使用するには: Analytics 有料メディアレポートツールとして、組織はAnalysis Workspaceへのアクセス権を持つExperience Cloudログインが必要です。 Adobe Advertisingチームが、Analysis WorkspaceでAdobe Advertisingデータを個々のレポートスイートにマッピングするのに役立ちます。 Adobe Advertisingデータは任意のレポートスイートに送信できますが、Adobe Advertisingにマッピングされたレポートスイートと、それまでにマッピングされていないレポートスイートについて認識しておく必要があります。レポートスイートに応じて、レポートされるデータが変わる場合があります。

内のAdobe AdvertisingID Analytics 他と同様に動作する eVars(カスタムの永続的な有効期限を含む) デフォルトでは、アトリビューションの実装中、アトリビューションルックバックウィンドウは 60 日にAdobe Advertisingされています。 この設定を変更するには、担当のAdobeアカウントチームにご相談ください。

Adobe Advertisingディメンションには、サフィックス「(AMO ID)」が付きます (「広告タイプ (AMO ID)」など )。 参照:Analysis WorkspaceのAdobe Advertising指標」をクリックします。

メモ

内でAdobe Advertisingデータ(またはデータセット)を表示する場合 Analyticsを使用する場合、指標とレポートは、 Analytics. データは、広告サーバーレポートなど、他のレポートシステム内に表示されるものとは異なる場合があります。 DSP レポート、または検索エンジンレポート。 のデータの違いを理解するには、以下を実行します。 Analytics、次のタイミングを知る必要があります eVar データの有効期限、訪問を定義する項目、ラストタッチ属性と見なされる項目、合計持続アトリビューションと見なされる項目、その他の要因について説明します。 詳しくは、 A と B の間で予想されるデータの相違 Analytics およびAdobe Advertising.

Analytics を使用したAdobe AdvertisingキャンペーンおよびPortfolioの強化

追加のピクセルを必要とせずに、 Analytics for Advertising は、2 つの主なシグナルをAdobe Advertisingに送信することで、より最適化が図れ、オーディエンスのセグメント化が容易になります。

  • 入札シグナルとして使用するコンバージョン指標:

    • 標準指標(例: ) Revenue および Cart Views.
    • サイトエンゲージメント指標(ページビュー数、訪問指標など)。
    • カスタム売上高指標。
    • 予約済みの売上高指標。
  • で作成されたセグメント Analytics Experience Cloudに公開

    以下を使用できます。 Analytics でのファーストパーティサイトリターゲティングのためのセグメント DSP 有料検索広告。

    (Search, Social, & Commerce (オンライン) Analytics ただし、Audience Managerは、Google web サイトのタグベースのオーディエンス(リマーケティングリスト)や顧客一致オーディエンス(顧客リスト)を Analytics セグメントを共有するExperience Cloud。

入札シグナルとしてのサイトコンバージョン指標

標準のイベントとカスタムイベントは、 Analytics 重み付けされた目標をAdobe Advertisingで作成 目標は、お客様の入札決定に役立ちます DSP パッケージ化し、ポートフォリオを検索します。

メモ

以下から計算指標をマッピングすることはできません: Analytics Adobe Advertisingに

Adobe Advertisingチームが、有料メディアのパフォーマンスに適したイベントを特定し、Adobe Advertising( Search > Admin > Conversions.

参照:Analytics の指標のAdobe Advertising」をクリックします。

サイトリターゲティングのための Analytics セグメント

Adobe Advertisingが取り込み可能 Analytics Advertising DSPおよび Search, Social, & Commerce 広告で、 Analytics とExperience Cloud

次の手順で Analytics セグメントの場合は、広告主アカウントに Experience CloudID サービス 有効。 ID サービスが有効な場合、すべてのExperience Cloudセグメント ( Analytics Experience Cloudに公開されたセグメント、Adobe Audience Managerで作成されたセグメント、Experience Cloudで作成されたセグメント ( People core serviceや、Adobe Experience Platformで作成され、Audience Manager経由でAdobe Advertisingに送信されたセグメントなど ) は、処理が完了するとすぐにAdobe Advertising内で使用できるようになります。

Analytics セグメントは 24 時間以内に使用でき、毎日更新されます。

Audiences サービスについて詳しくは、「Experience Cloud」を参照してください。 Experience Cloudオーディエンス.

統合の使用例

Analysis WorkspaceでのAdobe Advertisingデータの使用

Analysis WorkspaceでAdobe Advertisingデータを使用して視覚的なレポートを作成する方法については、ビデオ「Workspace とレポートの概要."

レポートでの Connected TV ビュースルーコンバージョンの使用

Advertising DSPユーザーのみ

CTV デバイスでの広告露出をオンサイトコンバージョンにリンクすることで、接続された TV(CTV) キャンペーンの全ファネル効果を測定できます。 新しい Landing Type フィルター"View-through (CTV)」はコンバージョンを別々の行に分割し、 Click Through, View Through、および View Through (CTV) 値。

CTV ビュースルーコンバージョン指標を表示するには、Analysis Workspaceの配置ビューまたはマーケティングチャネルビューを使用します。

配置ビューを使用して、次の操作を行います。

  1. レポート表示に CTV 支出配置を含める。

  2. 「インプレッション数」、「クリック数」など、目的の指標を含めます。

  3. 次のフィルターを適用します。

    広告プラットフォーム: Advertising Cloud DSP

    ランディングページ: View-Through (CTV)

マーケティングチャネルビューを使用して、次の操作を行います。

  1. ディメンションを含める Marketing Channel.

  2. 「インプレッション数」、「クリック数」など、目的の指標を含めます。

  3. 次のフィルターを適用します。

    広告プラットフォーム: Advertising Cloud DSP

    ランディングページ: View-Through (CTV)

Adobe Advertisingダッシュボードの作成

Analysis Workspaceで目標に合わせてAdobe Advertisingデータを追跡する方法については、ビデオ「Adobe AnalyticsでのAdobe Advertisingダッシュボードの作成."

サイト入口分析にAdobe AdvertisingID を使用する

曜日、時間帯、ブラウザー、地理的な影響を監視するAdobe Advertisingサイトエントリレポートの作成方法については、ビデオを参照してください。Adobe Advertisingサイト入口レポートの作成."

このページ