プログラム的に保証された契約の設定

サポートされる供給側プラットフォームのみ

サポート対象のパブリッシャーとプログラム的に保証された (PG) 契約を交渉した後、DSP内で Deal ID inbox または、契約の詳細を手動で入力します。

メモ

PG 契約の場合、パブリッシャーはすべての予算のペーシング、予算の上限、ターゲティングを処理します。 DSPを介して PG を許可するすべての SSP で、パブリッシャーが予算制限を設定できることが確認されます。

の発行者とのプログラム的な保証契約の設定 FreeWheel には、追加の権限と手順が必要です。 参照:プログラムで保証された取引の設定の概要 FreeWheel」を参照してください。

を使用してプログラム的に保証された契約を設定する Deal ID Inbox

次の方法が、 FreeWheel, Google Authorized Buyers、および Magnite DV+.

  1. 契約を承認.

  2. 契約を保存したら、その契約に使用する広告を選択し、指示に従って、プログラム的に保証された (PG) デフォルトの配置を作成します。

    購入の 100%を配信するには、契約のデフォルトの PG 配置を作成する必要があります。 このタイプの配置にはターゲティングがないので、DSPはパブリッシャーからのすべての入札リクエストに入札を返すことができます。

    • 単一の契約を承認する場合、PG のデフォルトの配置作成ワークフローに自動的にリダイレクトされます。

      すべて FreeWheel 契約は、単一の契約として提案されます。

    • 複数の PG 契約 ID を持つ提案を受け入れる場合は、作成する必要のある各 PG のデフォルトの配置を特定します。 必要な配置をすべて作成すると、「続行」ボタンが有効になります。

  3. (オプション)クリックして、追加の PG または PG 以外の配置で PG 契約をターゲット化します オプションメニュー >Attach new placement.

    1 つの契約では、任意の種類のメディア(接続された TV、デスクトップ、オーディオなど)の組み合わせをサポートする複数の配置をターゲットに設定できます。

プログラム的に保証された契約の手動設定

他のすべての SSP に対してこのメソッドを使用します。

  1. 契約 ID の詳細の手動設定.

  2. 契約を保存したら、その契約に使用する広告を選択し、指示に従って PG のデフォルトの配置を作成します。

    購入の 100%を提供するには、契約の PG デフォルトの配置を作成する必要があります。 このタイプの配置にはターゲティングがないので、DSPはパブリッシャーからのすべての入札リクエストに入札を返すことができます。

  3. (オプション)クリックして、追加の PG または PG 以外の配置で PG 契約をターゲット化します オプションメニュー >Attach new placement.

    1 つの契約では、任意の種類のメディア(接続された TV、デスクトップ、オーディオなど)の組み合わせをサポートする複数の配置をターゲットに設定できます。

このページ