Adobe Targetでのレスポンストークンと at.js カスタムイベントの使用

レスポンストークンおよび at.js カスタムイベントを使用すると、 Target をサードパーティ製システムに追加する必要があります。 内の任意のオブジェクト Target カスタムプロファイル属性、地理情報、アクティビティの詳細、組み込みプロファイルなどの訪問者プロファイルを Target の応答を参照してください。この応答では、カスタム JavaScript を使用してサードパーティと統合できます。

レスポンストークンと at.js カスタムイベントの使用方法

  1. 必要なデータの決定元 Target
  2. 設定/レスポンストークン画面で切り替えを反転して、必要なデータのレスポンストークンをオンにします。
  3. 使用する必要があるイベントリスナーを決定します
  4. Adobe Targetイベントをリッスンし、レスポンストークンを読み取り、統合に必要な操作を行うために必要な JavaScript を記述します
  5. 「Load Target」アクションの後に、Launch のカスタムコードアクションを使用してイベントリスナー JavaScript をデプロイするか、セットアップ/実装画面で at.js の「ライブラリフッター」セクションに追加して、新しい at.js ファイルを保存します。
  6. 統合の QA と公開

その他のリソース

recommendation-more-help
0f172607-337e-442f-a279-477fd735571f